林檎は落ちる

ネイサン大好き♡フィギュアスケート大好き。

ちょっとご報告&米国の熾烈な3枠目争い

ブログの更新が滞ることが増えてます😥

 

もともと気まぐれに更新してきたblogなので本来のペースに戻りつつある?

のかもしれません。

 

現在のところネイサン事が無いこともありますが

個人的にいろいろ多忙を極めてきているのが大きくて

PCを開けない日もあるしSNSを全く追えてない日もあります💦

 

楽しみに待ってくださる方がいらっしゃったらごめんなさい(^^;)

 

新プロ発表されて怒涛のネイサン情報が届くまで

本来の自分のペースでのんびり更新に戻していこうと思っています。

<(_ _)><(_ _)>

 

 

☆☆☆☆

 

 

 

世界選手権では思いがけない結果で終わってしまったヴィンスでしたが

クランベリーカップでは素晴らしい演技を魅せてくれました。


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Vincent Zhou (@govincentzhou)

www.instagram.com

@oniceperspectives は、いつも素晴らしいカメラワークを披露してくれます。

私の2021-22年のフリースケートの音楽を発表できることをとても嬉しく思います。Crouching Tiger, Hidden Dragon」です。

ジェフ・バトルが振り付けたこのプログラムは、私のお気に入りの一つです。

ここ数週間、ロリ・ニコルと一緒に振り付けを再構築し、このプログラムに新たな命を吹き込みました。次のシーズンでこのフリースケートに戻ることは、多くの理由から私にとって非常に重要です。

中国系アメリカ人として、また、中国系移民の息子として、このプログラムを滑ることは、私が固く信じていることをはっきりと表しています。

私は自分の伝統を誇りに思い、自分の文化を誇りに思い、そしてアジア系アメリカ人であることを誇りに思います。

2022年の北京オリンピックでこのプログラムを滑ることができるとしたら、それは夢のようなことであり、私が言ったことすべてをより意味のあるものにしてくれるでしょう。

最後になりましたが、アジア系アメリカ人・太平洋諸島人の歴史的遺産の月を締めくくるにあたり、私はコミュニティの皆さんにはっきりと言いたいと思います:

皆さんは大切で、重要で、愛されています。

これからもよろしくお願いします。

ヴィンセント

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Vincent Zhou (@govincentzhou)

www.instagram.com

クランベリーカップ完成✔️。
美しいリンクでの素晴らしい経験で、新しいことに挑戦し、オリンピックの目標に向かって前進し、自分の能力を100%発揮するためのハングリー精神を味わって出てきました。

また、2020年1月以来、再び生の観客と競い合えたことは、とても爽快でした。応援してくださった皆さん、ありがとうございました!記念すべきシーズンになりそうですね。

 

良い練習が積めているんでしょうね。

本来の力は充分持っている人なので北京五輪代表目指して

頑張ってほしいと思います。

 

 

そしてもう一人…マリニンくん

 

自分用に機械翻訳してみました<(_ _)>

 

 Ilia Malininは、自分のInstagramのハンドルネームで大胆な発言をしています。

16歳の彼は、ほとんどの場合、ジャンプの練習をしている動画を投稿していますが、"quadg0d "と名乗っています。

以前使っていた "lutzgod "に戻れなくなったときにハンドルネームを変更したことについて、「最初に思い浮かんだのがそれでした」とマリニンは言います。"しかし、それに加えて、今考えてみると、自分の評判を維持しなければならないと思います。なぜならば、クアッドがなければ "クアッドゴッド "になれないからです。だから、今のうちに何でも勉強しておかないとね。インスピレーションのようなものですね。"

大腿四頭筋がないことは、Malininにとって問題ではありません。現状では、4回転サルコウとトウが安定してでき、ルッツやループができることもあり、フリップもできるようになってきたという。

8月18日〜21日にフランスのクールシュベルで開催されるISUジュニアグランプリフィギュアスケートシリーズの第1戦に向けて準備中のマリリンは、ジュニアレベルのレギュレーションに合わせてショートプログラムに3回転を入れています。

「ロングでは、シンプルに、そしてきれいに滑ることができるように、サルコウとトウの2つのクワッドを行っています」とマリニンは語りました。「シンプルなプログラムにすることで、多くのポイントを獲得するチャンスがあります。つまり、それほど単純ではないのですが、以前の大会よりは確実に簡単です」。

 

その前の大会は、昨年10月に開催された「2020 Guaranteed Rate Skate America」で、シニアのグランプリデビューを果たしました。

マリニンは、ネイサン・チェン、ヴィンセント・ゾー、カナダのキーガン・メッシング、樋渡智樹といった有名選手に次ぐ5位に終わったが、その前に足首を骨折してしまった。足首を骨折し、3~4週間の休養を余儀なくされ、2021年のトヨタ全米フィギュアスケート選手権を欠場することになりました。

