林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

遅くなりましたが…「母の日」に思ったことなど

大型連休も終わり、母の日も過ぎましたが毎日貧乏暇なしに過ごしております。

最大10連休とか海外旅行とかってどんな方々が取ってるんだろうか…😢

 

メンタル病んでる娘が「母の日用意して待ってるから早く帰ってきてね」と言ってくれたのに、そんな日に限って勤務時間終了間際に急変者が出て病院へ搬送することに…

 

入院まで見届けてご家族の対応して帰宅したのは夜の11時😭

連休中の激務で身体は疲れ切っていたのに救急の現場に遭遇するとアドレナリン出まくって頑張っちゃうんですね。…職業柄仕方なし。

 

自分の年齢忘れて頑張りすぎるとその後の反動が恐ろしい💦

案の定、夜中に両足吊って悶絶するという地獄を味わうこととなりました(泣)

 

いつも疲れて寝落ちしている娘が旦那と一緒に起きて待っていてくれたのはちょっと泣けた。

メンタル病んでからは仕事に行くだけで精一杯だったからね。

 

翌日改めてスウィーツで母の日祝ってもらいました。

ありがとう💖

 

 

 

沼民の母の日と言えばこのネイサンとお母さま&アリスお姉さん

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuki Saegusa (@yukisaegusa)

www.instagram.com

 

数年前のネイサンの投稿ですね💖アリスお姉さんを切り取っちゃったヤツ💦

 

この動画見る度にウルウルしちゃうんです。

 

 

母の日を祝うUSスケ連様のTweet💖

画像

画像

 

そしてインスタも💖素敵なお写真がいっぱい🤗

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by U.S. Figure Skating (@usfigureskating)

www.instagram.com

まだスケートをしている人から、最大のサポーターまで、私たちはフィギュアスケート界にいるすべてのお母さんを愛しています。母の日おめでとうございます 💖

 

一人ひとりのスケーターにお母さまがいて、いろんなストーリーがあって

素直に感謝の言葉を表せるって素敵だな~って思います。

 

 

数年前に姑を見送り、今年初めに母を亡くし「母」と呼べる人がいなくなってしまいました。

他愛のない世間話や娘の病気のこと、家のこと、仕事のこと…

田舎ならではの野菜作りや漬物の仕方、義理やしきたりの事など

 

二人とも聞けば必ず答えてくれる人たちでした。

いなくなって改めて二人の母の存在の大きさを感じています。

何とも寂しい…

 

もっと元気なうちに感謝の気持ちを伝えておけばよかったな~

まだまだ話したいことはたくさんあったのに…

 

などと思った母の日でした。

 

 

 

 

日本でも北京オリ・パラ日本選手団への感謝状授与式があったようですね。

 

どちらが良いとかは別にして、お国柄の違いがよ~~く分かりますね。

JLBさまのインスタから💖すっかり楽しんでいます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Jean-Luc Baker (@jeanlucbaker)

www.instagram.com

チームUSAが会場を沸かせる
このような非現実的な体験ができました。

最後にジョーとセルフィーを撮りましたが、もうすっかり仲良しです。

 

ジェイソンいつもありがとう💖

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Jason Brown (@jasonbskates)

www.instagram.com夏と冬のオリンピック/パラリンピックのチームと一緒にホワイトハウスで過ごせたことは、最もクールな日の一つであり、最も光栄なことです!!!

ジョエビデン、カマラハリス、ありがとうございました。✨

 

ネイサンがいないのが唯一残念ではありましたが、

参加された皆さん、良い思い出になったんじゃないでしょうか。

 

 

 

最後にノリノリのネイサンをどぞ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Dr. Katya PT (@drkatyapt)

www.instagram.com

 

US SOIツアーも後半戦!

身体には気をつけて走り切ってくださいませね。

 

 

 

ネイサンは大丈夫でした😂&更にHBD23の余韻に浸る

その後のネイサン情報ですが…

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @waddlewithwaddles

www.instagram.com

今夜のショーの前に、ここクリーブランドで @nathanwchen の写真にサインするのを手伝ったんだ! そして見てください!私も一緒にサインしました😍😊スワイプして見てください!この写真の幸運な持ち主は誰でしょう?

 

ネイサン、ショーに出るんだ😲😲…ちょっと驚きです。

メガネのフレームがおしゃれ💖←そこ?💦

 

 

 

 

軽症ですんだの?それとも無症状の感染だったのかな?

