林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

変わっていく視聴方法&視聴率の本当の話

ネイサン帰国と同時にメディア回り忙しそうです。

 

このお写真スキ🥰

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Sachi (@sachiko_n_satsuki)

www.instagram.com

ネイサンとビルボード!!😭🙌。

📸 @teamusa IG & Twi さん
"最初のオリンピック金メダルを忘れることはない。""世界も同じだ。"

タイムズスクエアが似合うね、@nathanwchen!

 

アリスお姉さんのインスタから…💖

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by alice chen (@alicefchen)

www.instagram.com

 ゴールドは私の色だ!

 

もう追いきれないのでこれくらいにして…

 

 

 

 

よくアンチの方々が仰るのがアメリカのフィギュア人気は全くない。

地に落ちてるとか、TV見る人はほとんどいないとか…

”誰もネイサンのことを知らない”というのがあります。

 

確かにそういう一面もあるでしょうが

こういう記事もありますので紹介します。

ネイサン・チェンの優勝を特集した放送のリニアTV視聴率は、NBC(およびその関連TVチャンネル)の合計視聴者数が約1200万人であったことを示しています。

しかし、YouTubeでは、チェン選手の北京オリンピックのビデオは、1600万回以上再生されています。

slate.com

長い記事ですが自分用に機械翻訳しました。<(_ _)>

 

北京オリンピックの視聴率の本当の話
テレビの低視聴率報道は、実際にどれだけの人が見ていたかを誤魔化すものである。

 

先週、マイケル・ニューマンはウィスコンシン大学ミルウォーキー校のメディア文化研究セミナーの冒頭で、素朴な疑問を口にした。

北京オリンピックをテレビで見ていた学生は何人いますか?という単純な質問だった。次に彼は、YouTubeソーシャルメディア北京オリンピックのビデオを見たことがある人は何人いるか、と尋ねた。すると、ほぼ全員が手を挙げました。

この2週間、NBCのオリンピック中継のテレビ視聴率が過去最低であることを喧伝する記事を次々と目にした。それらの記事は正確であり、重要なビジネスストーリーを伝えています。NFLの放送を除いて、ほとんどすべてのネットワークテレビ番組が、従来の視聴者数を下回っているのです。

特にオリンピック放送は、大きな逆風にさらされている。昨年は東京大会が開催されたばかりで、現在も続くパンデミックは私たちの生活を破壊し、中国のあからさまな人権無視は今年の大会に嫌悪感を与える要素を加えています。

しかし、今年も2021年の東京大会でも増殖している、ちょっと違うタイプの記事もあります。それは、「オリンピックなんて誰も見ていない」ということを前提にしたジャンルの記事です。これは完全に不正確だ。

先週、ワシントン・ポスト紙に話したように、2022年のオリンピックは米国史上最も視聴率の高いイベントのひとつになる可能性がある。それは、私たちが携帯電話やブラウザで見ているというだけのことです。

テレビを見る」には台座の上に置かれた箱や壁に取り付けられたパネルが必要だという考え方は、私たちの心に深く刻み込まれており、他の方法で消費される映像の断片はカウントされていないように感じられるのです。しかし、基本的にはすべて同じことです。誰かがお金をもらって、伝送プロセスと配信チャネルを通じてビデオ信号を中継し、最終的に、私たちがクリックして(またはスクロールして)視聴するときに、私たちの注意を収益化するのです。このプロセスの最後の足が、配信ハードウェアであるスクリーンです。そして、スクリーンは、気づかないかもしれませんが、どこにでもあります。

私たちは一日中スクリーンを持ち歩き、夜にはベッドの中に入っています。飛行機が離陸するのを待つ間、車のガソリンを入れる間、スーパーマーケットで会計をする間、私たちはスクリーンにさらされているのです。私たちの生活の中に溶け込み、今ではその存在ではなく、不在であることに驚きと喜びを感じるようになったのです。

