林檎は落ちる★サクラ咲く

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

氷の上を走る太陽

ネイサンから投稿が💖

本当に良いお顔になりました。見とれてしまうがな😅😅

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Nathan Chen (@nathanwchen)

www.instagram.com私は、@starsoniceと一緒に全国のファンの前でスケートを楽しんでいます。

それは、私たちの安全を守るCOVID-19ワクチンのおかげです。ワクチンとブースターを探すには、vaccines.govにアクセスしてください。

 

既にアメリカは全く普通の生活に戻った感があります。

 

未だにワクチンに対していろんな考えがあると思いますが

ワクチン接種が最も有効なコロナ対策だと私も思っております。

 

 

前の記事を書きながらふと4年前にブックマークしておいたこの記事のことを思い出していました。

gendai.ismedia.jp

当時は同意半分、モヤモヤ半分だったけど…

改めて読み返してみたら結構深い🤗

 

チェンはときどき、公式練習ですべてのジャンプを省き、振付けやステップワーク、エッジワークに集中したランスルー(曲かけ通し練習)を見せる。そのときの彼の美しさときたら、もう、目が離せないほど。

そんなチェンはたとえば、ジャンプにそれほど集中せずに済むアイスショーなどでも見られる。昨年6月、ドリームオンアイスで来日した時も、彼だけが真のエンターティナーぶりを見せた。日本代表勢ぞろいのショーで、「ネイサンひとりに持っていかれたね」と言われるほど、彼だけがショーをショーとして滑ることができていたのだ。もし、ジャンプなしのプログラムで芸術性のみ競ったとしたら、現在のライバルたちの誰もネイサン・チェンにかなわないかもしれない。

4年前からネイサンの素晴らしさをちゃんと評価してくれてましたね。

 

(中略)

 

スポーツの究極を目指したい

しかしチェンは、まだ18歳。「彼がチャンピオンにならなくてほっとした……」と思いつつも、それでもチェンの挑戦、スポーツの究極をめざしたいという思いは、ほんとうに眩しい。

「僕はまだ、若い! 失敗するための時間は、たくさんあります。多種類の4回転を何度もやる能力だってある。大きなジャンプに挑戦するために、今はちょうどいい時期なんですよ。僕がもっと大人になったとき、自分の身体はどうなっているのか? 今と同じなのか? そう考えると、挑戦を後回しにすることは、賢い選択ではない。だから今は他の要素やスケーティングのために4回転を減らすことは、全く考えていないんです」(2016―2017シーズンのインタビューより)

平昌五輪での「4回転ジャンプ6本」という挑戦。自分の信じたもの、大好きなものに向かってひたすら進んだ価値ある挑戦であり、大きな達成だった。

彼の言うように、年齢的にも今だけの挑戦だっただろうし、五輪シーズン後のルール改正を考えると、もしかしたら時代的にも、4回転6本は史上最後の挑戦だったかもしれない。

だから期待したいのは、これからのネイサン・チェンだ。「跳びたい盛り」のやんちゃで男の子らしい意識は、きっと少しずつ変わっていくだろう。年齢を重ねた上での精神的な成熟は、芸術性への興味も高めてくれるかもしれない。

 

平昌から4年の歳月を経てネイサンは技術的にはもちろん、芸術性も兼ね備えた真の王者になりました。

平昌の失敗は決して無駄ではなかった。

 

壊滅的な敗北を経験し、そこから学ぶのだ。そして、その成功はより大きなものになる。

 

リーツンシンさんの言葉はその通りになりました。

 

 

 

 

中国ではネイサンの人気は今一つといわれていたのでこの記事はちょっと面白かったです。

 

中国語全く分かりませんので相変わらずの自分用備忘録的に機械翻訳してみました。

所々意味不明な個所はお許しください💦<(_ _)>

バレエとヒップホップ、ロケット団の光年先取り

パパダキスや西沢のように、複雑な物語や感情をダンスという身体だけで抽象的に語るには、高度な振付が必要です。

オリンピック男子シングルで優勝したアメリカのネイサン・チェンは、1976年のインスブルック冬季オリンピックで優勝したイギリスのアイスキング、ジョン・カリーを彷彿とさせる深いバレエのルーツを持っています。