にしてもCDCの隔離期間(日本は10日間、アメリカは5日間)より早い気がします。😨

ググったら隔離期間後も5日間は人がいる場所でのマスク着用が義務付けられてると出てました。

 

あるいはヴェラが陽性と分かった時点から陰性でも大事を取って自主隔離していたのか?…そうであってほしいとずっと思ってました。

 

ブースター接種済みと言ってたので重症化はしないだろうと思っていますが

いずれにしても無理だけはしないでほしい。

 

座長としての責任感から興行優先で無理していないことだけを祈ってます。

 

SOIのストーリーから…ネイサンの名前ありますね。



 

 

まだまだ続くHBD23のネイサン💖gettyさんのお写真がステキです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Getty Images (@gettyimages)

www.instagram.com

アジア系アメリカ人および太平洋諸島民の遺産月間。ネイサン・チェン

本日は、ネイサン・チェン選手の23歳の誕生日をお祝いします。

1999年5月5日にユタ州ソルトレイクシティで生まれたネイサン・チェンは、フィギュアスケート男子シングルでオリンピックメダルを獲得した最初のアジア系アメリカ人男性です。

彼の勝利は、特にアジア系アメリカ人コミュニティにとって、誇らしい瞬間でした。2022年のオリンピックでの優勝に加え、チェンは2018年、2019年、2021年の世界選手権の3大会で優勝しています。

2017年の四大陸選手権と、2017年、2018年、2019年の3回のグランプリファイナルで金メダルを獲得した。金メダル8個、銀メダル1個、銅メダル1個で、10回のグランプリ・メダリストの称号を獲得した。プロキャリアの中で、チェンは2017年から2022年の間に6回、アメリカ国内選手権でも優勝している。

4回転ジャンプを得意とすることから「クアッド・キング」と呼ばれるチェンは、競技会で5種類の4回転ジャンプを着氷させた最初のスケーターです。

これらのジャンプには、トウループサルコウ、ループ、フリップ、ルッツが含まれ、2018年の世界選手権で見られたように、1つの競技会全体で8つの4回転ジャンプを跳ぶこともできました。

今月はアジア系アメリカ人および太平洋諸島民の遺産を祝い、ネイサン・チェンの数々の功績に敬意を表します。ネイサン、お誕生日おめでとうございます

 

 

アオさんがこんな興味深いアンケートをしてくださいました💖<(_ _)>

どのコレオもステキ過ぎて甲乙つけがたい😂

それぞれに思い出がいっぱい詰まっててずっと見ていたい気持ちになります。

 

モーツァルトの完成形も絶対見たいです。

THE ICEで披露してくれないかな~~と願ってみる。

 

 

懐かしいロケットマンの振り付け動画が見たくなりました。

ネイサンの上体の動きが好きすぎる💖

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Samuel Chouinard (@sam.chouinard7)

www.instagram.com

私の部下 @nathanwchen をとても誇りに思います🤘🏼⛸🏅 今年は別のスタイルを探求し、世界にあなたの万能さと...全てに優れていることを示すことができてとても幸せです(笑)🏅🏼🏅🏼⛸🏼🏅🏼
これはプログラムに取り組み始めた初日の映像ですᘎ🕺。
おめでとうございます! これからも末永くよろしくお願いします🥂。

 

この動き、振り付けの初日だったんですね。オドロキ😲

既に完璧💦

 

陸ダンスの動きを氷上で忠実に再現できるネイサンの能力の高さ。

凄すぎます。

 

 

 

 

 

 

HBD23の余韻…五輪のウサギ🐰

TLがネイサンのHBD23のお祝いで盛り上がっていました。

見ているだけで幸せな気持ちになりつつ一抹の不安も…

 

いるはずのネイサンの姿が…無い😰😰

もしかしたらという気持ちが的中してしまいました。

 

ネイサンが受賞するはずだった「トレイルブレイザー賞」😭😭

画像

ワシントンDC:#オリンピック #フィギュアスケート のチャンピオン、ネイサン・チェン選手の姉、アリス・チェンさんが、
 ネイサン・チェン選手に代わり、「トレイルブレイザー賞」を受賞しました。

 

アリスお姉さんのストーリーから

本当だったらここでネイサンが食べるはずだったケーキ(泣)


 

五輪まではあんなに慎重の上にも慎重にしていたネイサンだったけど

金メダリストになってから一気に多くの人との接触が増えたし気持ちの緩みもあったのかもしれないね。

ツアーが始まってから本当に楽しそうだったもん。

 

マスクなし、大声の歓声。

パーティーに食事会、ディズニーランド楽しんだりライブに行ったり…

ずっと頑張ってきたから金メダルのご褒美としてそれくらいいいよね~と思いつつ不安な気持ちもありました。

 

普段のルーチンで厳しく管理されたアスリートの生活から一気に時の人になって

メディアにも引っ張りだこだったし、ネイサンにとって最も大事な10時間睡眠がとれてなかったのかな?