そして、全米にあるこれらのスクリーンは、常にオンになっています。私たちは、ちらっと見たり、ドゥームスクロールしたり、1秒でも1時間でも吸い込まれるように見ています。見ているものに気づくこともあれば、気づかないこともある。だからこそ、定量的な指標によれば、「誰も見ていない」と思っていても、オリンピックの視聴率はうなぎ登りなのです。

例えば、ネイサン・チェン選手がアイススケートで金メダルを獲得した際のリニアテレビの視聴率は、NBCとその関連チャンネルで合計約1200万人が視聴したことを示しています。 しかし、YouTubeでは、チェン選手の北京オリンピックのビデオは、1600万回以上再生されています。

NBCスポーツがYouTubeで公開しているロシア人スケーター、カミラ・ヴァリエヴァのオリンピックルーチンの再生回数を合わせると、この記事を書いている時点で1100万回以上となります。(もしNBCスポーツが、メダルが決まり、ロシアチームの感動的なリアクションが続く、彼女の最後のフリースケートの単体の動画をYouTubeに投稿したままにしていたら、この数字はもっと高くなったかもしれません)。

この記事を書いている時点で、同チャンネルはヴァリエヴァ選手の最後の演技を、彼女のライバルを特集したコンピレーションの一部として、また、DefectorのKalyn Kahler氏が「これまで経験したスポーツテレビの中で最も衝撃的で不愉快な瞬間」と呼んだこの場面についての短いビデオ解説の多くとしてのみ公開しています)。

テレビ番組では莫大な制作費がかかりますが、YouTubeやTik Tok(NBCは大会前に独占マーケティング契約を締結)、その他のNBCのパートナープラットフォームでは、放送された動画を再利用するだけなので、ソーシャルメディアによる動画リサイクルはNBCの収益にプラスになるだけなのです。

ソーシャルメディアの再生回数は、数週間、数ヶ月、そして数年に渡って増え続けるでしょう。現時点では、北京大会ソーシャルメディア視聴者数は、全チャンネル(オリンピック公式YouTubeチャンネルを含む)合計で、もう数億人になっていると言っても過言ではありません。

では、もしオリンピックがヒットしているのなら、つまり従来のテレビ視聴率よりも何百万人も多く見ているのなら、なぜNBCの広報はもっともっと自慢しないのでしょうか?プレスリリースでは定期的にNBCのストリーミング配信会社Peacockの利益を詳述していますが、TikTokYouTubeで積み上げられた巨額の数字は、古い放送ネットワークからはるかに少ない熱意を集めるものです。

その理由は、商業メディアの多くと同様に、収益に帰結する。リニアテレビの視聴者一人一人は、ソーシャルメディアのユーザー数千人(あるいは数万人)よりもはるかに価値があることに変わりはない。

YouTubeTikTokのリーチがNBCの視聴者を数億人に拡大していると指摘することは、意図せずして、同ネットワークのより収益性の高い放送視聴者をオンデマンドのデジタルビデオ消費の海に送り込み、その価値を希薄化させるかもしれないのである。

新しいメディアが古いメディアに取って代わるとき、視聴者のカニバリは常に脅威であった。1920年代に新聞社がラジオ局を買収・開局して放送業界に参入したのも、1940年代後半から1950年代前半にそれらのラジオ局がテレビの免許を買い取ったのもそのためである。しかし、今日ほとんど忘れられているのは、こうした過渡期に旧来のメディアモデルがどれだけ資金を供給していたかである。

ラジオ広告の莫大な収益性は、初期のテレビが完全に発展するために必要だった創意工夫と創造性を助成しました。

オリンピック放送は特殊で、制作企画が全く予想できないサスペンス番組の場となる。演出的、劇場的でありながら、自然発生的でサスペンスフルであり、「活気」と時代を超えたストーリーテリングや神話化の様式を兼ね備えているのです。そして、オリンピックは現代のメディアを利用するだけでなく、その進化を手助けしてきたのである。

