林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

ズエワ氏インタ和訳…ネイサン部分に思うこと

またまた公式からカワ(・∀・)イイ!!動画が~💖

https://twitter.com/USFigureSkating/status/1461037795099570188

 

さっそくNCJPさまが和訳して下さっています。<(_ _)>

ネイサンのイケボに癒されます💖

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CWcJUmkD0fs/

貴方たちも充分有名アスリートですけど😂😂

 

 

 

 

ポーランドワルシャワで行われていチャレンジャーシリーズ

ワルシャワ杯のかなだい組、好調なスタートを切っています。

<ワルシャワ杯最終日>フリーに向けて練習する村元哉中・高橋大輔組(撮影・小海途 良幹)

かなだいのコーチでもあるズエワ氏のインタ記事です。

チラッとネイサンのことも触れられてます。

https://russian.rt.com/sport/article/929115-zueva-takahasi-muramoto-bayaderka

自分用機械翻訳で失礼します。

 

「バレエは簡単に氷上のパロディになる:ズエワ、ラ・バヤデール、高橋のダンスデビュー、北京オリンピックについて

日本のシングルダンサーとして有名な高橋大輔さんは、39歳になってもアイスダンスでオリンピックに出場することができます。

彼のコーチであり振付師でもあるマリーナ・ズエワ氏は、RTのインタビューでこのように語っています。

彼女によると、元世界チャンピオンとパートナーの村元哉中は、カップルになって間もないにもかかわらず、すでに非常に難しいルーティンをこなすことができるそうです。

バレエの専門家である彼は、日本人がすぐに注目するような独自のプログラムをどのように作成したか、ダンスにおいて明確なリーダーがいないことを強調し、大会での成功の秘訣を明らかにしました。

 

- 東京でのペアの大きなデビューを祝っていいのか、それともフィギュアスケートの世界に戻ってきたことを祝っていいのかわかりません。一言で言えば、あなたには驚かされました。

- 今、本気でやっているペアは、村元と高橋だけです。もちろん、私、2004年から一緒に仕事をしているバレリーナのエレナ・ソコロワ、2006年から私の歴代チャンピオン全員と仕事をしているジョニー・ジョーンズ、そして4年前にグループに加わったイリヤ・トカチェンコなど、全員がデュオに参加しましたが、非常に自然な流れで参加することができました。

 

- これらの専門家は、村元哉中が日本代表としてクリス・リードと一緒にプレーしたときに、一緒に仕事をしていましたね。

- 哉中とクリスは平昌オリンピックに出場して15位に入賞して終了したので、キャリアを続けることは考えられませんでした。カナに希望を聞いてみると、コーチングは考えているが、氷上を離れることは決めていないとのことでした。

私は彼女にカリフォルニアのバレエ学校に行くことを勧めました。当時、私はタニット・ベルビンとベンジャミン・アゴストを研修生として迎えていました。カナはそれを聞いて、自分に合ったコースを選び、しばらくバレエ学校で勉強して、日本に帰ってショーに出演した。

一方、大輔さんは、まだソロで滑っていた頃、キャリアが終わったらダンスに挑戦してみたいとよく言っていました。彼のキャリアのピークは、テッサ・ヴェルトゥ-スコット・モア、メリル・デイヴィス-チャーリー・ホワイトが1位2位を獲得したバンクーバー大会と同時期に訪れ、その勝利は非常に大きな成功を伴ったものだったからなおさらだ。その時、誰もが高橋の言葉を冗談だと思った。

そして、本番ですれ違ったカナは、"やってみたい?"と単刀直入に聞いてきました。- "I do..."

 

- 村元さんは、あなたに計画を知らせていますか?

- 彼女は、新しいパートナーとスケートを始めたいと言っていましたが、名前は言いませんでした。それが高橋だとわかったのは、彼らがフロリダに到着する直前だった。2019年の最後の最後に、大輔はこれまでの仕事の関係で、シングルでの最後の日本選手権への出場を予定していましたが、そこでカナと一緒にスケートを始めることを発表しました。

その時はとても興奮しました。私はすでに、ダンスに移行するシングルの人たちと仕事をした経験があり、それが可能だと思っていました。その時の私の最初の感想は、「カナにとっては最高の選択だった」というものでした。

ひとつには、相手が日本人であること。だから、国を代表してオリンピックに出ることに問題はないだろう。

第二に、日本のシングルプレーヤーの中で、大輔は常に最も感情的で、最も表現力に富んでいます。確かに、昨年2月に高橋選手が氷上に現れたときは、興奮するのが早すぎたと思いました。難しいジャンプには軽さと鋭さが何よりも必要なので、それは理解できます。

 

- どのくらいの速さで適切な体力を手に入れたのでしょうか?

