林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

国別対抗戦の余韻とネイサンの進化

TEAM・USAキャプテンのジェイソンがこんな楽しい写真を投稿してくれました。

https://twitter.com/jasonbskates/status/1384511475285336078

画像

f:id:marosakura:20210421033959p:plain

画像

画像

まさに国別対抗戦の総集編ですね。特別な年の特別な試合でした。

改めてこの大会を開催できて本当に良かったな~と思います。

 

こちらはエイモズくんのツイから💖

https://twitter.com/kevin_aym/status/1384102457593057286

 たくさんのお友達と写真撮ったのね。お髭が見えないと一瞬誰かわからなかった💦

さぁネイサンはどこにいるでしょうか⁇ ネイサンを探せ😆

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by K E V I N A Y M O Z (@kevin_aymoz)

www.instagram.com

 

 

少し前ですが世界選手権が終った後に安藤美姫さんのこんな記事が出ていました。

↓↓↓

今季の男子シングルを安藤美姫が分析 圧倒的なチェン、日本選手に必要な要素は - スポーツナビ

※一部抜粋

――ネイサン・チェン選手のすごみを感じた世界選手権でした。

 

 チェン選手の場合は、ここ数年スケート以外に学業にも取り組んでいます(イェール大学に入学、現在は休学中)。本当に自分の時間を大事にしながらスケートと向き合っていて、そのバランスがとれているのかなと見受けられました。

強豪国と言われている日本の3選手との今季初の試合が世界選手権というところで、もしかしたらショートは緊張していたのかなと。

冒頭のジャンプ(4回転ルッツ)での転倒は、いつもよりも少しスピード感に欠けていたため、流れに乗れなかったように見えました。

でもその後は、いい集中を持ちながら後半でリカバリーもしていて、王者としての貫禄や、切り替えのうまさ、強さをすごく感じました。

 

 2018年平昌五輪でも実力はあったのですが、若さや緊張があり、まだ演技構成点の点数が伸びにくいところもありました。

でもここ数年で、演技構成点での評価を上げるためにいろいろなジャンルに挑戦し、すごく自信をつけています。

ジャンプがなくても観る者を楽しませてくれるような魅力があふれるスケートで、シニアらしい男性の力強さも備わってきているので、さすがだなと思いました。

 

 

荒川静香の目…世界フィギュアの羽生結弦、鍵山優真を分析 : 北京2022冬季オリンピック : オリンピック・パラリンピック : 読売新聞オンライン

※一部抜粋 

 チェンのフリーを見て、加点の大切さを改めて感じた。現行ルールでは、技が難しければ難しいほど、出来栄え点(GOE)は大きくなる。チェンはルッツ、フリップなど難しい4回転も完璧に決め、加点を大幅に引き出した。以前は4回転の種類と数が最大の強みだったが、今やジャンプの質が上がり、加点も武器になっている。

 一方、羽生がフリーで跳んだジャンプは、いずれも本来の出来ではなかった。チェンの高得点を受けて、演技前から重圧を感じていたのか、強みを出せず、得点も伸びなかった。

 難しい要素を決めるのも大事だが、いかに質のいい技をそろえるかが勝敗を分ける。本来、技の上質さは羽生の武器でもある。コロナ禍で難しいシーズンだったが、この結果は、次へ進むための大きな糧となるだろう。

 

 荒川さんと言えば現スケ連副会長さんですね。

未だにネイサンのことをジャンプだけの選手と揶揄する方がいますが

副会長自らネイサンの変化と強さを認めておられます。

 

ネイサンの強さはジャンプの数だけではなく質の良さにあると公に認めて下さったと理解しました。

安藤美姫さんもネイサンの強さと魅力をしっかり伝えてくれています。

 

 

ルールや点数のことがいろいろ話題に上がってますが…

現行のルールに改正された時(2018年4月)確かこんなふうに言われてました。

↓↓↓

フィギュアの国際ルール改正へ。“美しい”羽生結弦が断然有利に!? - フィギュアスケート - Number Web - ナンバー

 

当時は確かにネイサンに不利と言われたルール改正だったと思います。

その上イエール大学進学でラファの元を離れて一人で文武両道に取り組むことが不安でならなかったことを思い出します。

誰もがネイサンの挑戦を無謀だと言ってたもん。

 

今思うとリモート・レッスンの先駆者でしたね。

まさかコロナで世界中がリモートになるなんて当時は考えられなかった。

ネイサンは2年近く一人で頑張ってきたわけです。

一人で大変なのは某氏だけじゃないですよ…小声😂

 

スケート以外の様々な世界や人々と触れ合うことで人間性も深まっているのは承知の通り!

 

そんな中で演技構成点の評価を上げるために様々なジャンルに挑戦し

着実に結果を出し続けたネイサンの勝利だったと思います。

 

 

ネイサンから投稿来ました💖

NIKEの練習着じゃない正装ネイサンもステキです🤗🤗

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Nathan Chen (@nathanwchen)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CN1F2dDsnDS/?igshid=6g7fsrrx0vjb

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CN1zfxLpVk_/

 

 

 

ゆまちのこの番組良かったです💖

https://twitter.com/nhk_sports/status/1384427617676402691

 

こちらの編集後記も是非お読みください。

↓↓↓

#11 「一度だけの季節に」フィギュア鍵山優真 - 編集長後記 Some might say - スポーツ×ヒューマン - NHK

 

ゆまちもお父さまの病気で一人で頑張った時期があったのよね。

みんな苦労しているのは同じ。それをあえて大げさに言わないだけ。

 

改めて振り付けの重要さを知りました。

今までやったことのない動きに四苦八苦するゆまち

もがきながらも自分の色を見つけて行く過程と最後の力強い表情への劇的な変化は感動でした。

 

毎シーズン新しいプログラムに挑戦することには大きな意味があると

この番組を見て感じました。

 

来シーズンのネイサンには大いに期待したいです。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村