林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

ロシアから見たライバルは?

公式さんがリンクの様子をアップして下さってます。

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CMlwVxdpewm/

 

先日、紹介したロシア語のアカウントは

match TVというロシアのスポーツチャンネルのフィギュア垢でした

(最近知りました(^^;))…だって自動翻訳では「健康・美容」って出てくるんだもん💦

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by figurka_match (@figurka_match)

www.instagram.com

その中でロシア代表の主なライバルについて記事になっていました。

英語以上に解読困難なので自動翻訳のお世話になります。

<(_ _)><(_ _)> 一部抜粋で紹介します。

matchtv.ru

f:id:marosakura:20210320033930p:plain

平等な競技場なし

実際、私たちは独特の状況に取り組んでいます。オリンピックのレイアウトの観点から最も重要なのは、世界選手権がゼロから開催され、一部のアスリートにとってはシーズンの最初で唯一の始まりとなることです。

年間を通じて、検疫に関しては国によって状況が大きく異なりました。これは当然、トレーニングと競争のレジメンに影響を与えました。

たとえば、アメリカ人は孤立した「バブル」のトーナメントが何であるかを完全に感じる時間があり、同時にマスクで絶えず訓練することを余儀なくされました。マスクを外さずにトレッドミルで30分以上過ごしようとした人は誰でも、それがどれほど難しいかを理解しています。



ロシアのアスリートは、2020年6月以来、制限なしにパフォーマンスとトレーニングを行ってきました。

ヨーロッパのスケーターは秋と冬のほぼ全体を検疫に費やし、多くの人がトレーニングの場所を変更し、コーチから離れた場所で準備しなければなりませんでした。

カナダのフィギュアスケート選手は、自分たちが困難な立場にあることに気づきました。彼らには、ホームグランプリも、国内での商業的なスタートも、平凡な全国選手権さえもありませんでした。これにより、一部の手で表彰台を獲得できるアスリート、つまりカーステンムーアタワーズとマイケルマリナロ(スポーツカップル)、パイパーギレスとポールポワリエ(アイスダンス)のミスのリスクが高まります。シングルスケーティングでは、カナダには黒い筋があり、これまでのところ改善の見込みはありません。

弱点のないアメリ

しかし、私たちが恐れるべきなのはアメリカ人です。オリンピックの1年前、彼らはチームトーナメントでの金メダル争いで私たちのチームにとって最強のライバルです。これは、アメリカのチームのバランスを物語っています。米国にはネイサン・チェンがいます。これは、地球上で最も強力な2つのシングルの1つです。代表チームの2番目と3番目の数字であるVincentZhouとJasonBrownでさえ、表彰台を目指して戦うことができます。つまり、ミハイルコリヤダとエフゲニーセメネンコが3つのオリンピックを開催するためにバイパスする必要があるランドマークと見なすことができます。ロシアのチケット。

アメリカには、世界のトップ5のダンスデュオのうちの2つがあります。マディソンハベルとザカリードノヒュー、マディソンチョックとエヴァンベイツです。AlexShimekとDennyFraserの新しい有望なペアがあります。そして、大腿四頭筋がないにもかかわらず、女性のシングルスケートに失敗はありません。しかし、彼らは高い基盤を持ち、振り付けについての彼女自身の理解を持っているブレイディ・テネルを持っています-状況によっては、彼女はトップ3に入ることができます。

 

日本のシングルの強さ

日本は伝統的にシングルスケーティングで私たちを怖がらせています。なぜなら、彼らのスポーツとダンスのペアはまだトップ10であるとさえ主張していないからです。

新しいプログラムを持った羽生結弦は、再び輝かしい全国選手権を勝ち取りました。紀平梨花は、トリプルアクセルに加えて、フリーハンドで4倍のサルコウを実行するようになりました。ステファン・ランビエルとのトレーニングは、それを別の角度から開きました-プレゼンテーションはより有意義でフェミニンになりました。一般的に、日本のチームを見ると、彼らには検疫やスキップトレーニングがなかったと思うかもしれません-彼らの形と準備は素晴らしいです。ちなみに、これは日本の代表チームとロシアの代表チームを結びつけます。

 

 

 

ロシアの最大のライバルはアメリカと言っていますね。当然と言えば当然でしょう。

女子では紀平選手をかなり意識されているようです。

 

にしても

ロシアのアスリートは、2020年6月以来、制限なしにパフォーマンスとトレーニングを行ってきました。

これはやめていただきたい😰😰

 

DNさんが上げて下さっているようにまさに

「世界のために安全な旅をすることを願っています」ですね。

そしてルールを守って大会が運営されますように。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by DN (@dsntedge)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CMm5LOcpkHl/

 

アリスお姉さんもきっと大好きな人たちの安全を祈っているんですね。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by alice chen (@alicefchen)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CMnHIalp0xR/

 

そして22日(月)からいよいよ曲かけ練習が始まります。

 

 

 がんばって🤗🤗🤗

 

 

 

 

【おまけ】

 

 


【待望の帰宅】ドアを開けたら大騒然‼ ️ #宇野昌磨#フィギュアスケート#トイプードル生活#宇野樹#Uno1ワンチャンネル

 

隔離生活を終えたママさん帰宅💖お疲れさまでした。

会いたかったよ~~って全身で喜びを表すワンコ達

…でも素直になれないシャイなトロちゃんなんか泣ける。

 

初対面なのにあたかもずっと家族だったみたいに

(つられて)喜んでる黒い子😆

 

一番大きくなってサークルから出られないエマちゃん💦

ワンコの1キロ増加って人間にすると結構ですね。

更に親近感沸いちゃいます。

 

男所帯から一気ににぎやかになりましたね。

やっぱりママさんの存在は大きい。

 

 

【おまけのおまけ】

 

検索してたらこんなの見つけてしばし癒されてました。


Nathan Chen’s smallest but biggest fan!

 

未来のトップスケーター発見!💖💖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村