林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

氷上での共鳴

なかなかスケアメの演技を見返すことができないでいます。

(^^;)

 

そんなこと言ってるうちにスケカナが始まってしまいそうですが…💦

 

それでもエキシの演技を見て癒されました。

ネイサン楽しそうに笑ってる😍マライアちゃんありがとぉぉぉ~~💖


www.youtube.com

お約束の腹チラ(腹ガバ?)見事な腹筋も素晴らしい。

本来のネイサンだよね。

 

修正して新たな気持ちで臨んでくれることを期待しています。

 

イェールNEWSがネイサンを取り上げて下さってます。

https://twitter.com/Yale/status/1452702445281419264

自分用機械翻訳です<(_ _)>

 

バランスを保つ。

イェール大学のネイサン・チェンとオリンピック金メダルの追求

ネイサン・チェン(24歳)は、地球上で最大の半球状の建物であるストックホルムのグローベンや、完全に地下に作られている大阪の市立体育館など、世界中のアリーナでスケートをしてきました。

⁇💦24歳は間違いですよ~~(^^;)

しかし、3年前に初めてエール大学のインガルス・リンクの氷の上に立ったとき、特別なことが起こりました。

「イェールのクジラ」というニックネームの由来となった外骨格の細長い形状と機能(氷の質)が見事に融合したアリーナだったと陳さんは振り返る。

そして、センターアイスに埋め込まれた青い「Y」の文字を見たときの感動。"私はただ圧倒されました。"

チェンは、2018年2月に開催された韓国・平昌大会の男子フィギュアスケートで待望のオリンピックデビューを果たした数カ月後にイェール大学に到着しました。この大会で、メダル獲得の有力候補と目されていたチェン選手は、ショートプログラムで一連のミスを犯し、17位となり、表彰台に上る望みはほとんどないという挫折を味わいました。

驚くべきことに、彼はそれに応えて、過去10年間の男子スケートの特徴となっている、空中で4回の回転を必要とする肉体的に厳しいジャンプである4回転を6回成功させ、記録を塗り替えたロングプログラムを披露しました。

彼は男子シングル競技で5位に上がりました。(団体戦でも銅メダルを獲得した)。)

そんな彼がイェール大学に入学するというニュースは、多くのスケートファンを戸惑わせた。ロングプログラムの演技を見て、チェンがオリンピックチャンピオンになる素質があることは間違いありませんでした。

どうやってエリート選手のようなトレーニングをしながら、アイビーリーグの教育を受けることができるのか?しかし、チェン選手の決意は固かった。

「正直なところ、何の問題もありませんでした」と彼は言います。「イェール大学は、私にとってまったく別の事業でした。本当に行く機会があるとは考えたこともなかったので、この機会を逃したくありませんでした」。

f:id:marosakura:20211027010549p:plain

イェール大学のジョナサン・エドワーズ・カレッジに在籍していた最初の2年間で、陳選手は否定的な意見が間違っていることを証明しました。

フルタイムのコースロードを抱えながらも、一度も負けることなく、世界タイトル、グランプリファイナル2回、全米タイトル2回、グランプリ個人戦4回を制覇したのです。

昨年、2022年の北京冬季オリンピックに向けたトレーニングに専念するためにイェール大学を休学してからも、彼の連勝は続いています。

3月にはストックホルムで開催された世界選手権でも優勝し、3年連続の世界タイトルを獲得しました。アメリカのスケーターとしては、1983年のスコット・ハミルトン以来の快挙です。ハミルトンは、その1年後に4つ目のタイトルを獲得しました。

2022年秋にキャンパスに戻る予定のチェンは、統計学とデータサイエンスを専攻しているイェール大学と深く関わっています。

現在はカリフォルニアにいて、ニューヘイブンに戻ってから受講する予定の授業の教科書を読んでいます。しかし、彼はキャンパスに刺激的な活気がないことを寂しく思っています。

「自分の部屋で教科書を読むのとは違いますからね」と彼は言います。

「でも、また戻ってきて学び続けたいと思っています」。

オリンピックへの意気込み

ソルトレイクシティで育ったチェンは、3歳のときにスケートを始めました。5人兄弟の末っ子だったチェンは、ピアノ(今も弾いている)、ホッケー、体操、バレエなど、兄や姉たちが夢中になっていたアクティビティを経験した。しかし、フィギュアスケートにはまった。この街では2002年に冬季大会が開催されており、トレーニングのための施設が簡単に利用でき、価格も手ごろだったからだ。

彼の技術が向上するにつれ、彼は地元以外の場所にもインスピレーションを求めるようになりました。 アジア系アメリカ人の先駆者であるミシェル・クワンとクリスティ・ヤマグチは、彼に氷上で成功できる人のイメージを広げてくれました。

両親が中国から移住してきたチェンは、「クラスメートや選手仲間のほとんどが白人だったソルトレークシティーで育ったため、自分の姿を簡単には見ることができませんでした」と言います。

