林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

自然体なネイサン&ミハル・インタ記事

ネイサンのオフィシャルWEBサイトのトップページに

エアウィーブさまも追加されました。

㊗㊗👏👏👏しかもど真ん中🤗🤗

https://nathanchen.figureskatersonline.com/

f:id:marosakura:20210716024503p:plain

多くの優良企業や日系企業の支援を受けるネイサン。
ファンとしては本当に誇らしいです。

 

そんなネイサンですが…

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CRUme4EFv9o/

ネイサンと彼の友人のおかげで、スタンドアップ・フォー・キッズ・オレンジカウンティのホームレスを経験した若者たちは、この週末にアイススケートリンクに立つことができました。⠀
このイベントでは、フィギュアスケートの世界チャンピオンに3度輝いた選手から学ぶ機会がありました。

このような瞬間は、若者たちに、コミュニティからの愛、やろうと思えば何でもできるという希望、そして人生を最大限に楽しむ楽しさを与えてくれます。

 

https://twitter.com/The_Rinks/status/1415460246919663616

画像

画像

画像

画像

トルガシェフくんもいる~~💖💖

ネイサンとっても楽しそうだ。

f:id:marosakura:20210716030904p:plain

f:id:marosakura:20210716031810j:plain

ネイサンって本当に自然体で素敵な人だな~って改めて思います。

だからステキな仲間やスポンサーが自然に集まって来るんでしょうね。

 

五輪シーズンだからと言って特別な気負いも感じないし

本心はどうかなのかは分かりませんけど💦

 

前記事でも書きましたが

ネイサンの演技からはスケートが大好きというオーラが伝わってきます。

 

 

 

☆☆☆☆

 

 

 

DNさんがミハルのインタ記事を紹介して下さっています。

感謝して紹介します<(_ _)>

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by DN (@dsntedge)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CRUDNCGJ__F/

どのように、どのような練習をするのがベストなのかは、チームメイトであってもそれぞれ違います。それでも彼らは毎日、お互いを尊重しながら、そしてお互いを後押ししながら練習している。

そして、それは以前からネイサンとラファエルの間でも同じだった。ラファエルは、たくさんの練習をさせるだけでなく、わざとやらないという一種の芸当をしている。それはまるで魔法使いのようです。

だから、私はチームラフが大好きです。チーム・ラフのスケーターたちが素晴らしい1年を過ごせますように。

 

www.ifsmagazine.com

ちょっと興味があったので

自分の備忘録的に一部機械翻訳してみました。

長いですがお時間のある方は読んでみてください

<(_ _)>

 

嵐を乗り切る

ブレジナは、カリフォルニア州アーバインにあるGreatPark Ice and FivePointのアリーナを拠点とし、ネイサン・チェンやマライア・ベルとともにトレーニングを行っていることを幸運だと考えてきましたが、この1年でさらに感謝の気持ちが強くなりました。

世界中の多くのリンクが2020年を通して長期間閉鎖される中、彼のリンクは3月のパンデミック発生時に閉鎖されましたが、6月に再開されると、それ以降は中断することはありませんでした。

「ラファエルは自分のアイスタイムを持っていたので、通常のセッションを行うときは、ネイサン、マライア、私、スティーブン・ゴゴレフの4人だけで氷上にいました。

私たちは建物内の他の誰とも完全に隔離されていました。私たちのリンクはブロックされていて、私たちのセッションが終わるまで、他のセッションから誰も入ってくることはできませんでした。リンクがそうしてくれたのは幸運でした」。

 

10月下旬、カリフォルニア州を襲った山火事が、ブジェジナにも降りかかろうとしていた。妻のダニエル、娘のナヤと暮らす開発地区に到達する前に消防隊が火を食い止めたものの、空気が危険な状態になり、一家は避難を余儀なくされた。

「楽しかったですね」とブレジナは皮肉を込めて語っている。

「風の影響で火がコントロールできなくなっていたので、火が開発地区に入るとどこに行くのか誰にもわからず、特にここアーバインは木や公園が多いので、最初は少し怖かったですね。特にアーバインには木や公園が多いのですが、風が強かったので、火が通りから通りへと飛び移り、全体が炎に包まれてしまうこともありました。

ハイウェイ周辺の緑をすべて燃やしてしまいましたが、幸いにも開発地区には飛び火しませんでした。

「しかし、空気があまりにも悪かったので、私たちは避難しなければなりませんでした。サンディエゴに住むジャクソン・スケートの代表、ケビン・ウーの家に泊まりに行きました。私たちには子供と2匹の猫と1匹の犬がいるのですが、彼は私たちを2、3日そこに滞在するように誘ってくれました。オールクリアになってから戻りました。"

