林檎は落ちる

ネイサン(フィギュア・スケート)とフルートの日々をのんびり綴ります。

壊滅的な敗北から学ぶ

大型連休が始まりました。

例によって自分には全く関係なく普通にお仕事です😢

 

どこへも出かける予定はないのでネイサン情報貰って癒されてます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Stars on Ice (@starsonice)

www.instagram.com

この素晴らしいキャストで、アメリカでの4公演の週末を滑り込みます
アレンタウン @pplcenter
ハーシー @giantcenterhersheypa
ボストン @agganisarena
ロングアイランド @ubsarena
🚀⛸💙

 

こちらの記事、早速NCJPさまが和訳して下さっています。

<(_ _)>

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

 

 

 

 

少し前のTLで見た記事です。

 

平昌五輪のFP「小さな村の小さなダンサー」マオダンのご本人。

世界的ダンサーのリー・ツンシンさんのコメントが記事になっていました。

楽天ブックス: Mao's Last Dancer - Li Cunxin - 9780425201336 : 洋書

和訳しようと思ってずっとそのままになってました。<(_ _)>

小さな村の小さなダンサーで有名なLiCunxinは、ネイサンの2022オリンピックのパフォーマンスについて、次のようにコメントしています。

[Li]は、より成熟したアーティストが、パフォーマンスの感情やその機会の重要性に圧倒されることなく、彼のパフォーマンスの感情を受け入れているのを見ています。

「私は技術的な角度からではなく芸術的な角度から見ていますが、彼を見ると非常に感情的になると言わざるを得ません。」

 

例によっての機械翻訳で失礼いたします<(_ _)>

 

 2月9日(ロイター)- 4年以上前、ネイサン・チェンは、自分のルーツである中国に触れ、フィギュアスケートで完璧を追求したいという思いから、2003年の回想録「マオズ・ラスト・ダンサー」が逆境を克服する物語としてベストセラーとなったリー・クンシンとの出会いを果たしました。

2017/18シーズンのフリープログラムで、チェンは2009年に映画化された李の本の音楽に合わせて滑っていたが、主人公と、毛沢東時代の中国の農村の貧困からバレエで世界的に称賛されるまでの彼の旅についてもっと知りたいと思ったのだという。

しかし、李のアドバイスには警告が含まれていた。

「壊滅的な敗北を経験し、そこから学ぶのだ」と李は若いアメリカ人に語りかけた。

"そして、その成功はより大きなものになる"。

その数ヵ月後、18歳のチェンは平昌オリンピックで、優勝候補の羽生結弦を脅かす存在として期待されながら、メダル争いから脱落してしまった。

4年後、木曜日の男子シングルのフリーで、4回転ジャンプの名手チェンが金メダルの座につくと、李の予言の2番目の部分が実現することになるかもしれない。

団体戦で見事な滑りを見せてアメリカの銀メダルに貢献した22歳は、水曜日に羽生のショートプログラムの世界記録を破り、日本のスーパースターが失速する間に... 

Figure skating-Chen earns redemption with world record | Reuters

 

 チェンの2018年オリンピックは、フィギュアスケートの大舞台で固まった神経質な10代の失敗と見なされることが多い。

イギリスの歌手であり詩人でもあるベンジャミン・クレメンタインの「ネメシス」に合わせて滑ったミスの多いショートプログラムは、彼を17位に追いやった。

しかし、それはチェン選手の大会の物語の半分に過ぎないのです。

この大会では、「Mao's Last Dancer」の曲に合わせて215.08というオリンピック記録を樹立し、6回の試技で5回の4回転を成功させるという新境地を開拓したのです。

2ヵ月後のミラノ大会で、チェン選手は3つの世界選手権のうち最初の優勝を果たしました。

「現在、オーストラリアのクイーンズランド・バレエ団の芸術監督を務めるリー氏は、ロイター通信に次のように語った。

「明らかに、彼はオリンピックに大きな期待をかけて臨み、最高賞を得ることができずに失望した。

「しかし、人生とは旅なのです。彼の素晴らしさや能力を奪うことはできません」。

 

気楽さと優雅さ

1980年代にアメリカに亡命し、中国籍を捨てた李さんは、母親の古里であり、親戚も多い北京で、陳さんには完璧な舞台が用意されているという。

彼は、より成熟したアーティストが、演奏やその場の雰囲気に圧倒されることなく、自分の感情を受け入れているのを見ているのだ。

「私は技術的な側面よりも、芸術的な側面から見ていますが、彼を見ているとかなり感情的になりますね」と61歳の彼は言った。

「彼はもっと落ち着いていると思う。彼の流れるような動きや、高度な技術を簡単に、そしてエレガントにこなす能力は、見ていてとても楽しいです」。

木曜日、チェン選手は「マオズ・ラスト・ダンサー」の曲ではなく、エルトン・ジョンの「ロケットマン」で滑ります。これは、完璧な打ち上げとタッチダウンを求めるフィギュアスケーターにふさわしい選択です。

「今回、彼はテーマも音源も違うものを使っていて、素晴らしい」と李さん。

「これは、金メダル争いの場ではなく、練習の場であるという意識を持つことです。

「できるだけリラックスした状態で臨めば、ベストを尽くせるはずです。ダンサーにするのと同じようなアドバイスです」。

 

Figure Skating - Men Single Skating - Short Program

何だか壮大な物語を見ているような気持ちになります。

「マオダン」で臨んだ平昌五輪は北京の金メダルへの序章だったのですね。

 

「壊滅的な敗北を経験し、そこから学ぶのだ」

「人生とは旅なのです。彼の素晴らしさや能力を奪うことはできません」

 

たぶん平昌で勝っていたら今のネイサンは存在しなかった。

さっさとスケート辞めてフルタイムの学生生活を選択していたかもね…😭

 

平昌ではまだ早かった。あまりにも未成熟なままだった。

この4年間の彼の成長の軌跡を追っていると

人としても大きく成長したネイサンの姿に言いようのない感動を覚えるのです。

 

 

なんかネイサン自身が映画のストーリーになりそうだよ~😂😂😂