慣れないツアーで体調崩したんだろうか?

 

なんたって遅筆で無精な自分がブログに追いきれないほどずっとイベント目白押しだったもん。

 

どうか後遺症なく軽症で済みますように。

 

UA SOIツアーはどうなっているんでしょうか?

日程も過酷だったしツアーバスの生活も大変そう。

今どこで療養しているのだろうか

ちゃんと休めてるのかな…

 

「DOI」と「THE ICE」…まさかGPFの二の舞はないよね💦

なにより元気な姿で来日してほしい。

 

元気な姿を見せてくれる日を待っています。

 

 

 

 

 

ロシアの熱心なネイサン・ファン。

thelandoffall05さんの投稿がステキだったのでお借りしました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by NATHAN CHEN | НЕЙТАН ЧЕН (@thelandofall05)

www.instagram.com

お誕生日おめでとう、ネイサン。
太陽はあなたのために輝き、世界中の花はあなたのために咲きます。

お誕生日おめでとう🤩🤩🤩🤩🤩。

 

動画が動くのね💖素敵なネイサンがいっぱい😍

このクリエーターさんはネイサンのことが大好きと仰って下さってます。

嬉しいですね。是非覗いてみてください。

www.behance.net

今年は、絵とフィギュアスケートが私の聖地となりました。特にネイサン・チェンが放つ雰囲気が大好きです。私の芸術を楽しんでいただけると幸いです。みんなが平和で、インスピレーションを受け、ベストを尽くせるように。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by NATHAN CHEN | НЕЙТАН ЧЕН (@thelandofall05)

www.instagram.com

今日は5月5日。ナタンは23歳になった。

彼の熱烈なファンであるデメルザが書いた、誕生日を祝う言葉を紹介しよう(翻訳してくれたTheGreenManuelaに大感謝!)。

彼のことを考えるとき、最初に思い浮かぶのは "光 "です。

この言葉のさまざまな側面で。彼の笑顔の光。彼の目の中にちらつく火。彼のパーソナリティの光。ナタンをよく知るほとんどの人は、彼のことを類まれなカリスマ性を持った人だと言 っている。

最後に、彼のプログラムを満たしている光。最後の和音が消えた後も、あなたの心に残る特別な光。そして、何度も何度もすべてを見返したくなる。

中国のマスコミは彼を「氷上を走る太陽」と呼んだが、それは詩的であり、正確でもあった。彼のスケーターとしての才能は、本当に太陽だ。暖かい。

そしてネイサン自身は明るくて、他の誰とも絶対に違う。彼はいつも自分の道を歩んでいた。楽な道を探すことはしなかった。挑戦して、疑って、固定観念を打ち破って、自分の目標に向かって進んでいった。そして、体を踏まなかった。

他人のミスに乗っかって勝つというのは、彼の性分ではない。彼は、この勝利のために疲弊するほど働いたからこそ、勝利したのだ。

そして彼の勝利は、勝利であり、無条件であり、大きなクッションを伴っていたのです。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by NATHAN CHEN | НЕЙТАН ЧЕН (@thelandofall05)

www.instagram.com

そして最後に、ネイサンへの誕生日プレゼントです。

ウサギ年生まれのネイサンのために、ネイサンの象徴的な瞬間をとらえたオリンピックのウサギたちです🎉🎊🤩。

 

改めてネイサン23歳おめでとうございます。

 

 

 

 

ネイサン&ゆまちさん💖HBD23&19

SOI東京公演が終わったと思っているうちに怒涛のUA SOIツアー。

ちょっぴりシャイで控え目に見えた代々木のネイサンが

本国で仲間と共にツアーを重ねる毎にどんどんいろんなものから解放されて洗練されてイケイケになってくの見てるだけで楽しい。

 

そんなネイ情報を追っているうちにもう5月です💦

5月5日といえばネイサンのHBD㊗㊗㊗

つい最近20歳になったばっかりと思っていたらもう23歳ですか。

早い!

