林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

全米選手権男子SP・ネイサン見事な首位発進

全米選手権男子SP始まりました。

リアルタイムでは追えてませんでしたが契約したばかりのJスポ4で録画で見ました。

最後の方ちょっとだけ放送見ましたが…凄かった神大会⛸⛸

 

ネイサン素晴らしい演技で1位発進おめでとうございます。


www.youtube.com


www.youtube.com

https://twitter.com/USFigureSkating/status/1479948787648847872

f:id:marosakura:20220110003945p:plain

上位4人が100点越えって凄すぎます。

爆盛り大会っていう方がたが居られるけど決してそんなことは無かったと思います。

 

むしろ全日本優勝某選手の方が謎の爆盛り採点だったと思いますけど…小声😂

某選手と基礎点で4点以上の差があるネイサンの方が難易度の高いことをしてるわけですからこの点数は当然だと思われます。

むしろGOE辛口なんじゃない⁇

 

と、少し毒を吐いてみる…<(_ _)>

 

 

気持ちを切り替えて

 

どの選手もミスのない素晴らしい演技でした。

見ている方がドキドキしてくる緊張感←見てる方が緊張してどーする💦

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CYfLGHKBQmY/

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CYfNY0shhsq/

「自分に集中するだけ」

いつものネイサンですね。うん通常運転だ💖

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CYfM5PkhevR/

 

https://twitter.com/NathanChenJP/status/1479952062054305792

画像

画像

フィギュアスケートは本質的に凄くアスレチックです」

「芸術性もとてもアスレチック。芸術面と運動能力の両面のバランスをうまくとるにはどうすればよいか。それに向けて頑張り努力する」

 

ネイサンの演技を見ているとこの二つの面が見事に融合していると思う。

 

数時間後に始まるFSに向けて切り替えて自分に集中してほしいと思います。

あと少し、コロナにだけは気をつけてほしい🙏🙏

 

 

 

☆☆☆☆

 

 

今回一気に成長したのがマリニンくん💖

 

過去記事でも少し取り上げています。

marosakura.hatenadiary.jp

 

マリニンくんのインスタ💖

↓↓↓

https://www.instagram.com/quadg0d/

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Joosep Martinson (@jmfotoz)

www.instagram.com

https://www.instagram.com/p/CS3uSESI4y_/

 

https://twitter.com/USFigureSkating/status/1479850151648890890

いつものように自分用機械翻訳で紹介します<(_ _)>

イリア・マリーニンは、男子スケートではまだ見たことのないようなジャンプの組み合わせに挑戦している。

彼のInstagramには、3回転-4回転ジャンプのコンビネーションに挑戦する17歳の動画が自慢で、最終的には4回転-4回転を目指したいと語っている。

衝撃的なことに、それはタイプミスではない。

"多くの人がそれを見ている。4回転とのコンボや、できるとは思えないようなジャンプに挑戦してきた」と、Instagramのハンドルネームがquadg0dのマリニンは言う。

"多くの人が、私のプログラムにそれらを置くつもりなのかどうか私に尋ねてきました。最終的には、たぶん、そうします。"

しかし、Malininは、彼のInstagramのコンボは、当分の間、練習リンクにとどまるだろうと説明した。

彼が行ったトリプル-クワッドのコンボは、基本的にクワッド-トリプルと同じ基本値を持っており、その方が簡単に実行できると考えているという。

 これらのジャンプは、どこからともなくひらめいたと、マリニンは言う。

「ある日、エネルギーが有り余っているような気がして、何かやってみようという気になったんだ」と、彼が挑戦したトリプルルッツと4回転ループの組み合わせについて話してくれました。「と、3回転ルッツと4回転ループのコンビネーションに挑戦したことを語った。また、将来的には、4回転トウ-4回転トウのコンビネーションに挑戦する可能性もあると話していました。

マリニンは、母親と一緒にコーチをしている父親とハーネスで練習しているときに、初めて4回転の感覚を覚えた。

現在ではハーネスを使用することはほとんどなくなりましたが、このジャンプの練習ビデオを投稿し、フィードバックを楽しんでいます。

「多くの人が、僕が超簡単に見えると言ってくれているんだ。「YouTubeで見た、私のプログラムについてのコメントを覚えています。ある番組についてYouTubeで見たコメントを思い出すと、『スピンや振り付けを改善したらもっと良くなるのに』と言っている人がいたんです。だから、それらを改善するために本当に努力してきたんだ"。

