林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

ネイサンタに癒されてます。少しだけ私事…

いよいよ全日本選手権始まってます。

…といっても殆ど追えていません💦

 

少しプラベがザワついてて

ゆっくりSNSを追いかける時間も余裕も無くなっています。

 

年末になって辛いニュースが続いてて心身ともに病んでいます。

自分じゃなくて家人ですけど😭😭

 

いろいろあってブログ書く時間が取れない。

と言ってもブログ書くのは自分の気持ちの拠り所だったしネイサンを追いかけて応援するのもコロナ禍の自分の楽しみでもありました。

 

今はそれができない状態にあります(泣)

 

 

 

こんなネイサンを見ると思わず笑顔になって来る。ネイサンタ🤗🤗

メンタルが疲れている時は笑顔が一番です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Worlds Best Blades (@johnwilsonblades)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CXy2BV3te1D/

f:id:marosakura:20211223234252p:plain

 

2019年はこんなネイサンタでした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Worlds Best Blades (@johnwilsonblades)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/B6gaCUdJAjO/

 

そしてやっぱり演技するネイサン💖美しい…


www.youtube.com

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Sachi (@sachiko_n_satsuki)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CXwH-U3JYPQ/

どの瞬間を切り取っても美しい…

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Sachi (@sachiko_n_satsuki)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CXv0ECKpj7h/

ネイサンの真面目で真摯な姿勢が好きです。

全米では悔いのない演技で確実に出場権を勝ち取ってほしい。

 

 

このツイ見て思わず笑ってしまいました。

https://twitter.com/NathanChenJP/status/1473116578443317248

テネシー州の地図

確かに間違ってはいないと思われますが…

画伯の画力が😂😂💦

 

辛い時は意識的に笑うのもいいみたいです。

 

olympics.nbcsports.com

ネイサン・チェン選手が2022年全米選手権で2019-20年プログラムを滑る可能性が高い。

3度の世界チャンピオンに輝いたネイサン・チェンは、キャリアベストスコアを出したプログラムに戻ってきた。

それは、コビドパンデミックの発症により2020年のモントリオール世界選手権が中止となり、早々に終了した2019-20シーズンにチェンが使用した、シャルル・アズナブール版「ラ・ボエーム」のショートプログラムエルトン・ジョンメドレーのフリースケートである。

2019年のグランプリファイナルで、チェンはアズナブールへのショートプログラムで自己ベストの110.38点を獲得した。その大会でのエルトン・ジョンのフリーで、チェンは世界最高得点の224.92点を出し、合計335.30点の世界最高得点を記録した。

チェン選手は、2週間前の今シーズンのグランプリファイナルで初めて競技として復活する予定でしたが、新しいコビドバリエーションに関連する合併症のためにキャンセルされました。つまり今の復活は、1月8日から始まる男子でチェンが6連覇を狙う2022年全米選手権で実現する可能性が高い。

月曜日のメディア向けZoomコールで、2019-20年のプログラムを全米大会で使うかどうか尋ねられたチェンは、「ええ、たぶん」とおどけた。"さらにシーズン中に、まだTBD(to be determined)です。"と付け加えた。

 

彼は今シーズンのプログラムに馴染んでいないようで、それぞれのプログラムは切り貼り感があり、それに対するチェンの演技は、2018年のオリンピック以来初めて敗れたスケート・アメリカでの3位と、スケート・カナダでの目立たないながらも楽勝という、彼の基準からすると圧倒的なものだったのだ。

 ベンジャミン・クレメンティンの音楽に合わせたこのショートは、彼のスケートのレパートリーに新しく加わった音楽である「Eternity」の最後に、2018年の代表的なプログラム「Nemesis」の一部をくっつけたものだった。

フリースケートは、すべてが初めてのモーツァルト・メドレーだったが、モーツァルト版「レクイエム」の哀愁漂うラクリモーサ部分から、ヒップホップのApasheリミックスに切り替えるという、耳障りなセグエで終了した。

どちらのプログラムも、このオリンピック・シーズンでチェンと彼のチームが期待していたような共鳴は得られなかった。

"ただ、つながり "です」と、チェン氏は変更した理由を語った。

「プログラムを行うたびに、それが理にかなっているかどうか、正しいかどうかがわかります。今回のプログラムは、少しずれているように感じました。今後、違和感を感じないとは言いませんが、もっと親しみを感じるプログラムが他にあるんです」。

 2020 U.S. Figure Skating Championships - Day 7

エルトン・ジョンのプログラムの最後の30秒には、ヒップホップも入っています。これは、アイスダンスコーチのマリー=フランス・デュブルイユと、モントリオールの有名なアイスアカデミーで彼女の協力者だったサミュエル・シュイナールが振り付けをしたものです。

ラ・ボエーム」は、アイスダンスの世界チャンピオンであるシェイ・リン・ボーン氏が振付を担当しました。また、今シーズン初めにチェン選手が使用したプログラムと、代表的な「ネメシス」プログラム、そして昨シーズン3連覇を達成したプログラムも彼女が手がけています。

チェン選手のシニア国際大会での6シーズンにおいて、古いプログラムを全て再利用するのは今回が初めてです。また、旧プログラムの一部を再利用するのは、今シーズンの前作ショートプログラムが初めてとなります。

「コーチと振付師と私は、何か新しいもの、違うもの、自分が楽しいと感じるものが必要で、同時に、自分が純粋に心地よいと感じるものでなければならないと合意しました」と、スケートアメリカの前にチェン選手は私に話してくれました。

「経験もないのに、全く違うことをするのは、必ずしもリスクに見合うものではありません。

ラ・ボエーム」は、チェン選手のコーチであるラファエル・アルトゥニアン氏にとっても、アルメニア系の血を引く彼とアズナブール選手にとって、特別な響きを持つプログラムだそうです。

"2019-2020年のプログラムがとても気に入っています "とチェンさんは言います。"私は世界選手権でそれらを競う機会がありませんでした。"

 

過去11回の冬季オリンピックフィギュアスケートを取材してきたフィリップ・ハーシュは、NBCSports.com/figure-skatingの特別寄稿者である。

 

ネイサンがプログラムを持ち越すのって本当に珍しいけど

せっかくのお気に入りプロの完成形が世界選手権の中止で披露できなかったことも心残りだったから賢明な判断なのかもしれません。

 

モーツアルト・セレクションはまた別の機会に完成形を見てみたい。

https://twitter.com/AnythingGOE/status/1473100767171170305

ネイサン・チェン「僕の将来はまだ決まっていなくて、このままでいいのか、そうでないのか、とても迷っています。8月に学校に戻るのが楽しみです。

今、この瞬間も、自分がやっていることを楽しんでいます。

 

まだまだネイサンのスケートを見ていたいから

モーツアルトは来シーズンのプロに持ち越してくれても全然かまわないのよ~💖

 

 

 

☆☆☆☆

 

 

【林檎のひとりごと】

 

もともと不定期更新だった当ブログです。

期間限定で北京五輪までネイサンを応援するつもりでランキングに参加してきましたが

冒頭で少し触れた通りで定期的な更新をしていくことが難しくなっています。

 

どうしても順位とか他ブログ記事の内容とか気にしちゃいますから…

 

 

 

本来の気まぐれ更新に戻してひっそり自分のペースで

メンタル守ってblogは続けていこうと思います。

 

ということで今年いっぱいでブログ村からは退会いたします。

 

<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 

1年間応援ありがとうございました。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村