林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

ロシアファンのシーズン振り返り&世界こどもの日&PIWの余韻

ロシアのネイサン・ファン💖

The Land of Allさんがまたまたネイサンについてこんな投稿をしてくれてます。

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CPlSkqOpNVx/

 ネイサン・チェンファンの皆さん、こんにちは。🤗

オリンピックシーズンはちょうど30日後に始まります。そこで、私たちは今シーズンを振り返り、30日間の#RecapJuneをアレンジすることにしました。

この1ヶ月間、毎日、今シーズンに起こった良いことも悪いこともすべて振り返る記事を作成します。

2020-2021年シーズンにネイサンが獲得したすべてのメダルは、この表の中にあります。しかし、今月はずっとその話をしているわけではありません。金メダルの数を数えるのではなく、ネイサンの前に立ちはだかったすべての障害と、それを克服するために彼がとった措置について話そう。ここでは、彼の小さな、しかし同時に非常に大きな自分自身への勝利と、たった1年で達成した質的進歩についてお話しましょう。そして、たとえそれが彼の成功に直接影響しなくても、ネイサンがこのシーズン中に私たちに話してくれたことも覚えておきましょう(誰にもわかりませんが)。

お楽しみに!まだまだ続きますよ。💜

ありがとうございます<(_ _)>

2頁目のお写真も素晴らしいですね。

 

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CPnFaA2pbvh/

セルゲイ・ロザノフはSport24のインタビューで、2021年の世界選手権でのネイサンのトレーニングの印象を語った 

 ワールドでは、ネイサン・チェンと同じ練習グループに所属していましたね。さて、どんな感じでしたか?

- Eteri Tutberibzeと仕事をした後、私を驚かせることは不可能だと思いました。

でも、ネイサン・チェンの仕事ぶりにはすっかり感心してしまいました。

1回の練習で、わずかな休憩を挟んでフリースケートのランスルーを2回もこなしたのはすごいことですよね。そして、彼は5つのクワッドを簡単にこなしてクリーンに滑った。

ネイサンとラファエルは素晴らしい仕事をしてくれました。彼らがどれだけの時間を捧げたかは理解できます。ラファエルがネイサンをスイスの時計に例えていましたが、私もこの例えには全く同感です。

ネイサンがショートのルッツで転倒したときは正直驚きました。練習中は誰にも邪魔されませんでした。しかし、最終的にはネイサンは止められず、フリースケートでトップに立って大会を制した。

 

何かと話題のロザノフ・コーチのインタ記事ですね。

元記事ですがかなり長い💦↓↓↓

sport24.ru

ネイサン部分の記事はこちらです。

mt.sport24.ru

 ちなみにロザノフ氏はゆまちさんについてもこんなふうに語っていました

機械翻訳でスミマセン<(_ _)>)5点というのは多分5回転の事と思われます。

5つのジャンプは本物?
- 本物だと思いますよ。ちょっとした自己防衛本能のスイッチを切っておけばいいのです。

先日の世界選手権では、日本の若手スケーター鍵山優真選手が、3段ジャンプを完成させるために、2回目の4段トウを間に合わせていました。

非常に速いツイストと良いジャンプの高さ。彼にとって5点というのはかなり現実的です。

5回転も可能とは…

鍵山優真の演技が世界に衝撃を与えたことは間違いないですね。

 

 

☆☆☆☆

 

 

6月1日は「世界こどもの日」なのだそうです。

日本では5月5日ですっかり定着してますから

何故に公式さんが選手の子供時代の写真を投稿してるのか不思議だったのですが

理解しました<(_ _)>😍

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by The Olympic Games (@olympics)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CPkulZSrwp0/

Happy #InternationalChildrensDay 👼。

幼少期の写真に写っている選手を当てられますか?

