林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

ネイサン優勝 スケアメあれこれ

スケアメ無事終了しました。

結果は…

ネイサンには珍しく大きなミスが目立ちましたが

安定の優勝です。👏👏👏👏

 

シーズン初めはいつもこんな感じなのであまり気にしませんが

まだまだ改善の余地はたっぷりあると思われます。

 

ネイサンのことだから決して結果に満足せず慢心することなく自分のやるべきことをやっていくのでしょう。あの悔しそうな表情が全てを物語っていたように思います。

そういうところが好き💖

 

今回は世界中がコロナのパンデミックの中にあって無事に試合が開催されたことは大きな一歩だったと思います。

 

 素敵ネイサンの詰め合わせ😍

お衣装は爽やかなブルーのシャツ。こちらも腹チラ対策は万全でした。

 

今回のフリーは「フィリップグラス・メドレー」

昨シーズンの「ロケットマン・メドレー」とは全く違う雰囲気ですね。

静かな曲調ですがずっと聴いていると深い海の底を連想してしまいます。

まだまだ進化する余地はたっぷりありそうな予感。

是非完成形の演技を見てみたい。…試合の機会があれば~なのですが💦

 

 画像

 

画像

選手の皆さん、本当に頑張りました。お疲れさまでした。

いつの日かその暑苦しいマスクが取れて爽やかな笑顔を魅せてくれる日が来ますように。

 

thedigestweb.com

 

異例尽くしの大会だった。
現地時間10月23日から、今シーズンの初となるグランプリ・シリーズの第1戦アメリカ大会(スケート・アメリカ)がラスベガスで行なわれ、翌24日にすべてのスケジュールを消化した。

無観客による大会で、選手たちは演技以外は常にマスクを着用し、キス・アンド・クライや表彰式もソーシャル・ディスタンスを保つための施策が行なわれていた。
そんななか、男子シングルで同大会4連覇を果たしたのはネイサン・チェン。ショートプログラム(SP)で“自己ベスト”の111・17点を叩き出し、フリーでは187・98点、総合299・15点で優勝を決めた。
SPでは4回転ジャンプ2本を組み込んだ構成をノーミスで滑り切ったが、フリーでは予定していた4回転ジャンプのうち1本、4回転サルコーが2回転になり、最後に飛ぶ予定だったトリプルアクセルは1回転半になるなど、珍しいミスも見られた。

とはいえ、予定していた4回転のコンビネーションジャンプは、すべて成功させている。

演技後は悔しそうな表情を浮かべていたチェンだったが、試合後のプレスカンファレンスでは、「この大会を開催するために尽力していた方々に感謝したい」と述べた。

 「こういう状況でも自分のプログラムに集中して取り組むことができたと思う。今シーズンはこれからどうなっていくのか未知数なところがあるので、モチベーションをどう高めていくのか難しい。(中止または延期が発表されている)GPファイナルが開催されるなら、もちろんファイナルに出場したい。与えられた機会を無駄にせず、結果を出していきたい」

また、大会後に『Olympics』の公式インスタライブに登場したチェンは、「僕自身は、自分自身がきちんと他の選手たちと競える状態にすることを計画していた。この大会は難しい面もあったけれど、収穫もあった。ミスは確かに悔しいが、改善の余地はある」とプログラムのさらなる向上に自信も見せている。

 

 

 

ステキ動画も届いています😍😍

 

 

スケアメの観客席で気になってたキャラクターがこちら。

 

てっきり蛙だとばっかり思っていたらヤモリなんだそうです。

「ゲイコ」ではなく「ガイコ」😂

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CGuFqMlp6zV/

sachiko_n_satsukiのプロフィール写真
He is the focus of this competition😂💚

2020スケアメの主役😂💚
この顔、この話し方!クセになるわ〜😂

「ゲイコ」ではなく「ガイコ」と読みます。
アメリカで2番目に大きな自動車保険会社で、
 
正式社名"Government Employees Insurance Company”
「公務員保険会社」の頭文字をとって"GEICO"。

キャラはカエルではなくヤモリ。
ヤモリは英語で”Gecko”(ゲコウ)、似てますよね😁

CMいくつか見たけど、どれも面白いよ😂😂

#GEICO #SkateAmerica
 
 
くら寿司さんはじめ多くの企業に支えられて大会が開催されたこと、本当に感謝ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

f:id:marosakura:20201026035006p:plain