林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

ネイサンとバレエ その2

遂にネイサンもTikTok始めたのね~~💦

なんて驚いてしまったこの動画。

vt.tiktok.com

ずいぶん前から推しバンド公式もTikTok始めてて

フォロワー数も多いし見てると面白いんですけど

なぜだか始める気にならなくて放置してました😰

 

面白いけどこれやったら1日中スマホ手放せなくなりそう。

 

自分が始めなくても皆さんがリポストして下さるので大丈夫かな~…

なんて今回も他力本願でスミマセン😅

 

NCJPさま始めネイファンの皆様ありがとうございます。

<(_ _)>

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CXaPW22DRMu/

ネイサン・チェン選手が経験した一生に一度の瞬間について話します。

".五輪の開会式でチームUSAの選手と一緒に行進する。

僕たちは皆、同じ夢を持ち努力し、目標に向かって同じ強い思いを持ち、五輪出場を目指し、それを果たし、そして一つのチームとして五輪で共に頑張る。

物凄く力強い事、あんな経験をしたのは初めてだった。"

 

やはり選手にとって五輪は特別な瞬間なんですね。

北京でもそんな瞬間が体験できることを祈りたいです。

 

 

☆☆☆☆

 

 

「ネイサンとバレエ」の記事を先日書きましたが

ネイサンとバレエについて興味深い過去記事を見つけたので

長いですが自分用に機械翻訳してみました。

www.globetrottingbyphiliphersh.com


ネイサン・チェンがヌレイエフに?それは本当に驚きではありません
2017年3月24日

 バレエ界の伝説的存在であるルドルフ・ヌレエフが踊る「ル・コルセール」の静止画をインターネットで検索してください。

そして、このバレエの音楽に合わせてネイサン・チェンがショートプログラムを滑っている最初の30秒間のスクリーンショットを見比べてみてください。

 いくつかのケースでは、特にチェンがジャンプを始める前の時間帯で、スケーターとダンサーの類似性が際立っています。

 チェンの腕の動き(バレエではポルト・ド・ブラと呼ばれる)や足の位置が、まるでヌレエフの演技を模倣しているかのような瞬間がある。

それもそのはず、チェンと彼の振付師であるマリーナ・ズエワは、YouTubeでヌレエフの「ル・コルセール」の映像を何時間も見て、このプログラムを作り上げたのだから。

「基本的にはヌレエフをモデルにして、できるだけ似せるようにしました」とチェンは言います。

f:id:marosakura:20211213230900p:plain

ISU Grand Prix of Figure Skating - Paris Day 1 : ニュース写真


www.youtube.com

 ソルトレイクシティのBallet West Academyで学んだ6年半の間、彼に教え、彼と一緒に踊った人々と話すまでは、チェンがヌレエフを反映していることは意外に思える。

 また、フィギュアスケートの審査員の中には、チェンが7歳で入学した直後に見た芸術的能力、音楽性、ダンススキルを認められない人もいるというから驚きだ。

 

 昨年のローザンヌ国際バレエコンクールで準優勝し、現在はヒューストンバレエ団に所属するマディソン・ヤング(18歳)の話を聞いてみよう。

 彼女とチェンは、バレエ・ウエストの「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」で一緒に踊りました。

"もし彼がダンサーになりたいと思ったら、間違いなく素晴らしい、スターになると思いますよ "とヤングは言った。

 

また、過去10回のスーパーボウルでフィールド上の振付師を務め、多くのフィギュアスケーターにバレエを教えているBallet Westのキッズバレエミストレス、Cati Snarr氏にも。

「彼は、完璧なプレースメント(胴体、頭、手足の相対的な位置関係)、完璧なターンアウト(腰の回転)、そして一部の子供たちには得られない自然な動体視力を持っています」とスナーは言います。「彼のダンスを見た誰もが、彼を起用したいと思いました」。

そして、彼女の息子であり、ユタ大学でダンスを専攻しているジェイク・デュークにも。

「デュークさんは、「あの子はすぐに頭角を現して、若くしてプロのダンサーになっていたかもしれませんね。「彼にとっては、すべてが自然なことでした。彼はとてもはっきりとした身体意識を持っていて、とても規律正しく、正確だったので、きっと急成長していたでしょう」。

これは、17歳のチェン選手が、もしダンスをあきらめてフィギュアスケートに転向していなければ、次のヌレイエフになっていたかもしれないということを意味するものではありません。

Leaping high (as usual), Nathan Chan performs in a 2011 Ballet West production of the Nutcracker. &nbsp;(Courtesy Ballet West)