 

6頁にネイサンとマライアちゃんのお写真もある~!(^^)!

f:id:marosakura:20210603030952j:plain

さっそくストーリーに投稿して下さってます。

12歳と15歳当時の二人。

本当に長い道のりを一緒に歩んできたのね。🥰🥰

 

こちらはロシアのマッチTVさんのインスタから~

画像をタップするとどなたの子供時代の写真かわかります。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by figurka_match (@figurka_match)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CPkR8jjp7o9/

今日は「国際子どもの日」です。
赤ちゃんのスケーターの写真を集めてみました。ぱらぱらとめくってみて、全部わかりましたか?😲

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by figurka_match (@figurka_match)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CPkchDGJZOS/

今日は国際子どもの日🐰です。
スケーター(とコーチ)のかわいい子供の写真の第2弾をキャッチ😋。

f:id:marosakura:20210603031932j:plain

2頁にプルさまとミーシン先生のお写真が~🤗若い💦

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by figurka_match (@figurka_match)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CPlmR32FHqb/

今日は「国際子どもの日」です。

皆さん、子供たちのスケーターの写真2セットをとても温かく受け取ってくださったので、もう1セット用意しました - 今日で最後です😋。
今回は、驚きがなかったわけではありません。可愛さの海🥰です

f:id:marosakura:20210603032312j:plain

 昌磨さんとジェイソン💖ジェイソン全然変わってない💦

 

f:id:marosakura:20210603032502j:plain

このお写真はファンは何度も見てきましたね~💖

そう、真ん中に居るのがBabyネイサン

 

このお方が誰かわかりますか?

f:id:marosakura:20210603032742j:plain

なんと左端に映っているのがあのステペン先生です😂 コドモ💦

 

なぜか過去の可愛いお写真連投の中にこんな投稿を混ぜてきたマッチTVさん最高!(笑)

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by figurka_match (@figurka_match)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CPkhArupPdg/

ホグワーツの外では魔法を使うことは禁じられています🤯 でも、あなたの誕生日には使えます😉。

ヨーロッパチャンピオンで誕生日のディマ・アリエフが、3度の世界チャンピオンであるネイサン・チェンを驚かせたところをご覧ください😆

そして、セルゲイ・ボロノフが脇役でオスカーを受賞しました🤣👍。

2018年になってしまいましたが、皆さん)仮面と距離のない海外のオフシーズンの番組が恋しいです😔。

@dmitry_aliev

 

なんと6月1日はアリエフくんのお誕生日でもあったんですね。

22歳おめでとうございます🙌㊗

そして懐かしい投稿ありがとうございました。

そして、本当にこんな世界が恋しいです。

 

 

☆☆☆☆

 

 

未だにPIWの余韻に浸ってます。

 

TVで放送されなかった名場面集💖昌磨くんのボレロが最高にカッコイイ。


www.youtube.com

 TV放送の中で町田樹助教が語っていた言葉が印象的でした。

 

 

”スポーツ界やエンターテイメント界、アート界は苦しい状況に変わりはないのですが、こうして安全に公演を実施していくことが、その文化を未来へと継承させていく最も堅実な方法だと思います。

 

それで、つい先日文化庁長官である戸倉俊一さんが次のような声明を発表しました。

 

「これまでの新型コロナウイルス感染症との過酷な闘いの中で明らかになったことは

このような未曾有の困難と不安のなか私たちに安らぎと勇気、明日への希望を与えてくれたのが文化であり芸術であったということです。

文化芸術活動は断じて不要でもなければ不急でもありません。

このような状況であるからこそ社会全体の健康や幸福を維持し、私たちが生きて行くうえで必要不可欠のものであると確信しています」

 

本当にその通りだと思うんですよね。

そしてもう一つ、この1年間コロナ禍を経て徐々に解かってきたことは

イベント主催者、舞台スタッフ、演者、観客全員ができる限りの感染防止対策を打てば

安全にイベントを開催できるということです。

実は最近さいたまスーパーアリーナに研究者として調査に行かせていただいたんですけれども、このコロナ禍でも感染防止対策を徹底して数千人規模のイベントを開催してきたようですがクラスターを一度たりとも出していないそうです。

これは多くの劇場も同じだそうです。

この世に絶対はありません。感染防止対策をしていれば絶対感染しないということは言えません。

でも、対策を打って一人一人が真摯に取り組めば限りなくリスクを低くして行ける。

そして、アイスショーも含め舞台芸術の営みを続けていくことができます。

 

まだコロナ禍は予断を許しませんがその中で安全に公演を開催できたことは必ずや次に、未来へと大きく繋がっていくはずです。”

 

 

素晴らしいショーをありがとうございました。

必ず次に繋がると信じて…

もうしばらく我慢の日々ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村