林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

備忘録的ネイサン情報と配信チケット発売

ずっとPC開く時間もなくブログもご無沙汰しておりました。

とりあえず生きてます(笑)

 

 

またまた自分用に備忘録的機械翻訳ネイサン情報貼り付けです。

<(_ _)>

https://twitter.com/TeamUSA/status/1445829795497984002

北京での活躍が期待されるネイサン・チェンは、「一歩一歩進んでいく」。

オリンピックシーズンに向けて、ネイサン・チェンはスケートバッグの中のすべてのカードを握っているようだ。

平昌冬季オリンピック2018以降無敗で、5度の米国チャンピオンは11大会連続で勝利しています。勝利は接戦ではなく、今年の初めには、29ポイント以上の差をつけて3年連続の世界タイトルを獲得しました。2019年12月のグランプリファイナルで獲得した335.30点は、今でも記録的な総得点です。

チェンの鎧に唯一の最近の亀裂が入ったのは、今年3月にストックホルムで開催された2021年世界フィギュアスケート選手権ショートプログラムで、4回転ルッツジャンプで転倒し、2度のオリンピックチャンピオンである羽生結弦選手(日本)に8点以上の差をつけられて3位になったときでした。

この転倒は、彼にとって2年以上ぶりの出来事でした。

チェン選手は翌日のフリーで、ルッツを含む5つの4回転ジャンプを成功させました。

チェン選手は、ショートプログラム終了後、記者団に「ミスをしたことで、『もう1位を狙える状態ではないのではないか』という安堵感に近いものを感じました」と語りました。

「だから、『長いプログラムの中でベストを尽くして、何が起こっても大丈夫』という気持ちでいました。それがストレスを解消してくれました」。

1984年のオリンピックチャンピオンであるスコット・ハミルトンは、22歳のスケーターにとってこの演技がターニングポイントになったと指摘しています。

「あのショートのジャンプを失敗したことで、火がついてしまったんだ」とハミルトンは言う。「ネイサンの頭の良さと技術力を知れば、彼は勝つために何をすべきかを正確に理解している。彼はそのような成熟したレベルに達しています」。

ハミルトン氏によると、チェンの技術的なレパートリー(競技会では5種類の4回転ジャンプを成功させている)は、トップレベルの振り付けとパフォーマンスの質と相まって、他の選手とは一線を画しています。

「これだけの差をつけて勝っているのだから、他の選手はどうやって彼に勝つのだろうか」。とハミルトンは言います。

「8月にテネシー州ナッシュビルで開催されたU.S. Figure SkatingのChamps Campで彼を見ました。彼はとてもリラックスしていて、几帳面に取り組んでいます。1988年のオリンピックチャンピオンであるブライアン・ボイタノが3回転をするのと同じように、彼が4回転をするのには何の努力も必要ありません。彼にとって4回転は超人的な技ではないのです。

「それに加えて、彼の完璧に近い構成要素のスコアがあれば、ネイサンは大会に参加して、台所の流しを使って何でも試してみるのではなく、戦略的に行動することができるのです」。

オリンピックで金メダルを獲得した最後のアメリカ人男性、エバン・ライサチェクは、チェンの最大の強みは一貫性と炎の中での冷静さだと評価しています。

2010年のオリンピックチャンピオンは、「(北京では)クリーンなフリースケートが勝利につながる」と語りました。2010年のオリンピックチャンピオンは、「(北京では)きれいなフリーが勝つでしょう。3本のクワッドでも、5本のクワッドでも、6本のクワッドでも、クリーンに滑る人が勝つでしょう。

そしてライサチェクは、チェンがクリーンなプログラムを組むのに最適なポジションにいると言います。

「特に(2021年の)世界選手権のフリーでは、4回転だけでなく、4回転も完璧でしたからね」とライサチェク。"ボブルもなければ、バランスチェックもなかった。迷いがなかった。...それが彼を際立たせています。多くの人が4回転の着地をしますが、1つ落ちるか、もう1つ当たるか、一生懸命頑張るかのどれかです」。