 フィギュアスケートは、ピアノ、バイオリン、ホッケー、体操など、他の課外活動よりも優先されていた。ピアノ、バイオリン、ホッケー、体操などの他の課外活動に比べて、フィギュアスケートは長い間、優先されてきました。

バレエの先生は、彼の献身的な努力と新しい概念を素早く理解する能力を見ていました。

バレエ・ウエストの教育ディレクターであるピーター・クリスティは、「ネイサンがスケートで活躍していることに誰も驚きません」と語った。

 チェンは、スケートの上達のために、毎日バレエのレッスンを受けるようになった。

しかし、他のスケーターのように、筋力や柔軟性、持久力を鍛えるためのセッションにチェックを入れるだけのものとは考えていなかったようです。

「私がバレエをやったのは、本当に楽しかったからです」とチェンは言う。

 何をするにしても、普通の男の子なら壁にぶつかって跳ねてしまうような年齢でも、チェンはバレエの授業に真剣に取り組んだ。

「元アトランタ・バレエ団、サザン・バレエ・シアターのプリンシパル・ダンサーで、チェンが7歳のときに初めて教えたBallet West Academyの教員、ヘザー・フリクセルは、「彼は年齢にしては珍しいほどの集中力を持っていました。

Madison Young (left, foreground) and Nathan Chen in the garland dance" from "Sleeping Beauty." &nbsp;(Luke Isley / courtesy Ballet West)

 ソルトレイクトリビューン紙は、2011年のバレエウェストの「くるみ割り人形」のレビューで、「幼いクララ役のマディソン・ヤングと、彼女のいたずら好きな兄フリッツ役のネイサン・チェンが素晴らしかった」と書いている。

 その時、彼は12歳でした。バレエのトレーニングは、それ以来、彼の心に深く刻まれています。チェンは、エリート・フィギュアスケーターになると、プログラムに必要な運動量が増えてしまうために、バレエをもっと見せることができなかったと後悔しています。

「若い頃の自分のスケートを見ると、確かにバレエ的な動きや芸術性を感じます」とチェンは言います。今の自分の芸術性を見ると、『ああ、まだあるんだな』と思うのですが、同時にジャンプに集中しすぎて、それが失われてしまうんです。

"もし、最高のダンサーの一人が、私がやっているのと同じ(フリースケートの)プログラムを5つのクワッドでやったとしたら、運動量が多い分、プログラムの質は落ちるでしょう。"

彼のフリースケートをよく見ると、チェンはクラシックバレエの5つの基本的な足のポジションをそれぞれ短時間ながらも取っているのがわかる。しかし、現在の競技スケートの判定方法では、これらのポジションを長く維持することにはほとんど意味がありません。

この5つのクワッドは、3つのスピンとフットワークシークエンスを含む4分半のフリースケートでチェンが披露した12のジャンプのうちの1つです。

 チェン選手は、その卓越したジャンプ力で、シニアの国際スケーターとしての最初のシーズンに、全米タイトル、四大陸選手権タイトル、グランプリファイナル銀メダルを獲得しました。

先月の四大陸選手権で、チェンは当初、フリーでは4回転を3回だけ滑る予定でしたが、それはより芸術的なスタイルを見せたかったからです。

「もし、3回転だけのプログラムをやったら、私に芸術性があることを見てもらえると思います」とチェンは言います。とチェンは言います。「ただ、4回転ばかりだと、それがなくなってしまうんです」。

 フライクスルはとにかくそれを見ています。ロシアのタチアナ・タラソワも同様です。彼女はシングル、ペア、ダンスのオリンピックチャンピオンを指導してきました。チェン選手がフリーで優勝し、総合2位となったグランプリファイナルのテレビ解説で、タラソワ氏はチェン選手のフリーの演技が気に入ったと語っていました。

「彼の華麗なライン、流動性、腕の運びなど、アーティストとして見られていないとしたらショックです」とフリクセルは言います。

「彼は美しいポジションで4回転を着地できるので、何の苦労もなく見えます。リプレイを見るまで、彼が4回転をしていることに気づかないほどです」。

 

 スケートは、スポーツと芸術の両立を目指していると言われていますが、現在の採点システムでは、ジャンプが非常に重視されており、4回転には大きな数字が与えられ、プログラムの後半に行われたジャンプにはボーナスが与えられています。