コーチング三人組の最後のメンバーであるラファエル・アルトゥニアンが、自分のソーシャル投稿のコメント欄を読んでいることに気づいているかという質問には、彼は笑いました。

「まあ、よくわからないんですけどね」と、マリニンは認めた。「ラフが僕のことを応援してくれているのは間違いない。彼は、私がこのスポーツでどこかに行くことを本当に望んでいる。彼は僕を助けるためにベストを尽くしてくれていると思うんだ。

 

余談:かつてのアルチュニアの教え子である2018年オリンピック選手のアダム・リッポンが、マリニンの最新動画のひとつに「これは正気じゃないから笑うよ!!!」とコメントしています。あなたは狂っている。"

マリニンは、1月の全米選手権を前に、カリフォルニアのアルトゥニアンを訪れ、ジャンプや振り付けの微調整に時間を費やす予定です。

フリップとトウループを習得するために、アルトゥニアン選手の指導を受けたというマリニン選手。

2022年のトヨタ米国フィギュアスケート選手権は、米国が2022年の米国オリンピックチームに選手を推薦する前の最終イベントとして機能しています。

マリニンは、四神としての誇示に応えること、そしてより重要なのは、クリーンなスケーティングと確かな作品群を披露することを望んでいます。

"僕はこれ以上四回転を増やそうとは思っていないんだ。"ただ、クリーンなスケーティングをすることで、本当に良い結果を出し、もしかしたら、オリンピックに行けるかもしれない。" "どの試合でも、できる限り最高のスケーティングをするために、一生懸命にならなければならないと思う。

今シーズンの彼の活躍には、ジュニアグランプリでの2つの金メダルと、最終的に中止となった12月初旬のジュニアグランプリファイナルへの出場権獲得が大きく貢献しています。また、オーストリアで開催されたシニアのチャレンジャー・シリーズでは銅メダルを獲得している。そして昨シーズン、シニアデビュー戦となった2020年ギャランティードレート・スケートアメリカで5位入賞を果たした。国内レベルでは、2019年初級銅メダル、2017年中級チャンピオンとなった。

マリニンの両親は、2022年のオリンピックに行くことにあまりプレッシャーをかけていないそうだが、次の冬季オリンピックを「間違いなく」目標にしているそうだ。彼の両親であるタチアナ・マリニナとローマン・スコルニアコフは、ウズベキスタンフィギュアスケート選手として、それぞれ2回のオリンピックに出場しているのである。

彼と彼の家族が国際的な米国代表となることを決断する前に、マリニンはいくつかの選択肢を検討したという。

両親がウズベキスタン代表だったので、それも選択肢のひとつでしたが、経済的にはかなり自立した努力になったでしょう、と彼は説明します。

また、両親がロシア出身ということもあり、ロシア代表という選択肢もありましたが、ロシアは現在、男子のフィールドで才能ある選手がひしめいています。

最終的にアメリカ代表になったのは、「ぴったりだったから」とバージニア州生まれのマリニンは言う。

オリンピックを目前に控えた今シーズンは、マリニンにとって、より可能性を感じるシーズンとなっている。

今年のトレーニングは、他のシーズンと比べて「違いがある」という。「でも、オリンピックに出られるかどうかということに集中することが一番大事だと思うんです」。

3月にフランスのモンペリエで開催される大会の世界代表に選ばれる可能性もあり、これも大きな成果となるだろうとマリニンは語っている。

しかし、オリンピックの可能性については、「今年こそは絶対に成功させたい。できるような気がするんだ。

ファンは、今週ナッシュビルで行われる試合をNBCとUSAで、またPeacock Premiumでライブとオンデマンドで見ることができます。また、2022年トヨタ米国フィギュアスケートのバーチャルファンエクスペリエンスでは、大会の舞台裏を見ることができます。

 

ご両親がウズベキスタン代表の元フィギュア選手。

ラファの指導も受けてる逸材ですね。

暫く見ないうちにすっかり大人びて魅力的な選手に成長してきました。

 

日本ではゆまちさんたちと同年代ですね。

これは強力なライバル出現です…

 

FPの出来によっては米国の3枠目、とれちゃう??

 

 

北京五輪は某選手とネイサンの一騎打ち!

なんて浮かれたことを言ってると足元をすくわれそうですよ~。

 

 


 追記

 

https://twitter.com/tsukianul/status/1480218882774343684

おぉ~~

カラフル・ネイサンの登場🤣🤣🤣😍😍😍⛸⛸⛸🙏🙏🙏

 

これは眠れない💦