「私はアスリートたちの中に自分を見て、彼らがどれだけ能力があり、どれだけ才能があるかを見ています。彼らにできることは、私にもできることだと思っています。あなたのような顔を見ることができるのは、アスリートとして大きな助けになります」。

16歳の時には全米選手権に出場し、ショートプログラムで2回、フリーで4回の4回転ジャンプを成功させたアメリカ人初の選手となりました。しかし、大会後に行われたエキシビションスケートで腰を痛め、手術を受けることになりました。しかし、大会後に行われたエキシビションで腰を痛め、手術を受けることになりました。

「まだスケートを続けようと思っていましたし、引退できる状態ではありませんでした」と彼は振り返る。

「でも、学校への移行はいつかはしなければならないと思っていましたし、早ければ早いほど、スケートから離れるときに楽だと思っていました」。

コロラド州の米国オリンピック・パラリンピックレーニングセンターでリハビリを行った後、チェンは以前よりもパワフルになって氷上に戻ってきましたが、同時に大学進学に向けての決意も固めていました。

イェール大学に「模範生」がやってくる

2018年秋、興奮と不安でいっぱいのイェール大学に到着した彼は、典型的な新入生でしたが、すぐにトレーニングと勉強のバランスを見極めるためにサポートしてくれるコミュニティを見つけました。

陸上競技部長のビッキー・チュンは、「必要なことがあれば何でもお手伝いしますよ」と言っていたのを覚えています。また、長年イェール大学の陸上競技部を率いてきたウェイン・ディーン氏(副陸上競技部長を退任してからわずか数ヶ月後の2020年に死去)からも、必要なサポートを受けていました。「この2人がいなければ、正直、どこに行くにも困難を極めたでしょう」とチェンは言います。

スケートは、計画の立て方を教えるのに非常に適しています

ネイサン・チェン

ヴィッキー・チュンは、チェンを「オリンピックの最高レベルで活躍する、イエール大学の模範的な学生」と表現しました。

「私は、彼がオリンピック選手やメダリストであると同時に、イェール大学の学生であることが大好きです。「彼は自分自身になれるのです。.... 彼はイェール大学に来ることを選び、私たちはそれが彼にとって最高の経験になることを望んでいます。それが私がすべての学生に望むことです」。

イェール大学には、他にも多くのオリンピック選手がいます。

フィギュアスケートサラ・ヒューズ選手(16歳でオリンピック金メダルを獲得した後に入学)、1964年と1968年の大会で7つの金メダルを獲得した水泳のドン・ショランダー選手(68歳)、1972年のマラソンで優勝し、レクリエーションとしての長距離走の普及に貢献したランナーのフランク・ショーター選手(69歳)、ボートのベンジャミン・スポック博士(25歳)などがいます。

また、1924年に男子8人制で金メダルを獲得したベンジャミン・スポック博士(25歳)は、後に子どもの発達とケアにおける革命的な人物として知られるようになりました。  今年の夏季オリンピックでは、18名のブルドッグが7つの競技で様々な役割を担い、東京での試合に参加しました。

これまでに達成してきたように、陳さんのスポーツ界での功績は、集中力と規律、そして謙虚さとバランスのとれた粘り強い競争力を必要とします。これらの資質は、学生時代にも役立っています。

「スケートは計画の立て方を教えるのに非常に適しています」と彼は言います。

「学校に似ています。スケートは、計画の立て方を学ぶのに非常に適しています」と彼は言います。「それは学校にも似ています。テストの日、中間試験の日、プロジェクトの締め切りもわかっていますし、教材の難易度に応じてどれだけ努力しなければならないかもわかっています」。

イェール大学での最初の2年間、チェンさんのスケジュールでは、毎日3時間のアイスタイムが確保されていました。午前中の授業が終わると、Whaleで1時間半、コネチカット州クロムウェルにあるChampions Skating Centerに移動して90分ほど滑り、夜はニューヘブンに戻ってディスカッションや宿題をするというスケジュールでした。

「イェール大学のシニア・アドバイザーであるペネロープ・ローランズは、チェンが大学1年生のときからアカデミック・アドバイザーを務めています。

「大学での厳しい中間試験のスケジュールを抜け出して、国内外の大会に飛び、何千人もの観客の前で演奏し、優勝するなんてことが可能なのでしょうか?そして、戻ってきてまた統計学の試験を受ける?普通の人なら、その緊張で倒れてしまいそうですが、信じられないことに、彼はそれに耐えられるようです。"

彼はほとんど一人でトレーニングをしていましたが、コーチのRafael ArutyunyanとFace Timeで相談してサポートを受けていました。

Nathan with his coach, Rafael Arutyunyan

(アルチュニアンはリモートコーチングを積極的に取り入れた。「アルチュニアンは、遠隔地からのコーチングを積極的に受け入れた。「9年間、私はネイサンが独立して仕事ができるように準備してきました。「私は彼を訓練するのではなく、彼に訓練することを教えていたのです」)。)