現在、ロサンゼルスを拠点とする不動産開発業者であるライサチェクは、チェンのホームリンクであるカリフォルニア州アーバインのグレート・パーク・アイスで、ラファエル・アルトゥニアンの下でトレーニングをしているチェンと時々練習をする中で、チェンを知るようになりました。

「彼は自分のスタイルを持っていると思います」とライサチェクは言います。

「彼の動きには、もちろんクラシックバレエの基礎があり、その教育を受けているからですが、そこに彼なりの2021年のZ世代の要素が加わっています。...私は、彼はますます競争相手から距離を置くようになるだろうと直感しています」。

しかし、氷は滑りやすく、チェンは北京オリンピックでの金メダルを確信するにはほど遠い。

ソルトレークシティー出身のチェンは、18歳で2018年大会に優勝候補として出場しましたが、ショートプログラムを滑って17位という悲惨な結果に終わりました。フリーで優勝しても表彰台に上がることはできず、5位に終わりました(チェン選手はチームメイトと一緒に団体戦で銅メダルを獲得しました)。

その17位のショートプログラムは、3年以上もチェンを苦しめている。

「連勝はとてもうれしいことですが、今大会でも次の大会でも、その次の大会でも、必ず終わりがきます。「しかし、この大会であろうと、次の大会であろうと、その次の大会であろうと、必ず終わります。彼らは常に強くなっています。特にオリンピックシーズンに向けて、彼らはさらに強くなっていくでしょう」。

イェール大学の新3年生であるチェンは、オリンピックの準備に専念するために休暇を取っています。彼はいくつかのインタビューで、2022-23年度にイェール大学に戻る予定だと語っています。

ハミルトンは、4年間の経験が、北京オリンピックでの陳選手の2度目の落胆を防いでくれると信じています。実際、彼は平昌の記憶がこのスケーターの助けになると考えています。

「彼は(平昌では)調子が悪かった。練習を見ていたが、自分のゲームをしていなかった。彼は(平昌では)調子が悪かった。「そして、彼がフリーで優勝した後、彼に『何が変わった?と聞くと、彼は『そうだな、俺はもうダメだと思ったから、どうでもいいやと思ったんだ。ただ滑るだけなんだ」と言っていました。

そして今、彼はその姿勢を大会全体に持ち込むことができると思うんです。彼は自分の実力を知っているのですから」。

f:id:marosakura:20211016021148p:plain

落とし穴は、メディアです。

「3年間負けていないのに、金メダルでないと負けたことにされてしまうこの大会に参加する気分はどうですか』という質問を受けるでしょう」とハミルトンは言います。

「そのようなことを考えても、良い競争をするためには何の役にも立ちません。負けるためには何が必要かというミクロな分析になってしまうんだ。...ネイサンは、特に北京に着いてからは、できる限りメディアを避けるべきです」。

チェンもそう思っているようだ。直近の大会である大阪でのワールドチームトロフィーから半年間、彼は比較的目立たないようにしており、インタビューにはほとんど応じず、ソーシャルメディアへの投稿も控えめにしています。

先月は例外的に、カリフォルニア州コスタメサのジュエリーブティックで、デビッド・ユルマン社と共同で制作したシルバーとオニキスのブレスレットを発表しました。

このブレスレットは、2021年9月15日から2022年2月28日までの期間、購入金額の20%がGold Houseに寄付されます。Gold Houseは、アジアのクリエイティブな声とリーダーが集まった非営利団体で、本物の多文化表現と社会的公平性のために団結して活動しています。

ゴールドハウスは、アジア系アメリカ人に対する暴力と闘うための組織への資金提供などを行っています。1988年に中国からアメリカに移住した両親を持つチェンは、COVID-19の大流行に伴い、アジア系コミュニティに対する暴力が増加していることを訴えています。