 

刺激的な環境

ブジェジナは5年間、アルチュニアンの監視の下でトレーニングを行ってきました。2016年に初めて来たときは何が起こるかわからなかったが、結果的には最高の場所となり、ブジェジナはこの経験が常に極めて生産的であることを実感している。

「リンクに来るたびに、ラファエルは新しいアイデアを持っています。しかし、オフシーズンにリンクに入ると、毎日のように、新しい入り口や新しいやり方など、試してみたいことがあるようです」とブレジナは言う。

「それがトレーニングの醍醐味でもあります。同じことを繰り返していると、しばらくすると退屈になってしまいます。

「また、ラファエルとはとても気が合います。彼はとても良いコーチで、私が再び氷上で自信を持てるようにする手助けをしてくれました。

それが私をここに留まらせている主な理由です。また、彼が若い子供たちを指導するのを手伝っているので、基本的には彼のアシスタントと言えるでしょう」。

 

ブジェジナさんは、ペアスケーターのアレクサ・クニエリムさんのジャンプ技術を週2回指導しています。これは、クニエリムさんと彼女の夫で元パートナーのクリス・クニエリムさんが、ジェニ・メノさんとトッド・サンドさんのトレーニングを受けるためにカリフォルニアに移住したときに始まったものです。

「彼らは、私たちが毎朝行っているスケーティングのクラスに参加して、スケーティングの技術やスキルを学んでいました」とブジェジナは説明します。

「アレクサは最初、ラファエルの指導を受けていましたが、彼女は見たほうが理解できるので、実際に氷上で見せてもらいたかったのだと思います。

「そこでラファエルは、アレクサに私と一緒に仕事をすることを提案しました。私が彼女にエクササイズを見せたり、一緒に氷の上でやったりするのです。私は基本的に彼女に新しいエクササイズを見せ、質問があれば私のところに来て教えていますが、彼女は私たちが彼女に求めているものを正確に理解しています。私たちは基本的に、彼女にもっと多くのツールを与えているのです」。

 

2021年のストックホルム世界選手権では、スタンドにファンがいなかったことを多くのスケーターが嘆いていましたが、ブレジナ選手にとっては、生の観客がいない中で競技をすることは、新しいコンセプトではありませんでした。

 

世界ジュニア選手権を3回含む、ジュニアサーキットで戦った6シーズンについては、「若いときにやるスケートの大会とほとんど同じでした」と語りました。「15歳くらいまでの大会では、基本的にボードの後ろにコーチがいて、ジャッジがいるだけ。親もいない。スタンドには最大でも2、3人しかいないような状況でした」。

「2007年に初めてジュニアワールドに参加したときが、一番大きな大会だったね。翌年のブルガリアのソフィアでの大会は、基本的にはスケートを楽しむ観客が多く、イベントを見るためにリンクに足を運んだ人は少なかったね"

 

別の世界

2020年のヨーロッパ大会以来、約14カ月ぶりの大会となる世界選手権に向けて、ブレジナは可能な限りの準備をしていた。

しかし、彼が世界選手権を楽しみにしていたのは、競技だけではなかった。

パンデミックの影響で、チェコに住む家族と1年以上会っていなかったブレジナは、ストックホルムで妹のエリシュカ・ブレジノヴァと父親(彼女のコーチ)に会うことを楽しみにしていました。

「両親とは毎日のように電話で話していますが、娘にはまだ会っていません。娘は1歳ですが、ビデオでしか見たことがありません」とブジェジナは言います。

「でも、ハイハイから歩くまでのすべてを見ていないので、胸が張り裂けるような思いがします。彼女の成長を見ていても、実際に抱っこしたり一緒に遊んだりするのとは違います。

「この夏、チェコに行けるかどうかもわかりません。というのも、今のチェコの状況は少しおかしいからです。旅行は禁止されていて、国境も閉鎖されています。私は市民なので行くことはできますが、市民であっても渡航の制限は厳しいです」。

2022年冬季オリンピックへの各国の出場権を決定する選手権だけに、ストックホルムでは多くのことがかかっていました。この大会では、チェコ共和国からの唯一の参加者であるブレジナ選手が、男子種目の出場権を獲得するための重責を担っていました。

24人中12番目に滑ったフリーでは、冒頭の4回転サルコーで激しく転倒。直後のトリプルアクセルはきれいに決まったものの、プログラムが進むにつれ、ダブルジャンプが増え、最後のループで転倒してしまいました。ブジェジナ選手は、明らかに痛みを感じて足を引きずりながら氷上を去っていきました。


