林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

それぞれの道

2023世界フィギュアのスケジュール&チケット情報が出ています。

wfc2023.jp

ネイサンが出ることのない試合…😥

見に行くことは多分ないかな~

 

ちょっと寂しくもありますが今回はゆる~くお茶の間観戦しようと思っとります。

 

 

2019年のあの現地で見た光景はちょっと忘れられないトラウマです。

あれから4年経っちゃうんですね。


www.youtube.com

 

当時の過去記事です…お目汚しでスミマセン<(_ _)>

marosakura.hatenadiary.jp

marosakura.hatenadiary.jp

 

あの時感じた怒りの感情は私の中でずっと北京までくすぶっていました。

アスリートならなぜあんな風に次に控える演技者の妨害になるような行為を笑って見ていられるんだろうか…とか

勝者であるネイサンの隣で「五輪勝者こそが真の勝者」みたいなことが言えるんだろうか?…とか

 

決定的にあの方に対して負の感情を持ったのがさいたまだった気がします。

 

以来、自分のメンタルを守る意味でもあの方に関する情報はできる限りスルーして目に触れないようにしてきました。

それでも洪水のように押し寄せてくるネット記事は嫌でも目に入ってしまうし、つい覗きに行って「見なきゃよかった」って後悔させられたこともしばしばありました。

 

先日のTHE ICE放送の中であの方の引退を選手にインタしているところがねじ込まれてた件や、テレ東さんのツイの件も…

絶対に安心して見ていられる(と思ってた)場所で見たくないものを無理やり見せられた不快感だったんだろうと思います。

 

ちょっと毒吐きたくなりましたけど、

ネイサンのコメント聞いていたら浄化されました。

 

あの方曰く「五輪勝者こそが真の勝者(王者)」であるならば真の王者はネイサンですものね。

 

でも真の王者は誰か?なんてことにネイサンは全く拘ってないと思う。

五輪で勝ったことも既に過去のこととして着々と次のステップに進んでいるんだもの

ファンは乗り遅れないようについて行かないとね。

 

私はスケートをしてる氷上のネイサンが大好きだから

大学に戻って陸で活躍してるネイサンはあまり熱心には追いかけないと思われます。

 

生存確認程度には見ると思うけど(笑)…ゴメンナサイ🙇💦

 

 

 

 

話を戻して…あの方

羽生さんに対してある時期から凄く見方が変わってきました。

最近はちょっと普通の人とは違った個性を持った方なんだと思って見ています。

 

私個人の感じた見方ではありますが

彼はある特殊な気質を持った方なんだと思ってて、

そういう目線で彼の言動を見ていると一つ一つが凄く納得できるんです。

 

別に悪い意味で言っているのではなくて、そういう特性(気質)を持った方は人とは違った素晴らしい才能も持ち合わせていることが多い。

だからカリスマ的な人気を誇っているんだろうとも思います。

 

でも特殊な気質ゆえに人と違っていることで生き難そうだな~とも思うのです。

特に勝つことに非常にこだわりを持つ彼が勝敗の付かない世界へ行ってどう変化するのかな?…

関連商品の売り上げとか再生回数や登録者数とかチケットの売り上げとかの数字で争うんでしょうか?

 

今までの強い拘りを捨てるって大変だと思うけど人生は長いんだし

もっと肩の力を抜いてありのままの姿を晒していけたらもっと生き易くなるのにって思ってます。

 

 

 

以前からとても興味深く読ませていただいてるこちらのブログさま

天高く泳ぐ鯉。

 

私は語彙が貧弱なので詳細まで上手く書けないのですが

羽生さんの事が全て的確に描かれています。

 

しかもすごく優しい目線で…

blog.livedoor.jp

 

出来たらその前後の記事も読んでみてください。

 

blog.livedoor.jp

 

2019年のさいたまワールドから4年。

色んなことがありました。

 

北京五輪が終って新シーズンになって選手それぞれが決めた道を行く。

選手の顔触れもガラッと変わってきます。

 

彼らの進む道が幸多きものでありますように

心から祈っております。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Nathan Chen (@nathanwchen)

www.instagram.com