「昨シーズンのワールドワイドでの記者会見では、「アメリカのアジア系アメリカ人に対する憎しみや暴力の多さにはうんざりしています。「アジア系アメリカ人として見るのは本当につらいことです」。

チェン選手は、羽生選手と同様、今シーズンはまだ出場していません。

彼の最初の大会は、10月22日から24日までラスベガスで開催される「スケート・アメリカ」で、2018年オリンピック銀メダリストの宇野昌磨選手(日本)や、全米選手権でチェン選手に3回も2位になっているヴィンセント・ズー選手との厳しい戦いが予想されます。

その1週間後には、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーで開催される「スケート・カナダ」に向かいますが、ここには2015年全米チャンピオンのジェイソン・ブラウンも出場します。

チェン選手が羽生選手や日本の新星である世界銀メダリストの鍵山優馬選手に対して最初の試練を与えるのは、12月9日から12日に大阪で開催されるグランプリファイナルである可能性があります。

1月初旬には、全米タイトル6連覇の最有力候補となるでしょう。そして、昨シーズン、彼が記者に語ったように、彼は何も当たり前のことをしていません。

「そして、昨シーズンの記者会見で語っていたように、彼は何も当たり前のことをしていません。「すべての大会は異なり、すべての大会は挑戦的で、すべてのアスリートにそれぞれの挑戦があります。"私は一歩一歩進んでいくことにワクワクしています。何事も、一口で物事を大きく捉えようとすると、少しずつ窒息していくことになると思います。"

 

久しぶりの動いているネイサン…尊い💖

https://twitter.com/PanasonicNA/status/1448310063823785987

ネイサン・チェンの動き

f:id:marosakura:20211016022143p:plain

オリンピックの銅メダリストであり、3度の世界チャンピオンであることからもわかるように、フィギュアスケートはネイサン・チェンにとって最大の情熱である。

しかし、彼のアイデンティティは、アスリートであること以上のものです。

イェール大学の学生である彼は、教育の公平性について深く考えています。

 教育を身近で魅力的なものにしようとするパナソニックの取り組みには、いつも感心させられます。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Panasonic North America (@panasonic)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CU-VEUgBNRd/

@nathanwchenが最も情熱を傾けているのはフィギュアスケートです。

しかし、彼のアイデンティティは、アスリートであること以上のものです。

 

https://twitter.com/NBCLA/status/1448729726558871555

 

ということでいよいよスケアメ開幕迫ってまいりました。

意識的にメディアを避けているように見えるネイサン。

必要以上にナーバスになっていないか心配しないでもないですが…

たぶんネイサンなら大丈夫と信じるしかない。

 

で、テレ朝さん。

地上波ゴールデンは世界体操なんですね😓

東京五輪の盛り上がりもあったしまぁ仕方ないかな。

 

https://twitter.com/tv_asahi_douga/status/1448921761400037385

 

www.tv-asahi.co.jp

全配信セットチケット代が¥6,400ってお安いのかお高いのかもわからない。

でもチケット買わなきゃ見れないなら買うしかないか…

 

特典映像とアーカイブがあるみたいなのでリアタイできなくてもちょっと安心。

特典映像ってもしかして特定某選手の密着舞台裏特集だったりしてね😂💦

あまり期待はしてませんが…。

 

スケアメが行われている頃は我が家の引っ越しも佳境に至っている頃でもあります。

ネイサンが元気で演技できることだけをそっと祈りながらその時を待ちたいと思います。

 

 

 

それにしてもスポーツはお金を出して配信で見る時代になってきてるようです。

dot.asahi.com

変な煽り動画やCMが入らず全選手の演技を見ることができるのはありがたいですが

フィギュアの存在がどんどん薄れてしまいそうで寂しい限りです。

 

スケートよりずっとメジャーなサッカーや野球ですら配信メインになる時代なら

致し方ないのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村