- まず最初に行ったのは、当時フロリダでフィットネスクラブを開業していたフィジカルトレーナーのライアン・ウェッセに大輔を送ることでした。

ライアン自身も元プロのアイスホッケー選手で、オフェンシブなプレーをしていました。だから、彼はとても速いプレーヤーだった。フィギュアスケーターが氷上で必要とするのは、スピード、鋭さ、そして怪我の可能性を最小限に抑えることであり、フィットネスに関する見解は非常に近かったですね。

高橋は日本で筋力トレーニングを受けたことがなく、最初は躊躇していました。しかし、その後、ジムで結果が出始めると、好きになっていった。彼は2倍のトレーニングをするようになった。

同時にポジションやグライディングの練習もしていましたが、私は最初からフリールーティンを自分たちの名刺代わりにしようと考えていました。大輔とカナがすぐに注目されるように、誰とも違うことがわかるように。

 

- そして、「ラ・バヤデール」を選んだのですね。

- そう、村元・高橋両氏を完璧な演技者として見ていたからだ。楽曲を見つけたら、いつも頭の中で演奏者を選びます。時にはそれが何年も続くこともあります。

以前、2015年に本田真凜さんのスプリングプログラムを行ったことをお話したのを覚えていますか?日本は私が今まで見てきた中で最も美しい春なので、このプログラムを日本の女性のために演奏したいと強く思いました。音楽を見つけてプログラムを考えてから、歌手が決まるまで、3年かかりました。

La Bayadéreca」でもそうでした。私には音楽があり、アイデアがありましたが、長い間、演奏者がいませんでした。高橋さんと村元さんの中で見つけました。

 

- バレエの動きを多用し、それに伴って全く異なる筋肉を使う作品を氷上に置くことは、アスリートには不可能なのではないかと心配されたのではないですか?

- もちろん、きれいな音楽を、ただきれいに滑る方が簡単です。バレエ作品を氷上で演じるのは、もっと難しい。バレエのように、演出をフレーズに分解できなければ、バレエのパロディ以外の何物でもありません。

なぜなら、すべてのステップ、要素をつなぐすべての靭帯、そして全体的な動きが、1つまたは複数の音楽的アクセントに正確に当てはまらなければならないからです。この点において、私たちのプログラムにはランダムな動きは一つもありません。しかし、それが印象に残るのです。

一般的に言えることは、誰もがゆっくりと滑ることができるということです。しかし、それを速く、鋭くできる人はほとんどいません。それは非常に特殊な才能であり、それを伸ばすのはとても難しいことです。あるのかないのか。

例えば、ネイサン・チェンは、その才能があるからこそジャンプできるのです。彼は足がとても速い。

 

- 私はなぜか、オクサナ・グリシュクとエフゲニー・プラトフが初めて氷上に登場したときのことを覚えている。パートナーは、あなたが言ったその性質によって、自分自身に注目していました。

- 全くその通りです。彼女はフットワークが最も速いダンサーで、それが目を引いたのです。しかし、それは繰り返しになりますが、稀な品質です。そのため、私が考えたステップをすべて実行できる演奏者を、長い間待たなければなりませんでした。

 

- 村元・高橋両氏の適性をどのくらいの期間で認識したのでしょうか?

- すぐに スタートグループから私のところに来たわけではありません。大輔は世界チャンピオンであり、日本人初のシングルプレーヤーとしてオリンピックの表彰台に立った人物であり、歴史だけでなく、技術的にも非常に優れた人物である。

私の仕事は、そのベースをアイスダンスに適応させることだけでした。同じ技術的なベースは、Kanaにもありました。一時期、彼女はルッツを含むすべての3回転ジャンプでシングルにとても強かった。しかし、その後、怪我をしてしまい、ジャンプのことは忘れられてしまいました。

 

- 私は、高橋がダンスの各ステップをきれいにこなしていることに気づきました。

- 彼はただ、その重要性を強く認識しているのです。だからこそ、彼は自分で新しいことを熱心に学んでいく。アイスダンスを長年やっている人よりも、技術的な作業には細心の注意を払っていると言ってもいいでしょう。

 

- 英語でのコミュニケーションは可能ですか?