 

 

5月5日生まれといえばネイサン💖そしてゆまちさん。

この二人が同じ日に生まれたというのも運命かもしれませんね。

すっかりフィギュア界を牽引する存在に成長しました。

 

それぞれに少しだけ進む道は分かれてしまいますが…

素晴らしい1年になりますように。

 

まだ発表されていませんが💦

THE ICEでの共演楽しみにしています💖

改めてお誕生日おめでとうございます。

 

 

 

 

パナさまがまた別の動画を上げてくださいました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Panasonic North America (@panasonic)

www.instagram.com

パナソニックは、世界を#ForeverForwardにするために、揺るぎない献身的な努力で団結しています。同じビジョンを持つ素晴らしいアスリートたちがいることを誇りに思います。

チーム・パナソニックの一員である @nathanwchen の魅力をもっと知りたい方はこちら。

こうしてネイサンの素晴らしさを伝えて下さるパナさまに感謝です。

 

チラっと映ったミライトワ😂

殆ど活躍する間もなく居なくなっちゃった感がありますが、

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by すえきち (@suekichiiii)

www.instagram.com

すえきちさんのフィギュアの中では元気に活躍してました🤗🤗

時々すえきちさんの投稿見て笑わせてもらってます<(_ _)>

 

 

 

ジャンリュックさんDCに到着ですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Jean-Luc Baker (@jeanlucbaker)

www.instagram.com

 

画像

ネイサンがいないのが気になるけど…😢😢

 

 

イケイケ💖キラキラなネイサン置いときます。

 

 

 

 

ジャンリュックさんのお父さまの言葉が記事になっていたので

自分用備忘録的に機械翻訳してみました。

<(_ _)>

なかなか興味深い💖

myedmondsnews.com

オリンピックを見に行くだけでも十分スリリングなのに、自分の息子が出場するのを見ることができたら、さらに充実したものになる。シャロンとスティーブン・ベイカー夫妻にとって、その夢は現実になった。

3月16日に開催されたリンウッド商工会議所の昼食会で、リンウッドのアイスダンスコーチ、スティーブン・ベイカー氏は、2022年の北京オリンピックで息子の活躍を見守り、また自身も出場しそうになった経験を語った。

「20年の歳月を25分に詰め込もうと思うので、我慢してください」と彼は言った。

ティーブンは、フィギュアスケーターになるつもりはなかった。幼い頃、両親に引きずられて姉のフィギュアスケート教室に行き、やがて自分も氷の上に立つことになった。そして、すぐにフィギュアスケートの魅力に取りつかれ、すぐに姉を追い越した。

ティーブンは、もう少しでオリンピックに出場するところだった。1976年の大会の補欠選手として、彼は荷物をまとめてドアの前に座っていた。あとは、電話さえあれば......」。

「その電話をただ待っていたんだ」。「そして悲しいことに、それは来なかったんだ」。

数年後、スティーブンは1988年のオリンピック選手、シャロン・ジョーンズが滑っていたアイスリンクのゼネラルマネジャーとして働いていた。ある晩、アイスリンクで開かれたパーティーで、2人は意気投合し、それからが歴史の始まりだった。

現在、ベイカー夫妻は、リンウッドアイスアリーナとマウントレイクテラスのオリンピックビューアイスアリーナでスケーターを養成するシアトルスケートクラブでコーチをしながら、息子のジャン・リュックを応援する日々を過ごしている。

ティーブンさんは、エドモンズで育ったジャン・リュックさんが、今の地位を築くまでに積み重ねてきた努力について話してくれました。

その中には、最高のパフォーマンスを発揮するために、ジャン・リュックの体力を管理する毎日の厳しいスケジュールも含まれています。

月曜日から金曜日まで、ジャン・リュックの一日は30分のウォームアップに始まり、1時間のアイスセッションが3回行われる。各セッションの間には15分の休憩がある。その15分の間に、彼はピーナッツバターを食べている。

なぜ、ピーナッツバターなのですか」とスティーブンが聞くと、「わからない。とスティーブンが聞くと、「さあね。でも、元気が出るんです」。

午前中のセッションが終わると、午後はバレエやピラティス、一般的なストレッチなど、より体を動かすことに費やされる。

土曜日は、物理療法、ジャグジー、全身マッサージなど、体の回復のために使う。日曜日は精神的なリカバリーの日として捧げられます。脱力したり、趣味を楽しんだりすることに重点を置いています。

「息子はテレビゲームで人を吹っ飛ばすことで、どうやって気を紛らわせるのか、私にはわからない」とスティーブンは言った。

ジャン・リュックのフィットネストレーニングだけでなく、食事、社会的なスケジュール、使用する製品も厳密に管理されている。

多くの軟膏や薬、軟膏は、特定の成分のためにアスリートには禁止されている。

医療用の吸入器でさえ、ステロイドが含まれているため、当局の特別な許可が必要だ。そのため、アスリートは一日中いつでも無作為の薬物検査を受けることになる。

ティーブンによると、このスポーツは10歳や11歳の子供でも薬物検査を受けなければならないほど、ルールが厳しいのだという。彼は、10代の頃のジャン・リュックが、競技の前に不特定多数の怖そうな男たちに声をかけられ、氷上に出る前に薬物検査を受けさせられたことを思い出したという。

