林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

ボヘミアン・ラプソディとプライド月間

金曜ロードショーで「ボヘミアン・ラプソディ」の放送があるというので見ました。

 

この映画、封切りされた時は劇場で3回見ました。

大画面の迫力とラストのライブエイドのシーン、

そしてエンドロールの実際のクイーンの映像に圧倒されて自然に涙が出た記憶が…

 

こちらは実際のライブ・エイドの映像…本当に忠実に再現されてた😆😆


www.youtube.com

レディー・ガガさまの芸名の由来にもなった「Radio Ga Ga」

 

日本語吹き替え版もダイレクトに内容が伝わるから悪くないな~と思いつつ

やっぱり映画は字幕で見たい派です。

 

特別クイーンのファンだったわけではないけど

彼らの曲は(曲名は知らなくても)ほぼ聴いたことがありました。

その昔、ラジオの深夜放送で聴いてた記憶が蘇ります。

クイーンのこともフレディのことも改めてこの映画で知りました。

LGBTQのことも…

 

当時の同性愛者への偏見と差別は今とは比べ物にならないほど酷かった。

「ジョン・カリー氷上の王」の中でもそれは描かれていて

誰からも理解されない深い孤独を感じる映画でもありました。

 

マスコミに性的指向を問い詰められるシーンは

最近の大坂なおみさんの会見拒否の件が一瞬脳裏をよぎりました。

背景は全然違いますけど💦

 

クイーンは家族だ、というセリフがすごく沁みるのです。

最後まで脱退も解散もメンバーの入れ替えもなくずっとこの4人だったそうです。

 

Mika さんが早速こんなフレディを描いて下さってます。👏👏👏

https://twitter.com/nigaoe877/status/1400811358925459457

 可愛い。ほんとよく似てます(^^)v

 

 

6月はプライド月間💖

アメリカスケ連さんの公式ツイから

https://twitter.com/USFigureSkating/status/1399762680508911617

 

フィギュアスケート界のLGBTQ+コミュニティには語るべき物語があり、

まだ書くべき章がたくさんあります。

本日は、プライド月間の初日を記念して、逆境にあっても誇りを持って立ち向かい、最も真正な自分を輝かせた過去と現在のLGBTQ+スケーターに敬意を表します。

あなたの勇気と、後世の人々のために切り開いてくれた道に感謝します。

 

アダム、本当に魅力的で素敵な人💖

f:id:marosakura:20210605032555p:plain

https://twitter.com/twilightnemesis/status/1400759583577100291

 

 

アイスダンスのパパシゼ組が大好きでずっと二人のインスタフォローしてて

昨年カミングアウトしてからの彼に密かに注目してきました。

www.lequipe.fr

シゼロンの切ないけど印象的な記事です。

機械翻訳ですが紹介します<(_ _)>

 

 ガブリエラ・パパダキスと共にアイスダンスの世界大会で4度の優勝を果たした彼は、同性愛者であることを自覚する前の少年時代に経験したトラウマ的な瞬間に立ち返るために、感動的な文章を書きました。

 

 "自分が変わったように感じた"
"Are you a girl or a boy? "子供の頃、同級生によく聞かれました。そうすると、たいてい他の学生から笑いものにされたり、馬鹿にされたりする。

私は女の子だったのか、男の子だったのか。その質問は、私にとってそれほど不自然なものではなかった。

幼い頃、自分のアイデンティティジェンダーに疑問を感じていたことを覚えています。母に向かって「お母さん、私は女の子なの、それとも男の子なの」と言ったことをはっきりと覚えています。"


もちろん、私はまだ自分の質問を理解したり、言葉にしたりすることはできませんでしたが、「自分は違う」という感覚を持っていました。

他の少年たちとは違う。間違った体で生まれてきたことが怖くて、長い間、ゲイである可能性があることを知らず、ただ自分に何か問題があると思っていました。

固定観念を助長したくはありませんが、私は昔から人形や衣装、メイクで遊ぶ方が好きでした。私はすぐに、男の子はバービーを遊ぶべきではないと気づきました。だからやめた。私はベッドに座って、2人の姉が人形を着せるのを見ていました。

 

小学校では、一人でいることが非常に多く、男子と一緒にサッカーをしたくなかったし、女友達は女子と一緒にいたいと思う日もありました。

女の子でも男の子でもない、その中間の存在である私は、隅っこに座って休み時間の終わりのベルが鳴るのを必死に待っていました。

中学生の頃は、休み時間になるとトイレにこもって、迫害されないように、また一人でいることが恥ずかしくないように隠れていました。私は非常にシャイでひどく繊細な少年だったので、侮辱されてもほとんど反応しませんでした。

ホモ、オカマ、クィア、などなど。侮辱は私の日常生活のリズムであり、すぐに私の思考の背景にある不健康な小さなメロディーになりました。依存症はいじめの悪癖で、暴力に慣れてしまい、それが普通になってしまう。そして、多くの場合、「自分はそれに値する」と信じてしまいます。

私のように、「自分には価値がない」と信じ込まされてきた者は、他人によって形成された自分のバージョンと常に戦わなければならない。

 

今でも、恥ずかしさや不興を買うことを恐れて、自分の行動やモノマネ、言葉を抑えてしまうことがあります。私は数年前から、隠していた、埋めていた、抑圧していた自分の部分を再発見し、受け入れるという内的作業をしようとしています。

人間は誰でも、好むと好まざるとにかかわらず、自分の中に男らしさと女らしさの一部を持っています。個人的には、人生においても氷上においても、その両方を育み、祝福しています。この2つのエネルギーは非常に相補的で、氷上で踊る役柄に応じて、どちらか一方のエネルギーを引き出すことを楽しんでいます。


なぜ今日はこの話をしているのか、と思われるかもしれません。数ヶ月前からこの問題について瞑想していたのですが、周りの何人かの人と話した結果、もし私の言葉が一人でも多くの人が自分自身をより良く愛し、受け入れるのを助ける力があるのなら、それは話す価値があることだと思いました。

今日、寛容への道は大きく前進しましたが、戦いは終わっていません。私が沈黙することは、目的のためにならず、立場を取るというよりも、無関心と同義であると考えています。

本当の意味での寛容さとは、異性愛者が自分の指向を明らかにする必要がないように、クローゼットの中から出てくる必要がないことだと思っているのに。

 

理想的な世界では、誰もが自分の性的・恋愛的魅力を正当化する必要はありません。

私が大切に思っている人に言われた言葉ですが、「あなたは愛されるべき存在だ。単にあなたが存在するからです。"男性、女性、どちらでもない人、男性に惹かれる人、女性に惹かれる人、両方に惹かれる人など、すべての人が愛と尊厳を受ける資格があります。

私たちはただ、自分たちにふさわしい敬意と愛と権利をもって、放っておいてもらいたいのです。しかし、そのような世界が存在するまでは、私の言葉に自分を認めてくれる人には、「自分は一人ではない」ということを知ってほしいと思います。

私たちがどのように扱われたかによって、私たちがどのような人間になるのか、どのような成功を収めるのかが決まるわけではありません。

尊厳を保ち、内なる豊かさを育むことが鍵です。

 

ギョーム・シゼロン

 

 

現実には差別も偏見もなかなか無くならないけれど

 

それでも少しづつ社会の固定化された概念がアップデートしていけたら

みんなが生き易い世界に変わっていけるのだろうか?

そうなって欲しいと願う🤗

 

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CPnn1SgD30J/

 

来シーズンのパパシゼ組に注目です💖

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村