彼のコースの中には、音楽の名誉教授であるクレイグ・ライトが教えている、優れた才能を研究する「天才の本質を探る」というコースがあったのだ。チェンは、自分の経験と講座のテーマが重なっていることに興味を持った。そして、ベストセラーとなった『天才の隠れた習慣』を生み出したライト氏の、このテーマに対する明確な情熱に感銘を受けました。

ライトは、オリンピック選手が教室にいるという機会を利用して、自分の研究に加えました。著書の中で、天才的な運動能力に関して、自然と育成のバランスについて陳氏の言葉を引用しています(陳氏は、80対20で自然を支持するという結論を出しています)。

また、チェン選手の教室での経験は、氷上での共鳴をもたらしました。

2021年の世界選手権のフリースケートのプログラムには、作曲家のフィリップ・グラスの曲が使われていましたが、これはチェンが1年生のときに「Listening to Music」の授業で初めて聞いたものでした。

(グラスは、チェンが「今シーズンの男子フィギュアスケートを支配した」とインスタグラムでエールを送ってくれました。) 学術的に音楽を体験したことで、リンク上ではより直感的に音楽を理解することができ、彼のパフォーマンスに筋肉のような優雅さが加わったのです。

2022年の北京に向けて

最近のチェン選手の世界は、2022年に北京で開催される冬季オリンピックの準備が中心となっています。「基本的には、家にいて、リンクに行って、家にいて、リンクに行って、という生活です」と苦笑しながら語ります。

チェンのスケートシーズンは、この週末にラスベガスで開催されたグランプリシリーズの一環である「スケートアメリカ」で始まり、3位に入賞しました。2022年の全米フィギュアスケート選手権(2017年から毎年優勝している大会)は、1月にナッシュビルで開催され、その後、オリンピックチームの選考が発表されます。

2022年秋にはニューヘイブンに戻り、バンコクのセプテンバーでのディナー、経営学部のガラス張りのアトリウムでの勉強会、談話室での友人との出会いなど、学生生活を楽しみにしています。

また、スケートで成果を上げているにもかかわらず、チェンはすべてを前向きに捉えています。

「もちろん、オリンピックで優勝したいと思っています。「もちろん、オリンピックで優勝したいとは思っていますが、それが叶わなかったとしても、自分の価値が下がるわけではありません」。

若きスケーターだったチェンは、初めて審査を受けた大会を前にして、突然、緊張に襲われた。なぜ審査員がいるのかわからず、採点されるのも嫌だったのです。

しかし、彼の両親がアドバイスをしてくれた。心配しなくていい。心配するな、審査員は自分の仕事をするだけだ。彼らは自分の仕事をし、あなたは自分の仕事をしなさい。

それ以来、彼はそれを続けている。

 

大学で学術的に学んだ音楽が演技にしっかり活かされているんですね。

FPのモーツァルトには更にそんな予感を感じています。


www.youtube.com

2022年の秋には大学に戻るという部分では一抹の寂しさを感じてしまいますが…(泣)

 

たぶん完成形はとんでもないプログラムになるんじゃないかと期待している。

 

sport24.ru

タラソワはアメリカGPで最も感動した。「一晩中、眠れなかった。感動的なプログラム」。

ソ連のメリットコーチであるタチアナ・タラソワ氏は、グランプリ・アメリカ大会で3度の世界チャンピオンに輝いたネイサン・チャンのフリーの演技に感銘を受けたと語っています。

アメリカ人は186.48点を獲得し、2位となりました。2つのプログラムの合計で3位(269.37点)を獲得しました。

"チェンのフリースケートのプログラムには感銘を受けました。一晩中、眠れませんでした。彼は、モーツァルトの音楽を理解し、他の人とは違うことに感動しました。彼は唯一の存在であり、それはとても難しいことなのです。ええ、彼はルッツとサルコウをやっていませんが、彼はやりますよ。

RIA NovostiはTarasovaの言葉を引用して、「このプログラムは心を揺さぶるものだ」と述べている。

 

タラソワさんの見る目は確かですね👏👏👏

ネイサンのこと悪く言いたい人たちには到底理解できない世界感なのだと思います。

 

 

 

TLで拾った素敵ネイサン💖羨ましい~~(≧◇≦)

画像

f:id:marosakura:20211027014314p:plain

https://twitter.com/icy_blue0505/status/1452495569276981250

 

画像

https://twitter.com/icy_blue0505/status/1452877081776324608/photo/1

 

画像

画像

f:id:marosakura:20211027015355p:plain

f:id:marosakura:20211027015408p:plain

https://twitter.com/icy_blue0505/status/1452973885285040133

 

とりあえずあまり心配はしていません。

ネイサンならきっと修正してくると信じています。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村