林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

One Jump at a Time (祝)アメリカで発売されました。

遂にネイサンの本が出版されました…アメリカで💦

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Nathan Chen (@nathanwchen)

www.instagram.com

遂に来たー!感謝感激

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Figure Skating in Harlem ⛸📚 (@figureskatinginharlem)

www.instagram.com

今日がその日だ! nathanwchenの回顧録「#OneJumpAtATime」が発売されました。

ソルトレイクシティで大きな夢を抱いた少年時代から、オリンピック金メダルまでの道のりを綴ったものです。彼は、喜び、挑戦、情熱、犠牲、そして家族、友人、コーチ、チームメイト、サポートシステムなど、現在の彼を支えているものについて振り返っています。

今回は、ネイサンの新刊をサイン入りで5名様にプレゼントします。

*米国の応募者のみが対象です。

 

アリスお姉さまの投稿から💖

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by alice chen (@alicefchen)

www.instagram.com

ハッピーパブデー @nathanwchen!!!!!!!!!! ワン・ジャンプ・アッ ト・タイムの冊数は足りるかな......?ネイサンはオリンピックチャンピオンです。しかし、彼はまた、謙虚で、勤勉で、思慮深く、面白く、スマートで、思いやりがあり、内向的で、心の奥底から優しい人です。この本で、私たちと同じように彼を知ってもらえたらと思います。ネイサンを誇りに思います!!🥹🥰🤯🤩😍🙀🫶🎉💕💕。

 

本の発売に合わせてTV出演されたりサイン会などもあったようです。


www.youtube.com

 

NCJPさまが早速和訳して下さっています、感謝💖<(_ _)>

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Go Nathaaan(NCJP) (@go_nathaaan)

www.instagram.com

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by GOLD HOUSE (@goldhouseco)

www.instagram.com

nathanwchenさん、新刊発売おめでとうございます👏自分の物語を世界に発信してくれてありがとうございます。OneJumpAtATimeを読むのが待ち遠しいです。

世界選手権3連覇、オリンピック金メダリストのネイサン・チェンは、その爽快な回想録『One Jump At A Time』で、中国系アメリカ人のフィギュアスケーターとしての人生と、彼と家族が払った多大な犠牲、彼が耐えた肉体的・精神的苦痛など、彼が経験した喜びと挑戦について、成功への驚くべき道のりを語っています。

今すぐ手に入れよう📖。

 

こちらも~💖

本日、ネイサン・チェンは、デビュー作となる回顧録 "One Jump at a Time: My Story" を発表しました。ネイサン・チェンは、その執筆過程を「洞察に満ちたもの」と呼び、自分を見つめ直す機会を与えてくれた、と語っています。

2022年のオリンピック金メダリストは、イェール大学の授業の合間に、「多くの競技の後、大きな感情が爆発し、次の競技に向かう」と語りました。と、2022年のオリンピック金メダリストは、エール大学の授業の合間に語った。

「本当に振り返る時間がないんです。この本を読んで、シーズンだけでなく、自分のスケーティングキャリアを振り返ることができました。自分がどこから来て、どこに到達したのかを振り返ることができて、とてもクールでした。」

チェンは、この本を作るために、作家のアリス・パークと一緒に何時間もインタビューをして、本のコンセプトや構成を具体化することから始めたという。


「人生というものを300ページに凝縮するのは大変なことなんだ」と冗談を言った。

ペンを走らせた後は、「編集に編集を重ね」、「何度も何度も読み返した」とチェンさんは言う。

この本は基本的に時系列で書かれているが、彼は自分の人生に関わる多くの人々を物語の形成に参加させた。他人の視点を取り入れることで、チェンさんは自分のキャリアを新たな視点で見ることができるようになった。

 

実生活でも紙の上でも、この物語を形作る役割を果たした人物の一人が、チェンさんの母親であるヘティ・ワンさんだ。

「彼女は、私のキャリアに大きな影響を与えたことを考えると、執筆の過程でかなり大きな役割を果たしました」と彼は言います。「私のキャリアに大きな影響を与えたことを考えると、彼女は執筆の過程でかなり大きな役割を果たしました。

有名な例では、当時11歳だったチェンと彼の母親は、彼がトレーニングできるように、ユタ州ソルトレイクシティの自宅からカリフォルニア州レイクアローヘッドまで、トヨタプリウスで35万マイルを走破したそうです。


「私のスケートのキャリアは、幼い私をオリンピックに導いてくれた彼女と、間違いなく結びついています」と、現在22歳のチェンは続けた。「特に小さい頃は、必要なときにサポートしてくれたし、体制も整えてくれた。彼女やチームとのコミュニケーションの取り方は、2022年に向けて、私たちが解決しなければならない大きな課題でした。自分たちの強みは何かを学び、弱点は何かを学び、ベストとベストを組み合わせようとする。"