現在のチェンは、若い脚と若さゆえの大胆さで、簡単に空中に飛び出すことができるので、アンバランスの価値を十分に理解しています。

"あれだけの大腿四頭筋ができるのなら、それを大きな要素にしない手はないでしょう" とクリスティーは言う。

 (偶然かもしれませんが、ダンスを始めたのが比較的遅かったヌレエフは、キャリアを始めた当初は運動神経が荒いと敬遠されていましたが、彼の見事なジャンプとスピンは常に彼のダンスの特徴のひとつになっています。もちろん、彼はクワッドをやっていたわけではありません。

床の上で静止した状態から離陸するという制約から、バレエでは空中で3回転するのが限界とされてきました(笑)。

 

チェンのバレエ教師は、彼がバレエのジャンプ(トゥール)やスピン(ピルエット)を素早くマスターしたのは、スケートをやっていたからだと考えている。

バレエの授業の合間には、部屋の隅で常に練習していたという。

クリスティによると、11歳から13歳の子供が、膝を曲げた状態(プリエ)から離陸し、着地した後にまたプリエをするダブルツアーをするのは珍しいとのこと。

 母親のヘティ・ワンがチェンをバレエ学校に入学させた直後に、先生がチェンを年上の生徒がいる上級クラスに移動させたのはそのためだった。

「ネイサンは、私が大人にお願いするような技もできるようになって、"これは難しいことなの?スナーは笑いながら言った。

チェンはまた、自分の性格とはかけ離れた人格を舞台上で演じることができた。これは、ほとんどのパフォーマーが習得するのに何年もかかるトリックであり、特に言葉のない芸術の分野ではそうである。それは、彼が異なる「くるみ割り人形」の作品で演じた2つの役に顕著に表れています。くるみ割り人形の異なる作品で彼が演じた2つの役、すなわち、小生意気なフリッツと、それとは正反対の性格を持つドロッセルマイヤーの甥。

「フリッツ役では、ネイサンは幼い頃から大人びていたので、自分がしてはいけないと思っていることをしなければなりませんでした」とデュークは言う。「甥っ子として、彼は自分の個性を生かすことができました。甥っ子として、彼は自分の個性を生かすことができました。彼がステージ上でキャラクターになりきっているのを見るのは素晴らしいことでした」。

チェンは、同じくダンスをしていた姉のアリスとジャニスのおかげで、"自分の外に出る "ことができたと考えています。

「私は本来フリッツのキャラクターではありませんが、大きな役なので皆がその役を望んでいました」とチェンは言います。「姉たちは、舞台に立っているときの自分は自分ではない、別人だということを理解させてくれました。

それが『くるみ割り人形』でできたことであり、私のスケートにも生かそうとしていることなのです」。

近い将来、チェンが氷上で劇的に変わったことをするとは思わないでください。ただ、彼が今できることの繊細さを評価してほしい。その繊細さは、しばしば彼の並外れたジャンプに圧倒されてしまう。

「もしネイサンが派手なパフォーマンスをするようになったら、私は驚くだろうね」とクリスティは言った。彼が年齢を重ねるにつれ、静かで、煮えたぎるような存在感、威厳、王子のような優雅さが出てくるでしょう」。

「彼が幼い頃からダンスに親しんできたことは、スケート界の多くの子供たちとは一線を画しています」。

(この記事はicenetworkに掲載されたものです。)

 

何かでネイサン「バレエはあまり好きじゃない」と言っていたような記憶があったのですが

この時事を読む限りネイサンはバレエが楽しかったんですね。ヨカッタ🤗

 

これ本当にそう思う。

「彼は美しいポジションで4回転を着地できるので、何の苦労もなく見えます。

リプレイを見るまで、彼が4回転をしていることに気づかないほどです」。

 

あまりにも高度なことをいとも簡単に自然にやってのけてるからネイサンの凄さって伝わらないのかな?

 

 

そして最近のネイサンのプログラムを見ていて感じること

 

「もしネイサンが派手なパフォーマンスをするようになったら、私は驚くだろうね」とクリスティは言った。

彼が年齢を重ねるにつれ、静かで、煮えたぎるような存在感、威厳、王子のような優雅さが出てくるでしょう」。

 

最近のネイサンのプログラムは一般受けするような派手で分かりやすいものより

内面の深さや潜在意識に訴えるようなプロが多い気がする。

 

そして卓越した高度な技術を持って表現したい精神世界を追求しているように見える。

 

2017年当時に予想したとおりに

静かで煮えたぎるような存在感、威厳、王子のような優雅さを持った

唯一無二の選手になったと思います。

 

 

モーツアルト・セレクションの完成形

どうか変更しないで🙏🙏💦

 

全米選手権で見せてほしいと願っています。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村