- そうですね、カナさんへの発言は大輔さんが日本語に訳してくれていることが多いですが。やはり、私と仕事をするようになってから、彼女は私の説明のスタイルにだいぶ慣れてきたようです。

 

- 高橋は、あなたのもとでトレーニングを始めたときに、自分の意欲のレベルを何らかの形で示したのでしょうか、それともあなたがそのレベルを決めるのでしょうか。

- 私は絶対にしません。それよりも、作品を作って、お客さまや審査員の方々に、氷上の世界に入り込んでいただけるような演技をすることのほうが大切だと思っています。視聴者の心をつかみ、共感してもらえる番組にするために。

東京大会では、村元・高橋組の新体操の基本的な難易度は、ヴィクトリア・シニツィーナ、ニキータ・カツァラポフ組よりも0.01だけ低く、フリーダンスでは、私のダンサーはニキータとヴィカに0.25差をつけていました。そして、ロシアの二人は世界チャンピオンです。

 

- 東京でのスタートは、ダンサーたちにとって今シーズン2回目のスタートでしたね。

- 今シーズンはオリンピックシーズンということもあり、例年よりも早いスタートとなりました。9月初旬には、アリーナで開催された地方大会に出場し、2つのプログラムを転がして、かなりの高得点を獲得しました。日本の審査員や技術者に演奏のビデオをすべて送り、コメントをもらうようにしました。そして1ヶ月以上もの間、プログラムの修正とローリングに追われた。

ワルシャワでの村元選手、高橋選手の活躍の後は、実際にオリンピックの選考が行われる日本選手権に向けて、意図的に準備を始めます。

 

- 北京に行くためには、これらの大会で優勝しなければならないのですね。

- 絶対に。だからこそ、私たちにとって最も重要なスタートなのです。

 

- 大輔さんは今年35歳になりました。彼はおそらく、あと4年もスケートを続けたいとは思っていないだろう。

- 私が彼だったらそうするだろう。

 

- 体力的に大丈夫なのか?

- いいじゃないですか。

今やっていることは、巨大な、事実上無限の可能性を秘めた仕事の始まりに過ぎません、私の経験からも信じてください。糖質制限をしているわけでもありません。

それどころか、私はこのカップルに対して大きな責任を感じています。なぜなら、私の手には才能があるのですから、それは監督にとって常に非常に大きなコミットメントです。

テッサやスコットの時もそうでしたが、村元や高橋の方が技術的なベースは高いです。

 

- 北京オリンピックといえば、ダンス大会のイメージがあると思いますが、そのイメージはありますか?

- あまり考えたことはありません。そして、こんなにたくさんのカップルをライブで見たことはありません。誰がどんな状態で、どのように大会に臨むのか、映像を見ただけではわかりません。ダンスは一種のパフォーマンスであり、とても重要なものです。

ペアのスピードやエネルギー、感情など、テレビでは見られないすべての要素を考慮しています。これらのニュアンスがチャンピオンを決定します。

大会前にはまだ3ヶ月以上ありますが、この間にかなり体力がつきますし、逆にコンディションを崩すこともあります。

それに、ダンスには明確なリーダーがいないので、みんなが仲良くしています。だからこそ、大会でのルーティンの質が決め手になると言っているのです。そこでは素晴らしいものでなければなりません。もう、どんな背景も考慮されないように思えます。

私が間違っているのかもしれませんが、私の意見はいつも、「誰もが息を呑むような方法でやってみろ」というものです。そして、あなたが最初の人になります。

 

 

ズエワ氏の振り付けと言えば真っ先に「海賊」が浮かびます。


www.youtube.com

多くの沼民が堕ちたこの美しいプログラム…私はマイケルプロでしたけど😂

誰もがラストシーズンにバレエプロの再演を願ってました。

ズエワ氏に振り付けてもらうことはもう無いと思うと寂しい限りですが

 

楽曲を見つけたら、いつも頭の中で演奏者を選びます。

時にはそれが何年も続くこともあります。

 

ネイサンに演じてもらいたいバレエ音楽

ズエワ氏の中には候補曲がいくつもあったのだろうか?

 

今となっては叶わない夢ですけど。

 

 

 

ネイサンのエキシナンバー「ザ・ナイツ」


www.youtube.com

楽曲はスウェーデンアヴィーチーという方ですが

28歳の若さで他界されていたんですね。

 

和訳された歌詞の内容を読むとネイサンが最後のシーズンにこの曲を選んだ理由が何となくわかる気がします。


www.youtube.com

 

いつの日か(スケート)人生は終わる。

だから記憶に残る人生を送りなさい。

 

 

多くのスケーターの記憶に残る人生の1頁を

今まさに見せて貰えているんだと思うと

感慨深いものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村