それは、アスリートの生活の一部として、やがて人々が慣れることだとスティーブンは言った。

2022年、ジャン・リュックとパートナーのケイトリン・ハウェイクは、全米選手権で3位に入り、米国オリンピック代表の最終選考に残りました。

人々がジャン・リュックを祝福する中、彼は自分はオリンピック選手ではないと言い続けたと、彼の父親は回想する。

彼は、『そこに行くまでは、自分はオリンピック選手ではない』と言い続けていた」とスティーブンは語った。「そして今、私の最大のライバルはCOVID-19なのです」。

オリンピックに出場することが決まっているすべての選手は、3週間毎日COVID-19の検査を受けました。もし選手が陽性反応を示した場合、当局は流行のリスクを避けたいので、競技から完全に除外した。

ティーブンは、ジャン・リュックが最も心配していたのは、実際に競技に参加するために健康を維持することだったという。スティーブンは、息子に共感し、彼の夢が奪われないようにと願った。

「オリンピックは聖杯のようなものです。オリンピックは、聖杯のようなものだ」とスティーブンは言った。「もう少しで出られると思ったのに、落ちてしまった。星が揃わず、行けなかったんだ。でも、それでいいんだ」。

幸運にも、ジャン・リュックは健康を維持し、オリンピック選手として氷上に立つことができた。

「妻に言われたことのひとつなんだけど、僕は家族の中で負け組だから、個人的にはわからないんだ」とスティーブンは冗談めかして言った。とスティーブンは冗談めかして言った。「雰囲気は信じられないほど素晴らしい。人々は、ここに来るために生涯をかけて働いてきたのです。

ティーブンさんによると、選手たちは、オリンピックに持参できるものは、スケート靴、洗面用具、下着類ときっちり言われているそうです。あとは靴下も含めて支給されます。選手たちは、オリンピック村にいる間、自国を代表しない衣服を身につけることを禁じられています。

2022年のオリンピックでは、ジャン・リュックとハウェイクは総合11位に入賞しました。

オリンピックに出場するために生涯をかけて努力してきたアスリートたちですが、スティーブンはここからが本当の意味で大変なのだと言います。

それは、"アスリート・ダウン "と呼ばれるものです。

"ここまで来るために、オリンピックに出るために、20年以上トレーニングしてきたんだ "とスティーブンは言った。「そして、突然家に帰り、すべてが終わり、また振り出しに戻ってしまうのです。

帰国後の適応はアスリートにとって非常に難しいため、オリンピックでは「バディシステム」というものを作っています。

年配のオリンピアンは、帰国したアスリートとペアを組みます。

彼らは若いアスリートと絆を深め、彼らが戻ってくる「普通」の日常に適応できるよう手助けをするのです。

 次のオリンピックのためにすぐにトレーニングに戻る選手も、永久にスケートを履き続ける選手も、バディシステムによって、同じアスリートダウンを経験した人と関わり、それに対処する方法を学ぶことができるのです。

 

ティーブンによると、ジャン・リュックのスケート人生はまだ終わっていない。

現在、次の大会に向けてモントリオールでトレーニング中です。その後、フランスで全米大会、日本でスターズ・オン・アイスに出演する予定です。

その後、Stars on Iceの全米ツアーに参加するため、数週間アメリカに戻る予定です。

「彼はシアトルに1日か2日滞在するので、もしかしたら1時間くらい会えるかもしれませんね」とスティーブンさん。

ジャン・リュック選手は、これまで両親から受けた経済的、精神的な支援に対して、賞金で恩返しをしたことがあるかと尋ねると、スティーブンさんは笑いました。

"彼は私たちにお金を返すと約束したんだ。「でも、家に帰ったらゴミを出すという約束もしたんだよ」。

- ローレン・ライヘンバック 記

 

アスリート・ダウンという言葉を初めて知りました。

確かに20年近くオリンピックを目指した過酷な生活から突然「普通」の日常に戻るわけですから精神的な支援は必要なんでしょうね。

 

日本にはそういうシステムってあるんだろうか?