1936年の大会ではナチスがテレビを世界に紹介したが、これはほとんどのアメリカ人がリビングルームにテレビを設置できるようになる20年前のことである。1968年のメキシコシティオリンピックでは、カラーテレビ信号の衛星中継という原始的な実験が行われ、10年以内にアメリカのすべてのローカルテレビニュース市場に送信可能なトラックが設置されるほど、一般的でユビキタスなものになったのです。

IOCは、抑圧的な中国の独裁国家に、その世界的な名声を高めるための広大な機会を与えたことは、軽く言えば、確かに酸っぱい味を残している。しかし、良くも悪くも、展示されたプロパガンダはこのオリンピックの最も永続的な遺産にはならないかもしれない。私たちは今、新しいメディアの変遷をリアルタイムで体験しているのです。

オリンピックのメディアは常に未来に目を向け、現在でも過去でもないのだから、この大会のインパクトを完全に評価するには時間がかかるだろう。

黒人女性として初めてスピードスケートで金メダルを獲得したエリン・ジャクソン、ネイサン・チェンの驚くべきパフォーマンス、カミラ・ヴァリエヴァの物語によるソ連時代のロシアの謀略の復活など、魅力的なストーリーが、中国の弾圧に関する議論や新しい方法で大量にビデオを消費する変曲点ほど、人々の記憶に残るものかどうかはいずれ分かるだろう。

北京冬季オリンピックはもう終わってしまい、歴史の中にあるものです。しかし、将来的には、この大会が21世紀のメディア消費習慣の先駆けとして極めて重要な歴史的役割を果たしたことを認識することになるのではないでしょうか。

少なくとも、一部の人はそう思うでしょう。もちろん、ほとんどのアメリカ人は、20年後に『アイ・ラブ・ルーシー』を楽しんでいるときには、ナチスがテレビを世界に紹介したことなど忘れてしまっているのだが。

Chen skates, smiles, and pumps his right fist forward

 

日本でもあまりにも偏った、ある意味不快レベルまで達した特定選手爆上げ放送に嫌気がさして配信で見ていた方は多かったのではないでしょうか?

 

日本でも感じた五輪放送のもやもや…

gendai.ismedia.jp

冬季オリンピックの競技には、なじみの薄いものも多く、多くのケースで「まずはルールから説明していく」という形が採られている。

もちろんそれは問題ないのだが、紹介されるのはメダル獲得の可能性を秘めた日本人選手ばかり。メダルの可能性が低い日本人選手はほとんど紹介されないアンフェアさがある上に、海外の有力選手にふれることも少なく、メダル争いの展望がほとんど伝わらなかった。

日本人のメダル有力選手にフィーチャーするのは「よし」としても、「誰がライバルで、どれくらいの力関係で、どこに注目すればいいのか」がわからず、これでは競技の面白さが伝わらない。

けっきょく「日本人選手がメダルを獲るか獲れないか」という点に終始していて、民放各局の情報番組以上に情報量の密度が低かった感がある。

 

昔の五輪放送は(日本人が今ほど活躍しなかったこともあるけど)いろんな競技を興味深く見た記憶があります。

海外の有力選手の見事なパフォーマンスやこんな競技があるんだという新鮮な驚きや…

バイアスロンとか面白くてTVで見た記憶あるんですけど💦←いつの話⁇😅

 

TVの在り方も視聴方法も時代とともに変化していくってことだと思います。

 

要らない煽りコメントや技の名前だけを連呼する解説も聴きたくないしね。

<(_ _)>

 

熱烈に歓迎されるネイサンを見ていて、

本当に多くの米国の人たちがネイサンの演技に感動したんだな~と思うのです。

 

ネイサン、まだまだこれからだよ~

 

もう少しスケートを続けて日本に来てほしいって

密かに願っています。