林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

OneJumpAtATimeの余韻&今更ですがNHK杯の感想など

NCJPさまが和訳して下さったこの記事,

気になった部分を機械翻訳してみました<(_ _)>

www.usatoday.com

彼の旅の一部は、ネガティブなセルフトークからポジティブなセルフトークへと、自分の内なる脚本を切り替えることを学ぶことでした。

"エラーの可能性にこだわるのではなく、私は厄介なジャンプを上陸させた、またはクリーンなプログラムを滑ったすべての回に焦点を当てるために自分自身を訓練した "と彼は書いている。

"キーは、私が前にそれを行っていた場合、私は再びそれを行うことができることを自分自身を思い出させることでした"。

 

そして、他のアスリートの話から。セリーナ・ウィリアムズは、17位に終わった平昌オリンピックの後、チェンにコンタクトをとりました。

ウィリアムズについて、「いろいろなことを経験してきた人から、応援や励ましの言葉をもらえるのは、本当にうれしい」と語り、「今でも少し連絡を取り合っている」と付け加えた。

 

チェンさんは、アイススケートによる痛みと今も付き合っている。しかし、その痛みは、ありがたいことに、「普通の生活ができないほど大きな影響を与えるようなものではない」。

そして、彼はほとんどの時間を学校に集中させ、確かに規則正しい生活を送っています。彼の周りには、スターに憧れるような人がいないのが救いでしょうか。

「だから、スケートが恋しくなるようなことはあまりないんです」。

 

しかし、彼は今でもリンクに行く時間を作り、それを楽しんでいる。

2026年にオリンピックに復帰するために十分な時間を作ることができるだろうか?

しかし、今のところ、学校生活がメインであることに変わりはない。

 

しかし、エピローグの最後にあるように、彼は「スケートや人生において、次に何が起ころうとも、これまでと同じように取り組むつもりだ...一度にひとつのジャンプをする」と語っている。

私たちもその一歩を踏み出すのだと考えてください。

 

簡潔にまとめて下さったのがこちら<(_ _)>

画像

https://twitter.com/NathanChenJP/status/1595310623919079425

今でもスケートによる痛みはあるが「普通の生活を送れない程の大きな問題は抱えていない」とのこと。

ホッとしますが無理はしてほしくないな~と思います。

 

ネットに上がって来る情報を見ているととても多忙な生活を送っているように見えますが、スケートも楽しみつつ学生生活を満喫しているようですね。ヨカッタ🥰

考えたらスケジュール管理に関してはネイサンは超一流でした💦

 

kindle版で既に自叙伝を読み進めておられる方の感想を拝見すると…

外から見ていただけではわからない辛いことがたくさんあったようです。

これは自分の目でしっかり読んでみないといけない!

と思っております。

 

USA TODAYの記事内にあるフォトギャラリーが秀逸💖

幾つかお借りしちゃいます<(_ _)>




 

 

そうこうするうちにグランプリシリーズも最終戦

あっという間ですね~~今年も終わりが近い😥

 

今更ですがNHK杯の感想を少し💦

今更需要ないですが自分的備忘録として残しておきます。

 

その1:ゴゴレフくんが驚くほど大きくなってた件。

解説の方のお話だと183cmですって😲

急激に身長が伸びたことで故障やジャンプの感覚が狂って苦戦した時期が続いていましたが、ここまで戻してきましたね。

ラファの指導の下、今後も頑張ってほしいと思います。

 

その2、ティム・コレトさんの日本語がメチャメチャ上手になってた件。

少し前までは美里さんが一生懸命通訳して片言の日本語だったのにね~

さすがご夫婦です。

 

フィフスエレメントは大好きな映画。特にあのアリアは何度聴いても痺れます。

若干スピード感が弱かったのが残念。

衣装と髪色はミラ・ジョヴォヴィッチでばっちりでした。

 

懐かしいので貼っちゃいます😅


www.youtube.com

 

その3、高橋大輔さんが年齢不詳のサイボーグだった件😂

少し前の記事でも紹介しましたがグランプリシリーズ最多出場24回の本田武史先輩に次ぐ日本人2位、21回を(ジャンルを変えて)更新してきました。👏👏

 

こちらは2006年のNHK杯フィギュア表彰台独占のお写真。

16年後に現役復帰してるなんて誰も想像してなかった快挙です。…織田くんも😲

 

ちなみにゴゴレフくんは17歳、この当時1歳でした。…まさに親子💦

https://twitter.com/gogogogolev_/status/1594360220591030274

もうこうなったらキング・カズ並みに70歳まで現役で頑張るって言ってくださいませ。

大輔さんならできそう。

 

その4、エキシの吉野咲太朗くんにひとめ惚れした件。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by NHK杯フィギュア公式 (@nhktrophyfigure)

www.instagram.com

小さな体でも柔軟性と切れのある演技でちょっと感動しました。

しかも個人的にはドはまりのマイケルプロ。

 

しっかりした世界観を表現してて一つ一つのポーズが美しい💖

しかも演技中の表情がめちゃめちゃ良き!

 

選曲も2CELLSのスムクリなんて渋い🎵

またまた懐かしい動画貼っちゃいます<(_ _)><(_ _)>


www.youtube.com

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by たにかわスポーツ疾患・研究室 (@tanispo__official)

www.instagram.com

フィギュア優勝「10才強さの秘密」

2021年スプリングT・優勝
2022年スプリングT・優勝
2022年夏季ジュニア・優勝
2022年サイニチ杯・優勝
2022年全日本選手権予選東京選手権・優勝

・吉野咲太朗(さくたろう)くん
・小学5年生
・所属:西武東伏見フィギュアスケートクラブ

私見でいささかな見解ですが彼の強みは自分の世界に入れるところだと思います、以前ある有名選手を施術させて頂いた時にその選手は数秒で自分の世界に入り込んで話しかけてもそっちの世界に行ってて苦戦した事がありますW

咲太朗くんもなかなか同じ雰囲気を持っており漫画を読み始めた瞬間から一人で笑ってます。

これぞ自分の形を出せて表現力が豊かで試合でも安定する強さの秘密!

 

これは凄い才能を見せていただきました。今後の成長が楽しみです💖

 

怪我無くすくすくと成長していってほしいと思います。