 

 

 

心の安定って大切です。

偶然この番組見ていました。

 

フィギュアからは鈴木明子さんがコメントされてました。

www.nhk.or.jp

 

 

個人の価値感を押し付ける「俺理論」ですか…

TL見てると確かに最近多い気がする。

トップアスリートの多くがメンタル病んでるってかなり深刻な状況だと思います。

 

ネイサンがスケートオンリーではなく大学に戻りたいと願うのも

心の安定のために必要な選択なんだと思えます。

メンタルをサポートしてくれる専門のスタッフの存在も大切ですね。

 

メンタル病んでる娘を見ていると本当にそれは痛感するんです。

 


www.youtube.com

今年2月、2022年冬季オリンピックフィギュアスケート男子シングルで、ネイサン・チェン選手(24)が金メダルを獲得した。

彼は2019-20年のグランプリファイナルでフリースケーティングの世界記録を樹立した後、男子ショートプログラムで世界記録を樹立したのです。

今、世界チャンピオンは脚光を浴びている場所から離れ、エール大学の学校に戻ることを計画しており、チェンが単なる有名人ではないことを思い出させてくれる。イーサン・ドッド(Ethan Dodd)'22がレポートする。

エール・デイリー・ニュースの公式YouTubeチャンネルです。アメリカで最も古い大学日刊紙です。

 

早速、NCJPさまが動画の和訳を紹介して下さっています<(_ _)>

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

この2年間、イェールには支えてもらった。大学では、僕の名前を知っていたり、写真を求められる事はあまりなかったので、普通の大学生と感じていて、それがとても気に入っていた。

 

復学についてまだあまり考えていないけど、友達を作ったり大学生活を楽しみたい。最初の2年間はスケートと勉強に重きを置かないといけなかったので、そういった時間があまりなかったから。

 

小さい頃からスケートオンリーで通信制の学校で学んできたネイサンだから

友達を作ったり普通の大学生としてフルタイムの大学生活を楽しむって本当に貴重な経験なんだと思う。

 

金メダリストになってもきっと以前と変わらないネイサンのままなんだろうな。

 

今後のスケートに関しては未定。

時には滑りたいけど、大学にいる2年間は、練習に時間を割かないし競技はしない。

でも、身体面でも精神面でもスケートを維持して、卒業後にどうするか決めたい。

 

競技はしなくてもスケートは維持してくれるみたいだから卒業後はアイスショーでまた日本に来てほしいな。

 

ちょっと寂しいけど…

しっかり勉強して学生生活楽しんで

きっと一回りも二回りも魅力的な人になって戻ってきてくれると信じています。

 

 

 

 

素敵ネイサン💖💖キレッキレです😍😍😍

画像

画像

 

 

 

 

 

私も、そろそろメンタルの安定のために

思いっきりキャーキャーしたいです💖

😅😅

 

 

 

幸せな推し活

ようやくWFS・95号お迎えしてきました。

画像

皆さんが良いインタ記事だったと仰っているのがよく分かります。

 

ネイサンまだ旅の途上なのね。ちょっと涙腺崩壊気味です。

 

あなたの人生はまだまだこれから…

なんにでもなれる才能も可能性も大いに秘めてる素晴らしい人。だから企業もサポートしたくなるんだろうね。

 

寂しいけれど彼は今後、第一線で競技を続けることは無いのだろうとも感じました。

 

平昌からの4年間をずっとファンとして追いかけて来て今は心から満足しています。

貴方はやり切った!充分幸せをいただきました。

 

昌磨くんがアイスショーで新プロお披露目とか沸いているのを見て

もうネイサンの新プロにドキドキすることは無いんだな~とちょっと寂しくなったりします。

 

ネイサンは決して言わなかったけれど結構深刻な故障も抱えてたことも分かりました。

五輪後のルール改正もあるし、ここで一区切りでいいんじゃないでしょうか。

辞めるタイミングも大事だと思う。

 

ファンにも一区切りできる時間を与えてくれる推しってなかなかいないと思う。

良い思い出だけを持って推し活を一区切りできるってファンとしては幸せなことだと思うの。

 

でも大好きなモーツァルト・セレクションはどこかで披露してほしいと思います。

 

 

 

 

 

ちょっとだけどうでもいい独り言を…

 

 

 

久しぶりの雑誌購入でしたが税込み¥1980って…

お、ぉ高いな~ってちょっと引いた。

🙇ゴメンナサイ💦

 

最近はずっとネットで購入してたからあまり感じなかったのね。

店舗で購入するって大事だわ😅

 

 

その昔、ジャニヲタの端くれしてた当時は担当が載ってる雑誌は片っ端から購入してて気が付いたら雑誌タワーができてたっけ。

当時はドル誌がたくさんあったし単価も手ごろだった記憶が…。

2階の床が抜けるかと思ったこともあります😨

…買っただけで満足しちゃうのね。

 

遠征もせっせとしてて、その都度購入したグッズの数々。

ライブで取った銀テや担当のクリアファイルや団扇や貼る場所に困るポスターの束や…

新曲出るたびに全種購入したCD&DVD、ジャニショ写真の束etc…

売り上げに貢献することがファンの務めって本気で信じてました。

 

それでも冷める時って突然やって来るんです。

正確にはその少し前から少しづつ違和感を感じながらも必死で否定してたのよね。

 