マリニンは2017年全米中級チャンピオン、2019年全米ノービス銅メダリストであり、2021年にはジュニアレベルで出場していたはずだ。

昨シーズンは1回しか出場していませんが、結果的にオフはそれなりの効果があったと言います。

「大会の準備を心配する代わりに、プログラムやジャンプ、スピンなど、すべてをきれいにすることに集中できたので、練習して上達するには良い時期だったと思います」とマリニンは語ります。「そのおかげで、今シーズンに向けての準備ができたと思います」と語りました。

そして、2年ぶりにフルシーズンを迎えることになりました。2020-21年にCOVID-19パンデミックの影響で中止されたジュニアグランプリシリーズが、2021-22年には復活しています。

通常のシーズンを前に、通常のトレーニングを再開することは調整が必要でした。

"長かったですね "とマリニンは言った。「でも、少しずつ慣れてきたような気がします。なぜなら、3年前の自分と同じように感じられるようになってきたからです。でも、明らかに3年前とは違います。なぜなら、以前よりも確実に良くなっているからです。だから、ちょっと違うんだ」。


そして、もちろん、"quadg0d "は、最終的にクアッドを披露する準備ができています。

「昨シーズンは、安定していなかったので、あまり試す機会がありませんでした。「昨シーズンは、安定していなかったので、なかなか試す機会がありませんでしたが、同時に何も持っていませんでした。ただ、きれいに滑ることを目標にしていました。でも今は、2年経って確実にクォードが上達しているので、これからもっと簡単になることを期待しています。"

マリニンは、ジュニアグランプリの過去2大会で、2019年にニューヨーク州レイクプラシッドで4位、イタリアのエグナで7位の成績を収めています。また、ジュニアレベルのスケーターが参加できる最後の国際大会となった「ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権2020」では16位でした。

彼は、シニアのグランプリデビューを果たしたことが、結果的に今シーズンの前進に役立つことを期待しています。

「シニアのトップレベルのスケーターたちと一緒に戦えることに、とても興奮しました」とマリニン。「また、将来、自分のプログラムで好きなだけ大腿四頭筋を使えるように、大腿四頭筋の準備を始める時期でもありましたし、大腿四頭筋が安定しているので、転倒の心配もありませんでした。

大腿四頭筋を鍛えることは、マリニンにとって自然なことです。彼は、ウズベキスタンのオリンピックフィギュアスケーターだった両親、タチアナ・マリニナとロマン・スコルニアコフの指導を受けています。


スケート場と家の間には大きな隔たりはありませんが、リンクが閉鎖されたとき、マリンが毎日コーチに会い、オフ・アイス・トレーニングを行うことができたのは、確かに便利なことでした。

「良い面も悪い面もある」とマリニンは言う。「例えば、無料でレッスンを受けられるというのは誰もが望むことだと思います。

でも、それだけではなく、基本的に彼らとは毎日、ずっと顔を合わせているので、私がやらなければならないことをすべて話すことができます。彼らが30分かけて私のところに来て、私が何をしなければならないかを教えてくれて、私はそれをやって家に帰るのではなく。自分のやるべきことを思い出すことができる。

"悪いことよりも良いことの方が多いと思いますよ。"

最終的に、マリニンは大きな目標を持っています。今シーズンがステップアップのための足がかりであろうと、ブレイクの瞬間であろうと、"quadg0d "は明るい未来を期待しています。

今シーズンがステップアップになるか、ブレイクするかは別として、"quadg0d "は明るい未来を期待しています。

「そして、今年のオリンピックに出場できたら、本当に素晴らしいことだと思います。特に、最高のスケーターを3人しか派遣できないので、本当に難しいことだとは思いますが。でも、挑戦する価値はあると思います」と語っています。

 

この子もしばらく見ないうちに成長しましたね。

確かにインスタのハンドル・ネームは「クワッドゴッド」😅

 

以前、補助具付きで4A飛んでる動画を公開してました。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by lutzgod©️ (@quadg0d)

www.instagram.com

 

2年ぶりにジュニアグランプルシリーズが行われています。 

コロナの影響で参加国にはだいぶバラつきがありますが

試合が開催できたことは選手にとって素直に喜ばしいと思います。

 


www.youtube.com

 

 一気に大人になった感じがします。

密かに3枠めを狙うマリニンくんにも期待です。

 

 

 

 

 

THE ICEの感想を記事にされていた某ブログを拝見してたら…

 

どうやらショウマイケルの使用曲は

以前紹介したこのRemixバージョンのようです。…なんか嬉しい😍😍


www.youtube.com

 

f:id:marosakura:20210801044247p:plain

これは楽しみすぎるが…

 

お披露目はいつになるんでしょうか💦

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村