「プログラムの評価は非常に高く、もっとうまく滑っていれば2点目はもっと高かったかもしれません。ジャンプを3回しか跳ばなかったことを考えれば、2つ目のマークはまだかなり高かったと思います」と語った。

「ウォームアップでもサルコウはうまくいっていたのに、何が起こったのかわからない。

「着地した瞬間、足に激痛が走り、自分でもよく立ち上がれたなと思いました。でもその後は、プログラム全体を通して痛みを我慢しながら滑っていたので、特に左足を使ったジャンプを決めるのが大変でした。代償としてもう片方の足からジャンプしようとしていたので、プログラムの最後には力が出ませんでした。"

総合成績は19位でしたが、チェコ共和国のオリンピック出場権を獲得するという目標を達成しました。

 

ブジェジナ選手は、ストックホルムでは非常に排他的なクラブの一員でした。

30歳以上の男性がペアやアイスダンスで活躍する姿はよく見かけるが、シングルではほとんど見られない。共に33歳のアレクセイ・ビチェンコとヴァルター・ヴィルタネン、そして大会終了2日後の3月30日に31歳になったブジェジナが、最年長の3人でした。

 

彼は、20代半ばから後半を過ぎてもスケートをする男性が少ない理由をいくつか挙げていますが、その一つは、このスポーツの技術的な難しさです。

「若い子たちがやっていることは、とてもクレイジーなんだ。精神的にも肉体的にも大変なのです。だからこそ、多くのスケーターが、やりたいことを達成しても、体が限界を感じてやめてしまうのです。

「わからない。私はただスケートが好きなだけで、みんなが言うように、年齢はただの数字に過ぎません」とブレジナは付け加えた。

「年齢は実際にどう感じるかではなく、氷の上で何ができるかを定義する必要はありません。年齢を重ねるごとに、計画を立て、正しい方法で物事を行うことが重要になってきます。

ネイサンと同じ方法でトレーニングすることはできません。もし彼のようなトレーニングをしていたら、間違いなくこの年齢ではもうスケートをしていないでしょう。

「ラファエルはいつも私にそう言ってくれます。私が何かをするときは、正しい方法で行い、適度に行うようにしてくれます。彼は細部にまで厳しく、すべてのことを正しく行うようにしてくれますが、特に多くのジャンプやプログラムを実行するときには、やりすぎないように注意してくれます。

「ネイサンは、1回のセッションで長いプログラムのランスルーを2回行います。僕にはできません。

ラファエルは、1つのプログラムをやって、自分がやらなければならないことを確実にやってから、そのプログラムの一部を走って、自分に必要なトレーニングをして、それがうまくできているかどうかを確認するように言っています。

私はいつも彼の言うことを聞き、そして自分の体が言うことに従います。もし、少し疲れたと感じてトレーニングを変更したいときは、怪我をしないように、そして翌日もトレーニングができるように、必要なことをやりすぎないようにしなければなりません。

 

「30歳以上のペアやアイスダンサーはそれほど多くありませんし、高齢のスケーターが出場するのはたいていこれらの種目です。すべては自分の体をどうケアするかにかかっています。

先日、ネイサンとその話をしていました。エヴァン・ライサチェクが来て、一緒に滑ることもあります。
ネイサンとの会話の中で、彼は「ああ、マイク、君は年寄りだね」と言った。

僕は『ああ、それはわかっているよ』と言ったんだ。僕が初めてオリンピックに出たとき、ネイサンはまだ10歳にもなっていなかったんだ。すべてのことに視点を置いているんだ」。

「また、その会話の中で、私はかつてスケートで対戦した人たちを挙げていました。

ステファン・ランビエル、エフゲニ・プルシェンコブライアン・ジュベールなど、ネイサンが「聞いたことがない」「スケーターだとは知らなかった」と言っていた人たちもその中に含まれていた。

僕がどれくらいこの仕事をしているのかを知ることができたんだ」。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Michal Brezina (@mick_brezina)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CE7B35bJiaw/

今年の夏は故郷チェコに住むご家族と再会できるでしょうか?

娘さんの成長も見てもらいたいですね。

 

北京で思い通りの演技ができたら引退を考えていると…

 

「一日一日を大切にして、自分の体の調子を見ていきたいと思います。

また、ラファエルと話して彼の意見を聞き、そこから考えていきます。

いい形で終われるのは、いつだっていいことだからね」。

 

ネイサンはじめチーム・ラファのスケーターの皆さんにとって

この1年が素晴らしいシーズンになりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村