冷めた時にそれらの雑誌タワー&グッズの山を見てため息ついたっけ😥😥

メルカリ出しても元担は売れるような人気者じゃなかったから殆どのものは粗大ゴミで捨てました。

唯一DVDは後輩に頼み込んで貰ってもらった。

 

自宅新築の際全て断捨離しましたけど、つぎ込んだ諭吉の数を数えて軽く眩暈を覚えたもんです。

まあその教訓もあって雑誌は厳選したものしか買わないようになりました。

 

海外選手のファンだったからグッズがないのは少しだけ寂しかったけど,今は無くてよかったと思っています。

グッズは無くても私にはエアウェーヴがある💖

 

最近のフィギュア誌は殆どあのお方が表紙だから手に取ることもないですが

購入単価がお高い分、かつての自分のように推しの表紙雑誌全買いしてたらファンの方々は大変だろうな~等と思った次第です。

 

「冷めた」あとの夢のあと😭😰

 

どうでもいい独り言で失礼しました。

 

<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

氷の上を走る太陽

ネイサンから投稿が💖

本当に良いお顔になりました。見とれてしまうがな😅😅

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Nathan Chen (@nathanwchen)

www.instagram.com私は、@starsoniceと一緒に全国のファンの前でスケートを楽しんでいます。

それは、私たちの安全を守るCOVID-19ワクチンのおかげです。ワクチンとブースターを探すには、vaccines.govにアクセスしてください。

 

既にアメリカは全く普通の生活に戻った感があります。

 

未だにワクチンに対していろんな考えがあると思いますが

ワクチン接種が最も有効なコロナ対策だと私も思っております。

 

 

前の記事を書きながらふと4年前にブックマークしておいたこの記事のことを思い出していました。

gendai.ismedia.jp

当時は同意半分、モヤモヤ半分だったけど…

改めて読み返してみたら結構深い🤗

 

チェンはときどき、公式練習ですべてのジャンプを省き、振付けやステップワーク、エッジワークに集中したランスルー(曲かけ通し練習)を見せる。そのときの彼の美しさときたら、もう、目が離せないほど。

そんなチェンはたとえば、ジャンプにそれほど集中せずに済むアイスショーなどでも見られる。昨年6月、ドリームオンアイスで来日した時も、彼だけが真のエンターティナーぶりを見せた。日本代表勢ぞろいのショーで、「ネイサンひとりに持っていかれたね」と言われるほど、彼だけがショーをショーとして滑ることができていたのだ。もし、ジャンプなしのプログラムで芸術性のみ競ったとしたら、現在のライバルたちの誰もネイサン・チェンにかなわないかもしれない。

4年前からネイサンの素晴らしさをちゃんと評価してくれてましたね。

 

(中略)

 

スポーツの究極を目指したい

しかしチェンは、まだ18歳。「彼がチャンピオンにならなくてほっとした……」と思いつつも、それでもチェンの挑戦、スポーツの究極をめざしたいという思いは、ほんとうに眩しい。

「僕はまだ、若い! 失敗するための時間は、たくさんあります。多種類の4回転を何度もやる能力だってある。大きなジャンプに挑戦するために、今はちょうどいい時期なんですよ。僕がもっと大人になったとき、自分の身体はどうなっているのか? 今と同じなのか? そう考えると、挑戦を後回しにすることは、賢い選択ではない。だから今は他の要素やスケーティングのために4回転を減らすことは、全く考えていないんです」(2016―2017シーズンのインタビューより)

平昌五輪での「4回転ジャンプ6本」という挑戦。自分の信じたもの、大好きなものに向かってひたすら進んだ価値ある挑戦であり、大きな達成だった。

彼の言うように、年齢的にも今だけの挑戦だっただろうし、五輪シーズン後のルール改正を考えると、もしかしたら時代的にも、4回転6本は史上最後の挑戦だったかもしれない。

だから期待したいのは、これからのネイサン・チェンだ。「跳びたい盛り」のやんちゃで男の子らしい意識は、きっと少しずつ変わっていくだろう。年齢を重ねた上での精神的な成熟は、芸術性への興味も高めてくれるかもしれない。

 

平昌から4年の歳月を経てネイサンは技術的にはもちろん、芸術性も兼ね備えた真の王者になりました。

平昌の失敗は決して無駄ではなかった。

 

壊滅的な敗北を経験し、そこから学ぶのだ。そして、その成功はより大きなものになる。

 

リーツンシンさんの言葉はその通りになりました。

 

 

 

 

中国ではネイサンの人気は今一つといわれていたのでこの記事はちょっと面白かったです。

 