3度のワールドチャンピオンの人生における節目の瞬間の多くは、少しぼんやりと過ぎていったからだ、と彼は認めている。

「他の人の記憶から推測して、実際にどうだったかをまとめようとしたんです」と彼は説明する。

しかし、彼の2つのオリンピック体験は、より簡単に思い出すことができた。 

"(2022年の)オリンピックは最も新鮮だったので、自分がどんなことをしたのか、考えていたことは何だったのか、感じていたことは何だったのか、そのすべてを拾い上げやすかった。"と、オリンピック表彰台の頂点に立つまでの道のりを語っています。

"また、2018年から2022年にかけては、もちろん2018年の反省をたくさんしました。

"自分がどのように成熟したか、チームがどのように成長したか、自分たちの考えで戦おうとするのではなく、チームとして効率的に協力する方法を理解し始めたか "

など、2つの大会の違いをまとめるのは少し簡単だった。

スケーターとしてのキャリアを振り返ることで、チェンは、時間の経過とともに変化した自分を理解し、大切にすることができました。

「2018年に向けて準備していたときの気持ちと、2022年に向けて準備していたときの気持ちを、時系列で追いかけることができるのは、とてもいいことだと思います。"また、人の助けが必要であることを受け入れ、自分一人ではできないことを受け入れること"。

 彼がこの本のために呼びかけたもう一人の声は、1960年代に自身もペアスケーターだった有名なファッションデザイナー、ヴェラ・ワンです。 


「ヴェラとは長年にわたって衣装デザインで一緒に仕事ができて、本当に幸運でした」とチェン。

「彼女は私やアジアン・アメリカン・コミュニティにインスピレーションを与えてくれる存在なので、今回も協力してもらうことにしました。彼女はスケートのことをよく知っているので、序文を書いてくれるのも納得です。彼女の言葉を聞いて、本当に光栄に思います。彼女は序文で素晴らしい仕事をしてくれました。"

"One Jump at a Time: My Story "はHarperCollins Publishersから出版されており、書籍が販売されている場所ならどこでも入手可能です。

「この本は、スケートのキャリアと同じように、すべてがチームワークで作られたものです。「協力してくれたすべての人に、心から感謝しています」。

 

 

未だに購入しようか迷っているという優柔不断なダメファンであります😅

和訳本が出るのを待っていてもいつになるかわからないし…多分期待薄だろうな~。

 

こんなにネイサンが嬉しそうに紹介してくれてるしね、やはりネイ活の記念に購入することになると思います。

でも洋書をどうやって自分で和訳しながら読み進めていくか⁇

かなりハードルは高そう💦

 

いろいろ調べてみましたが、一番読みやすいのはkindle版かもしれないという結論。

 

ランキングも急上昇してますね😍

 

出版社のハーパーコリンズのインスタにもネイサン

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by HarperCollins (@harpercollins)

www.instagram.com

フィギュアスケート世界選手権3連覇、オリンピック金メダリストの @nathanwchen による『One Jump at a Time』の出版記念日、おめでとうございます! この爽快な回想録は、アジア系アメリカ人フィギュアスケーターとしての人生、その過程で直面した喜びと挑戦、そしてネイサンと彼の家族が払った多大な犠牲を振り返りながら、ネイサンがスポーツの頂点に立つまでの驚くべき物語を綴っています。⛸️🏅

みなさんが読んで、インスピレーションを受けるのが待ち遠しいです。
.
写真は@nathanwchen経由

 

ネイサンが写真を撮ったのはこの階段でしょうか?

 

NYの本社のようですね。

近代的でありながら落ち着いた空間。行ってみたくなります。

HarperCollins Publishers | ENV | Design. Innovation. Vision.

 

北京五輪が終ってアイスショーも全て終わって、大学へ戻ったら情報も無くなってネイ砂漠になると思っていたら…

様々なイベントへの出演が続き、エルトンとのコラボとか自叙伝の出版とか夢のような出来事が次々に起こってて追い切れないくらいの情報量にちょっと戸惑ってます。

 

これが五輪金メダルのご褒美ってことなのでしょうね。

但し、金メダルを取ったというだけではここまでにはならないと思う。

ネイサンの多才な才能と謙虚な人柄がこれらの素晴らしい出来事に繋がっていったのだと思います。

本当に良かったと思う。

そんな嬉しい反面一抹の寂しさも感じてしまうのです。

 

 

特にネイサンの出ていない試合を観ているとね…