林檎は落ちる

気ままに日々の生活と好きな人たちのこと感じたことを語ります。ダンス大好きフィギュアスケート大好き。

最近思うこと

オリンピックも終わり、いろいろな報道も何となくひと段落した感があります。

ネイサン沼に堕ちた当時はこちらのブログで書きたいことも沢山あったのですが、あれこれ書き溜めているうちに時期を逸してしまって一度も記事が書けずに現在に至る!な状況です💦

自分はかなり昔からのライトなお茶の間フィギュア・ファンでした。

記憶も曖昧な子供のころに見た札幌オリンピックのジャネット・リン選手は永遠のあこがれ。カルガリー伊藤みどり選手の果敢にジャンプで攻め続けるプログラムと演技中のガッツポーズは今思い出しても感涙です。そして、今ではいいおじさま(失礼💦名コーチ)になったブライアン・オーサーVSブライアン・ボイタノのブライアン対決は強烈に心に残っています。

先日の全米選手権で見たスキンヘッドのボイタノさんにはちょっと驚きましたけど(笑)。

なんとなくフィギュアのTV放送があれば必ず見てきましたが特別贔屓とか推しの選手がいたわけでもなく、敢えて挙げればもう引退してしまいましたが高橋大輔選手の華麗なステップが好きでした。それでもそんな自分がある日、雷に打たれたっていうのか衝撃を受けたっていうのか…

その美しさに堕ちてしまったのが米国のネイサン・チェン選手💦

自分の好みとして上半身の使い方が美しくて踊れる人。そして演技で物語を語れる人に惹かれるのです。別垢で書いてる田口くんがまさにそんな人💛

それで、情報が欲しくて早速Twitterでネイサン垢作ってせっせと情報収集に努め、フィギュア関係のブログを読み漁って、本当に熱心なネイサンファンの皆さまと繋がることができました。本当に皆さま熱心で、競技としてのフィギュアスケートを心から愛していて苦手な英語もしっかり和訳して下さって色々な情報もリアルタイムで頂くことができました。感謝・感謝です。(^^)/

 

ですが、見ていくうちにちょっと見たくないことも見えてきてしまって…

最近はフィギュアについて書くことに躊躇している自分がいます。

 

田口くんの時もね、前のGを辞めて事務所も辞めて新たに独立してソロ活動を始めた際にありったけの誹謗中傷受けた過去がある。「裏切者」「犯罪者」「需要なし」ってさんざん言われました。彼のプラベやお付き合いしてるお相手のことまで中傷されて(泣)言っているのは元Gのファンだった人たち(一部の過激な人たちだったとは思いますが)…

一時は同じGで活躍したメンバーのことをここまで言われるのって理不尽や怒りを通り越して情けなくなりました。

なんか、そんな過去を思い出してしまったの…同じ日本人選手なのにちょっと信じられないような世界が展開されてたんですね。

 

色々見ていくうちに(全てが正しいとは思いませんが)一番すっきりと説明してくださってるブログに出会いました。参考までに貼っておきます。

http://rencadiary.blog14.fc2.com/blog-entry-444.html

 

もちろん選手の皆さんには全く関係なくて一部の過激なファン同士の場外乱闘なんでしょうけれど、SNSの発達した時代だもの選手の皆さんの目にも触れてるよね、悲しいことです。

熱烈なファンになればなるほど大切な推しを阻むもの、傷つける者に対して同じ熱量をもって負のパワーを浴びせるのでしょうか?

誰しも負の感情って持ってると思うけれど、それをネット上だからって好き放題に吐き出していいってもんじゃないですよね。上手にコントロールするのが大人だと思う。

今でも田口くんに関してのネガティブ記事やらコメントは見ないようにしてる。

好きな人のことを好き!とだけ叫びたい。

 

幸いなことにネイサンはUSAの選手ですから、そういうのからは一定の距離をとっていられます。但し誰かを下げるためにネイサンの名前を使われるのはちょっと嫌だなあ~と思う。Twitterの方もはじめは片っ端からフォローしてたんですが、最近はツイート内容をよく見るようにしています。ネイサンファンと思ってもよく見ると他の選手のアンチだったりね…(泣)

そして、オリンピックを見ていてちょっと感じた採点の難しさ。解り難さ…

自分が勉強不足ってことだけなので、少し勉強してみようと思います。

 

フィギュアがここまでファン同士でいろいろあるのは一つにはこの解り難い採点システムにも原因があるのかな~なんて思います。

 

http://figureskatersonline.com/nathanchen/

 

 

この美しい人をずっと応援していきたい!

 

世界選手権、そしてアイスショー(人生初参戦ですっ!!)

気持ちを切り替えて、書けるときに少しづつ自分の思いを書いていきたいと思います。