中国語全く分かりませんので相変わらずの自分用備忘録的に機械翻訳してみました。

所々意味不明な個所はお許しください💦<(_ _)>

バレエとヒップホップ、ロケット団の光年先取り

パパダキスや西沢のように、複雑な物語や感情をダンスという身体だけで抽象的に語るには、高度な振付が必要です。

オリンピック男子シングルで優勝したアメリカのネイサン・チェンは、1976年のインスブルック冬季オリンピックで優勝したイギリスのアイスキング、ジョン・カリーを彷彿とさせる深いバレエのルーツを持っています。

カリーは、バレエの美学をスケーティングに取り入れた最初の男子オリンピックチャンピオンであり、それから約半世紀後、バレエ少年は再びオリンピックの氷上に戴冠したのである。

優雅な頭の位置、手の位置から指先まで、足のラインは腰から開き、膝を伸ばし、つま先まで伸びています。

細部へのこだわりは、長年の確かな訓練から生まれたものです。 チェン・ウェイのテクニックは、バレエに要求される正確さに沿って、クリーンで正確であり、純粋なフォームと純粋な秩序の美しさを反映しています。

彼のシンプルで抑制されたスタイルは、自然であり、すべての音に体のイントネーションがマッチしています。

この21世紀のアイスバレエ少年のスタイルは、ちょうどモダンバレエがツァーリズム時代から抽象的なバランシンから名人芸のウィリアム・フォーサイスへと進歩したように、古典的要素の応用を超越したものである。 フォーサイス

 

アズナブールのフランスのシャンソンラ・ボエーム」を演奏した短いプログラムは、氷の刃がアンバランスとバランスの間を走り、俊敏で軽く複雑なステップ、氷と地球の重力の滑らかな摩擦係数を無視するかのように自由に波打つ激しい上体の動きなど、段階的なステップシーケンスで締めくくられた。 その見事な足さばきで、BBCの解説者であるイギリスのオリンピック・チャンピオン、ロビン・カズンズは満点をつけた。

BBCの解説者ロビン・カズンズは、「氷上での不思議な能力」と賞賛した。

 

普段は常識的で冷静なチェン・ウェイが感情を爆発させ、高速回転で最高潮に達した後、両腕を大きく広げて無言で質問を投げかけ、ショーを締めくくったのです。

この曲は、他国のアーティストがモンマルトルに戻ってきた若かりし頃の思い出と悲しみを歌ったものです。 特に、冬季オリンピック後の北京の世界の激動の中で、このプログラムを振り返るのは、とても感慨深いものがあります。

この完璧な演技は、もちろん世界新記録を樹立し、史上最高の技術的難易度を見事にクリアしたのである。 チェン・ウェイは「四週跳び王」と呼ばれ、あらゆる難しいジャンプを、ニジンスキーなど歴史に残る優れた男性舞踏家のような跳躍力と優雅さでこなすことができたのです。

楽家のエルトン・キョン氏本人から、その長いプログラムを絶賛された。 ミュージシャン自身が絶賛したロングプログラム「ロケットマン」は、4週目のジャンプを5回跳ぶという一流の構成で、最も難しいジャンプの3つが音楽のアクセントとなる3拍子に正確に収まっているのが特徴である。

最近のオリンピックでは、チェン・ウェイは男子シングルで相手のミスなく勝つ数少ないスケーターであり、技術面だけでなく芸術面でも「光年差」があるのだ。

昨年の冬季オリンピックでは、激しく鋭い「春の祭典」に挑み、新境地を開拓する意思を示した。

ロケットマン」は、シルク・ドゥ・ソレイユの振付師サミュエル・シュイナールの協力のもと、モントリオールのアイスアカデミーが制作したものです。

Weiwei WangがデザインしたスポーティなNebula Tシャツは、氷上のヒップホップをユーモラスに表現しており、スケートの動きに宇宙の世界が追随する様は、彼の高度な技術のようで、官能的な輝きを放ちます。

明るい笑顔のチェン・ウェイは、まるで氷の上を走る太陽のようだ。

バロック宮廷のバレエ・ド・ラ・ニュイから、文明の中心にあるバレエは、21世紀の氷上の太陽王で、人種、階級、場所を超えて、実際に生きる時代へと移行し、未来を呼び起こすことができるのです。

 

ネイサンファンだけど語彙が貧弱でネイサンの素晴らしさを今一つ伝えられないもどかしさを感じていますが

ここまで絶賛されるとちょっと赤面しそうになります😅😅😅🥰

 

明るい笑顔のチェン・ウェイは、まるで氷の上を走る太陽のようだ。

 

 

https://twitter.com/9thanchen/status/1518861476307423235

 

まさに太陽のような笑顔です。💖💖