カリーは、バレエの美学をスケーティングに取り入れた最初の男子オリンピックチャンピオンであり、それから約半世紀後、バレエ少年は再びオリンピックの氷上に戴冠したのである。

優雅な頭の位置、手の位置から指先まで、足のラインは腰から開き、膝を伸ばし、つま先まで伸びています。

細部へのこだわりは、長年の確かな訓練から生まれたものです。 チェン・ウェイのテクニックは、バレエに要求される正確さに沿って、クリーンで正確であり、純粋なフォームと純粋な秩序の美しさを反映しています。

彼のシンプルで抑制されたスタイルは、自然であり、すべての音に体のイントネーションがマッチしています。

この21世紀のアイスバレエ少年のスタイルは、ちょうどモダンバレエがツァーリズム時代から抽象的なバランシンから名人芸のウィリアム・フォーサイスへと進歩したように、古典的要素の応用を超越したものである。 フォーサイス

 

アズナブールのフランスのシャンソンラ・ボエーム」を演奏した短いプログラムは、氷の刃がアンバランスとバランスの間を走り、俊敏で軽く複雑なステップ、氷と地球の重力の滑らかな摩擦係数を無視するかのように自由に波打つ激しい上体の動きなど、段階的なステップシーケンスで締めくくられた。 その見事な足さばきで、BBCの解説者であるイギリスのオリンピック・チャンピオン、ロビン・カズンズは満点をつけた。

BBCの解説者ロビン・カズンズは、「氷上での不思議な能力」と賞賛した。

 

普段は常識的で冷静なチェン・ウェイが感情を爆発させ、高速回転で最高潮に達した後、両腕を大きく広げて無言で質問を投げかけ、ショーを締めくくったのです。

この曲は、他国のアーティストがモンマルトルに戻ってきた若かりし頃の思い出と悲しみを歌ったものです。 特に、冬季オリンピック後の北京の世界の激動の中で、このプログラムを振り返るのは、とても感慨深いものがあります。

この完璧な演技は、もちろん世界新記録を樹立し、史上最高の技術的難易度を見事にクリアしたのである。 チェン・ウェイは「四週跳び王」と呼ばれ、あらゆる難しいジャンプを、ニジンスキーなど歴史に残る優れた男性舞踏家のような跳躍力と優雅さでこなすことができたのです。

楽家のエルトン・キョン氏本人から、その長いプログラムを絶賛された。 ミュージシャン自身が絶賛したロングプログラム「ロケットマン」は、4週目のジャンプを5回跳ぶという一流の構成で、最も難しいジャンプの3つが音楽のアクセントとなる3拍子に正確に収まっているのが特徴である。

最近のオリンピックでは、チェン・ウェイは男子シングルで相手のミスなく勝つ数少ないスケーターであり、技術面だけでなく芸術面でも「光年差」があるのだ。

昨年の冬季オリンピックでは、激しく鋭い「春の祭典」に挑み、新境地を開拓する意思を示した。

ロケットマン」は、シルク・ドゥ・ソレイユの振付師サミュエル・シュイナールの協力のもと、モントリオールのアイスアカデミーが制作したものです。

Weiwei WangがデザインしたスポーティなNebula Tシャツは、氷上のヒップホップをユーモラスに表現しており、スケートの動きに宇宙の世界が追随する様は、彼の高度な技術のようで、官能的な輝きを放ちます。

明るい笑顔のチェン・ウェイは、まるで氷の上を走る太陽のようだ。

バロック宮廷のバレエ・ド・ラ・ニュイから、文明の中心にあるバレエは、21世紀の氷上の太陽王で、人種、階級、場所を超えて、実際に生きる時代へと移行し、未来を呼び起こすことができるのです。

 

ネイサンファンだけど語彙が貧弱でネイサンの素晴らしさを今一つ伝えられないもどかしさを感じていますが

ここまで絶賛されるとちょっと赤面しそうになります😅😅😅🥰

 

明るい笑顔のチェン・ウェイは、まるで氷の上を走る太陽のようだ。

 

 

https://twitter.com/9thanchen/status/1518861476307423235

 

まさに太陽のような笑顔です。💖💖